Web関連

面接官になったらこれだけは聞いておくべき3つの質問

0

こんにちは。採用担当の真野です。
採用担当になってから早1年弱。
気がつけば会社説明会も1人で行えるようになり、面接官も何とかこなせるようになりました。
当初はいろいろありましたが今では、面接大好き!次に来る子はどんな子なんだろう!と
期待に胸躍らせる余裕も出てきました。
そこで今回は新たに面接官を任された人向けに、これだけは聞いておくべき3つの質問を書いていきたいと思います。

 

そもそもこの質問は聞いちゃダメ!

聞いておくべき質問の前に聞いてはいけない質問を説明しておきます。
最悪でもこの内容だけ確認しておけば労働基準局に通報されることはないでしょうたぶん。

1.本人に責任のない事項。

詳しく説明していきますと、
例えば出身地や国籍、家族の職業や生活環境など、面接者本人では変えることができない事象のことです。
選考は面接者本人の適正と能力のみを基準にすることが求められていますので
それに該当しない上記のような質問はダメです。

2.本来自由であるべき事項

これは、宗教に関することや思想、人生観に関することなどが上げられます。
驚くことに、愛読書や尊敬する人物も聞いてはいけない質問なのです。
「読書が趣味です!」と元気よく答える方には思わず
「好きな本はなんですか?」と聞きたくなってしまいますが
ぐっと我慢です。

上記の2点は厚生労働省のホームページでも公開されていますので
更に詳しく知りたい方はぜひ確認してみてください。

厚生労働省(http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm

 

これだけは聞いておくべき3つの質問!

ではお待たせしました。
ここからは聞いておくべき3つの質問を紹介していきます。

1.志望動機

定番中の定番ですが、真っ先に聞きたいのは志望動機です。
面接者がなぜ自社のことを知ったのか?なぜ入社したいと思ったのか?
この質問の答えで、自社への志望度や本気度が分かりますし、ふわふわした考えで行動していないか、しっかりと自分の考えを持っているのか計ることができます。

2.強み・弱み

面接者の強みはほぼほぼ面接者自身でも自信のある事柄であることが多いです。
そのため、入社後に「あれ?」と思うようなことが少なくなります。
また、弱みは十中八九、面接者自身が苦手としている事柄です。
多少、面接用に脚色されていますが案外分かるものです。
(例:「発言することが苦手」⇒「人の話を聞きすぎるほう」)
例えば、営業を希望している面接者が人とのコミュニケーションが苦手で他者と話せない。。。
となると、別の面から面接者を見ていく必要がありますよね。

3.業界への理解度

これも重要です。
選考に参加するぐらいなのだから業界研究もしてきているであろうと思いきや、
最近ではそうでもないらしく
案外、自分が就職を希望している業界のことをイメージ程度でしか知らないという人も多いようです。
なんとなくのイメージしか持っていなかった人が入社して現実を突きつけられ辞めていく。。。
という両者にとって悲しい事態を防ぐためにぜひとも聞いておきたいところです。

 

選考希望者を増やすために採用サイトを持ちましょう!

さてさて、面接の質問事項について話させていただきましたが、
もしかしてここ最近、選考希望者が減っているなんてことはありませんか?
今年は有効求人倍率も内定率も昨年度の約2倍となっているため、選考希望者自体が中々集まらない年なのです。
選考希望者を増やしたい・・・もっと採用を盛り上げたい・・・!
そんな企業様におすすめなのは採用サイトを持つことです!
採用に特化したサイトを作ることによって、動機形成や志望度の向上を行うことができ、
且つ、本当に自社のことを理解して選考に参加する人が増えるため、選考希望者の質自体が向上します。
また、内定者SNSを作成することによって内定者同士の結びつきが強くなり、入社後も切磋琢磨してお互いを高めあうこともできます。
採用でお困りの際はぜひご検討いただけますと幸いです!

以上、会社説明会になると普段より2割増しテンションが上がる真野がお送りしました。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

採用サイト制作
SNS構築
ソーシャルメディア運営支援

関連コラム

リクルートサイトと採用ポータルサイトの役割
採用サイトで学生が1番気になっているところとは!?

0

【デザイナー必見!】日本語Webフォントをダウンロードできるサイトまとめ前のページ

新しい腕時計が欲しい。何を買うか迷っています。次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    web制作会社が紹介するW3Cチェック(validator)の使い方

    Webに関わる方ならご存知の人が多いと思いますが、W3CというWebに…

  2. Web関連

    繋がりは無限大!マルチデバイスの進歩

    今や通信機器はパソコンやタブレット、スマートフォンだけに留まらず、あら…

  3. Web関連

    著作権侵害の罰金は最大1億円!!

    とにかく話題になっている著作権問題ですが、法人の場合、違反しますとなん…

  4. Web関連

    免疫力を上げる!?インフルエンザから体を守る方法

    こんにちは、管理部の川又です。今年は昨年以上にインフルエンザや…

  5. Web関連

    納得!心地よくブログを読んでもらえる2つの工夫

    みなさんは「ざわちんメイク」をご存知ですか?ものまねメイクで話…

  6. Web関連

    究極のパーソナルサービス「コンシェルジュ」

    今、コンシェルジュが存在するのはホテル業界だけではありません。世の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    株主・投資家とのコミュニケーション強化を図りたい(IRサイト構築)
  2. Web関連

    採用情報の登録系業務の98%はRPAにお任せ!求職者により多くの魅力を伝えよう!…
  3. AI関連

    気付いてますか?ビジネスで愛されるタブレット端末
  4. Web関連

    世界のブラウザシェアを把握できる「StatCounter」
  5. Web関連

    2015年夏流行る?おしゃれな手法を使ったサイト
PAGE TOP