Web関連

大規模サイトが直面する問題「通信遅延」は解消できる

0

大規模に全国展開するBtoCモデルのWebサイトが直面する「通信遅延」、実はよくあることです。
デバイスの進化、IoT化が進んだ現代は、アクセス量や通信量が膨大になりました。ゆえに通信に遅延が生じてしまうと損失も大きく、可能であれば一生起こしたくないものです。
今回は、大規模サイトの運営を担当されている方向けに、通信遅延の解決手法のひとつをご紹介したいと思います。

エッジコンピューティングという考え方

NTTの先端技術総合研究所がクラウドに次ぐ新たな考え方として、「エッジコンピューティング構想」を策定しました。
近年、利用者が急増したクラウドコンピューティングとは違って、コンピューターを一点集中するのではなく、分散するという考え方がエッジコンピューティングです。

エッジコンピューター(またはエッジサーバ)と呼ばれる端末を各地に配置し、アプリケーション処理をそのコンピューターが実行してクライアントコンピューターにレスポンスするという仕組みのようです。

※エッジコンピューター … コンテンツ配信ネットワークにおいてネットワークの端、つまり利用者の近くに置かれるコンピューターを指す。(Weblio辞書より引用)

この仕組みを導入することで、従来のクラウドコンピューティングより通信遅延が最大100分の1も短くなるであろう、とNTTは発表しています。
Webシステムの場合どのぐらい短くなるかは不明確ではありますが、論理的に言うと確実に短くなることはわかります。
「北海道の人が沖縄にあるサーバーにアクセスしようとしたとき、大阪の人よりもレスポンスが遅い。」というようにイメージすれば伝わりやすいと思います。
つまり、経由する基地局や通過する回線の長さが圧倒的に違いますので、論理的に早くなるのが証明出来そうですね。

エッジコンピューティングの考え方だと、北海道の人は札幌のサーバーへ、大阪の人は梅田のサーバーへリクエストすることになります。つまり、最寄りのサーバーに対してリクエストし、リクエストを受けたサーバーが処理を実行・レスポンスすることになります。これで物理的な距離の問題が解消されるため、通信遅延の問題を解消できるということになります。

itoispeed01.png

どんなサイトだと、有効的か

どんなサイトの場合、このエッジコンピューティングが有効かと考えてみました。

先ず、大規模に全国展開するBtoCのECサイトの場合、とても有効的かと思います。
サイトを置いているサーバーから遠ければ遠いほど通信遅延の可能性が高くなりますので、遠方のユーザーをケアするために導入すれば、通信遅延がなくなるため、サイトが使いやすくなります。

あとは、株やFX等のリアルタイムにチャートを表示させているサイトなどにも有効だと思います。
1分1秒を争うサイトだと、通信遅延が起きた時点でクレームの嵐や莫大な損失が発生する可能性があります。そういったリスクを回避するために導入した方が良いかもしれません。

皆さんは、どんなサイトをお持ちでしょうか?もし気になる場合は、エッジコンピューティングについてお調べいただくと、担当しているサイトに適しているか否かが分かると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
かなり技術よりのコラムになってしまったかもしれませんが、インフラ面についての知識を取り入れておくと、根本の問題にも気付くことができると思います。

個人的には、今回ご紹介したエッジコンピューティングが海外にまで及ぶ構想だった場合、海外向けサイトにも有効活用できると思いましたので、今後の動向をしっかりと見ていきたいと思いました。

その他、気になるインフラ系の情報はたくさんありますので、入念に調べた上でご紹介出来そうなものがあれば、今後コラムとしてご紹介しようと思います!お楽しみに(^^ゞ

By Consultant Keisuke Itoi

0

リクルートサイトと採用ポータルサイトの役割前のページ

デジタルマーケティングに利用されるNoSQLとは次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    「なんでついて来るの!」あのストーカー広告について整理してみる

    女性A:「このサイトの広告...いつもどのサイトにも表示されている..…

  2. Web関連

    顧客満足度を上げるためには従業員満足度も大事!

    こんにちは。なぜかISO実行委員会(仮称)にメンバーとして召集され…

  3. Web関連

    モバイルフレンドリーってなんだ?

    こんにちは!写真のことなら私、デザイナー出口です。先月ゴールデ…

  4. Web関連

    4Pと4Cの関係がやっとわかった~知っているようで答えられない用語 その3~

    知っているようで答えられない用語シリーズ(と勝手に命名しました・・)も…

  5. Web関連

    最近はオリジナルグッズ制作が流行っているらしい!?

    今回は、オリジナルの作品・グッズ・お菓子の制作ができる便利サイトを集め…

  6. Web関連

    SiriとOK Googleはどっちが優秀か、ティファナでやってみた。(OK Google編)

    今回は「SiriとOK Googleはどっちが優秀か、ティファナでやっ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    レスポンシブデザインのサイトをわずか3日で仕上げる驚異的な方法
  2. Web関連

    驚くべき3Dプリンターの進化!
  3. Web関連

    【パララックスデザイン】Web制作におけるメリットとデメリット
  4. SNS関連

    マーケティングツールとしてSNSを使いたい
  5. Web関連

    効率的!マーケティングオートメーションって?
PAGE TOP