Web関連

ビッグデータの活用事例 ~売上アップに貢献した事例~

0

ビッグデータという言葉、ここ数年で耳にすることが多くなりましたよね。

そもそもビッグデータとは、文字通り「膨大なデータ」のこと。構造化されていない、蓄積されたデータを指します。
POSデータ、SNSに書かれたコメント、ECサイトのアクセスログ、店頭のアンケートデータなどなど・・データの種類は様々ありますが、
このデータは、分析・活用して初めて価値が生まれます。

今回は、そんなビッグデータの活用事例をご紹介したいと思います。

 

事例1. 紙おむつとビールは一緒に買われる?

アメリカのスーパーマーケットの有名な事例。
購買データを分析した結果、紙おむつとビールを一緒に買う傾向が見られたため、2つを並べて店頭に置いたところ売上アップに成功したというもの。
紙おむつはかさばるので、奥さんが旦那さんにおつかいを頼み、旦那さんは一緒にビールを買うことが多かったことから、こういった結果につながったようです。

1つの商品がどれだけ売れているか?このカテゴリ内でのランキングは?といった視点ではなく、
同時に買われていることが多い商品、もしくはこの商品と一緒によく買われている商品は?といった視点があったからこそ生まれた「データマイニング」の良い事例です。

大量のデータの中から何かを発見、そこから仮説、検証をしたのです。

事例2. Zの法則は自販機にはあてはまらなかった

皆さんは、「Zの法則」をご存知でしょうか。
人の目は、ホームページやチラシ・雑誌などを見るとき、Zの字をたどるように動くという法則です。
ホームページの場合は、F字の法則もありますね。
これは、小売業界でも例外ではないと言われているものです。

しかし、これを覆す事例が生まれました。

とある飲料メーカーは、Zの法則に従い、自販機の”左上(上段の左)”に主力商品を置いていましたが、
アイトラッキングによって調査したところ、”下段”がよく見られていたのです。
そこで、下段に主力商品を置いたところ、売上アップに成功。

これも、売上データだけ見ていても気づけなかった発見です。
「これが当たり前だから」と変えずにいることも、前提から疑わないと実は損しているかもしれません。

最後に

ビッグデータという言葉をよく聞くようになったのと同時に、統計学や数字の見方、エクセルで分析!・・といった類の本もよく見かけるようになりましたね。

分析ツールも増え、機械ができることが増えてきました。
人は「発見する力」が求められますので、勉強していきましょう!

0

大手企業も導入しているAWSとは?前のページ

SEOの基礎中の基礎次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    意外と知らないセキュリティ対策 1限目

    皆さんは、個人情報保護や情報漏洩対策のためにセキュリティ強化をしていま…

  2. Web関連

    e-sportsから考える「スポーツ」

    スポーツ --熱き魂のぶつかり合い--熱き魂がフィ…

  3. Web関連

    今さら聞けない「WEBの出来ること(活用メリット)」とは?

    今回は、WEB担当者の方向けではなく、主に他媒体担当者の方へ向けたコラ…

  4. SEO関連

    無意味なSEOはもう要らない!Web制作のプロがこっそり教えるSEO対策

    皆さん、無駄なSEO対策は行っていませんか?検索エンジンで上位…

  5. Web関連

    失敗しないWebリニューアルをするためには

    突然ですが皆さんは「Webリニューアル」という言葉を聞いたことがありま…

  6. Web関連

    仕事の取り組み方を変える!「ダイバーシティ」について

    昨今では「日本人の生産性は低い」とニュースなどで取り上げていることが多…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    【Web制作会社が教える】CMSの正しい導入方法!
  2. AI関連

    人手不足とAI
  3. SEO関連

    SEOにも効果がある!意外な問題点!
  4. AI関連

    AIチャットボットが向いている分野
  5. Web関連

    電子書籍が良い理由
PAGE TOP