Web関連

著作権侵害の罰金は最大1億円!!

0

とにかく話題になっている著作権問題ですが、法人の場合、違反しますとなんと!最大1億円もの

賠償を負うこともありますので、みなさん十分ご注意いただきたいと思います。
昨今のTPP交渉にて、著作者の没後50年であった著作権の期間が70年に拡大されたこともあり、
年をおうごとに著作権が固く保護される気運が高まってきています。
そんな著作権問題ですが、私たちの身近なホームページではどのようなところに注意をして
いけばよいのでしょうか。
「知らなかった」ではすまされない著作権問題を、分かり易くお伝えできればと思います。

nozawa_1510121.jpg

えっ?お金を払ったのだから当社の所有物ではないのですか?

一般的に物品やサービスは、その対価を支払った時点で購入者の所有物になります。
「ホームページも制作費用を支払ったのだから、当社の所有物として自由に取り扱って良いはず」と考えるのも無理はありません。
ところが、ホームページ≒広義な意味でのWebデザインと考えられているため、勝手に複製したり、売り渡すことはできないのです。
ややこしいお話にはなりますが、所有権とは有体物に対しての規定に対し、著作権とは無対物に対しての規定になります。
ホームページは無対物として扱われるケースが多く、そのしばりは著作権が握っているとお考えいただくと大きな間違いはありません。ご注意ください。

他人のコメントをコピーしているホームページは違法ですか?

はい、違法です。御社のホームページの一部、またはすべてを許可なくコピーしているホームページを見かけたら、断固として抗議を申し入れましょう。
一方、ホームページのコラムやブログを見ていると、頻繁に他人の意見をコピーして使っているのを見かける時があります。
「引用」というものになるのですが、この「引用」では、一定のルールを守っていれば著作権侵害にはならないというルールがあります。
既に公表されているもので、出典を明らかにすればよいのです。
詳しくは文化庁が明示している「著作権が自由に使える場合」
(出典:文化庁 http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu_jiyu.html
をご参照ください。

nozawa_1510122.jpg

特に注意しておくところはどこですか?

特に注意をしておくところとして、著作者人格権というものがあります。
実は著作権には、一般的に理解されているところの「著作権」と「著作者人格権」のふたつが含まれています。
このふたつは、著作物が出来上がったと同時に著作者本人に自動発生(帰属)するものですが、
「著作権」は他人に譲渡できるのに対し、「著作者人格権」はできません。
著作者人格権を使うと、「ホームページのイメージやデザインを勝手に変えないでください」と
制作会社に言われても対抗できない、という危うい局面に至ります。
ホームページの内容を自由に変更できないのでは、意味がありません・・・

いったいどうすれば良いですか?

まず、制作会社と結ぶ契約には「著作権は譲渡する。著作者人格権は行使しない」という文章が入っていること。
そして、制作会社側が用意する画像やコンテンツは「他人の権利を侵害していないことを保証させる」ということです。

グローバル化が進むにつれて、情報の共有、拡散、共感の量とスピードが高まり、他人のアイデアや意匠に触れる機会が多くなってきています。
これに伴い、著作権の保護範囲も広く強化されることが予想されます。
これを機会に御社のホームページでも危ういところがないか、ご確認いただけますと幸いです。

関連サービス 

セキュリティ対策

関連コラム

WEB制作 システム開発とセキュリティについて

0

IoTで便利な世の中に!前のページ

良い事だらけ!リスク管理は目から鱗ものなのです!次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    パスワードはなくなる!?噂のFIDOとは

    みなさんはパソコンや携帯端末に、パスワードなどセキュリティ対策をしっか…

  2. Web関連

    動画コンテンツは一般ユーザーには響いてなかった!

    いきなりですが、御社はホームページに動画コンテンツを取り入れようと考え…

  3. Web関連

    Web制作会社に発注するときはここに注意!!ベスト5

    今回はWeb制作を制作会社に発注する際にぜひ気を付けておきたい5つのポ…

  4. Web関連

    YouTubeのシナジー効果

    動画・YouTube活用のメリット最近、Webサイトに動画を掲載して…

  5. Web関連

    W3C日本会員会議に参加してみた!

    こんにちは!年末年始結局食べ過ぎの影響が未だ残るコーダー須澤です!…

  6. Web関連

    CMSの強い味方!? 高さを自動調節してくれるjQueryAutoHeight.js導入方法

    こんにちは!最近ニコ生のアニメ一挙放送にハマっているSEの岸沢です。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ロボットも好みはやっぱりスリムでイケメン!
  2. Web関連

    「拝啓」はもう使わない!?変わるギフト市場
  3. Web関連

    人の役に立ち、意味のある会社でなるためには
  4. Web関連

    あなたは分かってる?面接時に心がけておきたい3つのマナー
  5. AI関連

    人工知能(AI)でホテル業界の質向上を図ろう
PAGE TOP