Web関連

注意!悪意あるwebサイト改ざんに気づく方法

ozaki_1508041.jpg

 昨今、ニュースに上がっている「Webサイト改ざん」をご存知ですか?一昔前はプログラムに精通しているプロが、悪意を持って改ざんする事件が多かったのですが、今は未成年の学生プログラマーが「改ざん」 「乗っ取り」「凍結」を平然とやっているような時代に変わってきました。

 知らず知らずのうちにあなたの大切なサイトも改ざんされているかもしれません。

Google Map 改ざん騒動

 Webでの改ざん騒動といえば、記憶に新しいのがGoogle Mapの改ざん騒動です。アメリカのホワイトハウスの敷地内に元CIAのスタッフの名前が表示されたことに始まり、日本では皇居や警視庁本部が地図上で改ざんされたことでも有名で、一時期はかなり問題になりました。Google Mapですら改ざんされてしまうのですから、皆さんのWebサイトも安心してはいられません。

 他にもパズドラのデータを改ざんして販売したり、少し前の出版社の不正アクセスは、まだ未成年の少年が意図的に攻撃していたという事で話題になった事件です。

 知らぬ存ぜぬでは、改ざんされている事実に気づけず、大きな損害を生んでしまっているかもしれません。

もし、あなたのWebサイトが改ざんされていたら・・・

 Webサイトの改ざんには色々なやり方がありますが、まずは毎日自分のサイトを常に確認しておくことが重要です。悪意のある人は、こっそり誰にも気づかないうちにサイトの中身を作り替えてしまいます。自分のサイトはたまに見るぐらいだったら、実は気づかないうちに改ざんされていた、という事実に後から気づくことになります。そうなってしまってはもう手遅れです。
 中には、個人情報の流出や、不正な入出金処理など、損害を生むケースも少なくなく、セキュリティ面から信頼を失い、そのまま会社が潰れてしまう事ももちろんあります。

被害者が加害者に!?

 中でも質が悪いのは、サイトの改ざんが自社だけでなく、そのサイトを利用するユーザーにも影響を与えてしまう可能性があることです。よく被害例の中に、不正なファイルを埋め込まれたというケースがあるのですが、改ざんされたサイトからPCに不正なデータが勝手に送られ、IDやパスワード、データの流出から金銭的な実被害が発生するケースに発展することもあります。

そうすると、最初に被害を受けたサイトが、今度は加害者になってしまう、ということになります。

 いかがでしょう?Webサイトの改ざんについて改めて理解していただけましたでしょうか。次は気になる対策編です。

ozaki_1508042.jpg

どうする!?Webサイト改ざん対策

 実際に悪意のある攻撃を受けた時、Web担当者がやるべきことは、なんでしょうか?

 いくつか大事な要素をまとめましたので、早速明日から行ってみてください。

セキュリティソフトを導入

→セキュリティ面を強化するために、最新版のソフトの導入を考えましょう。まずは侵入されてしまう隙を無くすことがポイントです。改ざんをチェックできるツールもあるので、そういったソフトも利用すると良いです。

バックアップデータを常に最新の状態にする。

→改ざんはいつ行われているかわかりません。バックアップを常に取り、何かあった場合はすぐに
対処をして、少しでも被害を抑える備えをしておきましょう。

Webサーバ管理用アカウントの管理を徹底する

→Webサイトの改ざんは、主にWebサーバへの攻撃が多いため、サーバへの対策も必要です。特に容易にアクセスできないように、アカウント管理を徹底することが効果的です。

まとめ!重要なのは常に万全の対策を持っておくこと

 今回紹介した「Webサイト改ざん」は、サイトを開発・運用する担当者の適切な対策が求められます。

 こうした「Webサイト改ざん」が横行する昨今、他人事ではなく、いつ自社のサイトが改ざんされてもおかしくないという意識を持ち、対策を進めていくことが重要です。

 もしも、セキュリティ対策で不安がある場合や困っていることがあれば、気軽にお問い合わせください。

One-to-Oneマーケティングの新しい形、注目のweb接客とは前のページ

Webサイト売上げアップに使える”行動心理学” その2次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    Web制作でも重要!顧客満足度を高めるための3つポイント

    ちょっと前にうちの社長が「本を読むときに、オススメ!コレめっちゃ便利」…

  2. Web関連

    【Web制作会社が考える】いまでは良い思い出・・・ってい言いたいIE6

    すこしは楽になりました。ブラウザ対応htmlコーディングを行う中で…

  3. Web関連

    ビッグデータってどう活用されているの?医療業界での活用方法とは

    ビッグデータという言葉を耳にすることが増えてきて、IT業界以外にも浸透…

  4. Web関連

    ホームページ制作会社が紹介するグローバルナビゲーションの情報分類4パターン

    みなさんは、「グローバルナビゲーション」と呼ばれるものをご存じでしょう…

  5. Web関連

    iPhoneのアプリでサッカーが上達!?

    とうとうiPhoneのアプリでサッカーが上手くなれる時代がやってきまし…

  6. AI関連

    マーケティング4.0におけるAI/WEB制作会社としての行動について考えてみる

    目次- 接続性について考えてみる- 新しいタイプの顧客について…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  2. スマートストアにより、小売業は激変する
  3. 【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?
  4. AI技術の普及により移動も安全に
  5. 【テレワーク×AI】今後も続くであろうテレワークとどう向き合…

アーカイブ

  1. Web関連

    どんな良い内容でも「キャッチコピー」がダメならダメコラム
  2. Web関連

    これさえあればバッチリ!人気のニュース&まとめアプリを徹底比較
  3. Web関連

    javascriptの流行りの紹介
  4. Web関連

    Webアプリに対する攻撃手法とその対策
  5. AI関連

    人間拡張って聞いたことがありますか?デジタル化が背中を押してくれる!
PAGE TOP