Web関連

「早い!安い!うまい!?」Twitter広告のあれこれ

0

twitterozaki_2015071501.png

 皆さんこんにちは。日頃から情報収集を欠かせないWeb業界ですが、ふと気になったTwitter広告について今回はまとめてみました。調べてみて色々とわかったのですが、ちゃんと活用すればリスティングより低コストで、かなり広告効果が高いことがわかりました!

 なかなかこの辺りまで活用されていない企業も多いので、ポイントをまとめて紹介したいと思います。

140字のマーケティング Twitter+広告

 まずTwitterの規模から話をすると、世界の月間アクティブユーザー数が2億9,000万人、そのうち日本はアメリカに次いで2位の約10%、つまり、2,900万人がTwitterを利用していると言われています。その中でさらにTwitterを毎日使うユーザーは約50%弱で、1,450万人。これだけ毎日人の目に触れる媒体があるのですから、そこにうまく広告を出せば一気に集客することも可能です。もちろん、うまく広告を出さないと膨大な情報の中に埋もれてしまうので、色々とノウハウは必要です。

 Twitterとは、1回140文字以内のコメントを共有できるソーシャルメディアの代表的なツールで、お気に入りのユーザーを増やしてフォローしたり、逆にフォローされたり、つぶやき(ツイート)を共有することができます。

 利用しているユーザーはタイムライン上にあるツイートを新着順に上から下へ読み進めていくのですが、この画面内に広告を表示させるのがTwitter広告です。

 主にプロモーション活動やキャンペーン情報をPRするのに利用されます。

 Twitterを利用する場合、ユーザーが1回に投稿できるツイートは140文字と決まっていますが、これは広告掲載する場合も同じルールで、140文字でユーザーに伝える必要があります。

 さて、概要が大体わかったところで本題に入りましょう。

Twitter広告の特徴は「早い!安い!うまい!」

twitterozaki_2015071502.png

調べてみるとTwitter広告とは早くて、安くて、うまいという事がわかりました。どういうことでしょう?

早い:即効性が高い!

 Twitterの一番の強みは情報の拡散です。例えば1人のユーザーが広告に注目してそれをリツイート(ファンに共有)
で拡散したとします。Twitterの場合、ファン(フォロワー)の数によっては、通常の広告の何十倍、何百倍もの効果があり、また、リアルタイムで拡散していくので、効果をすぐに得やすいというのも「早い!」特徴です。

安い:拡散(無料)されやすい!

 リスティング広告はクリック課金ですが、Twitter広告はエンゲージメント課金です。リスティング広告がクリックして初めて費用が発生するように、Twitter広告はエンゲージメント(ユーザーが返信・お気に入り・リツイート)することで費用が発生する仕組みです。

 しかし、このエンゲージメント課金の場合、二次拡散された後はその広告の費用がかかりません。つまり、うまく拡散する仕掛けさえできていれば、通常の広告費よりも、うんと安く抑えることができるわけです。

うまい:狙ったユーザーに伝わりやすい!

 Twitter広告もターゲティングを行うことができます。うまい、とはこのターゲティングを活かして、狙った相手に適切な広告を出すことができることです。キーワードや名前、トレンド、デバイスや国・地域、性別など色々なタイプでターゲティングすることができます。

Facebook広告との違いは?

 さて、特徴がわかったところで、他のSNS広告との違いについて最後にご紹介します。例えばTwitter広告とFacebookを比べると、Twitterは匿名性が高く、気軽に情報がシェアされていきます。
 そのためFacebookの広告と比べるとTwitterは拡散性が高いのが特徴です。しかし、拡散性が高い一方でTwitter内の情報量は常に拡散されていて膨大なので、印象が弱い広告だと埋もれてしまって効果ゼロ、なんてことにも成りかねないので、注意が必要です。

結論:正しくターゲティングをして、広告を出せば、かなり効果が高い

 ターゲットのユーザー層を細かく分析し、グルーピングをして、どういう広告を打てば注目されるかで効果の良し悪しは決まってきます。広告自体もさほど時間をかけずに出せますし、何より成功すれば安価で爆発的な効果を得られるので、顧客分析をして、Twitterに市場を見い出せた方はぜひチャレンジしてみてください。

 やってみたいけど、よくわからないという方はぜひ一度お問い合わせください!

 それでは、また次回。デザイナーの尾崎でした!

0

JavaScriptについて思うこと前のページ

Webサイトの運用が難しくなってきた次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    ARを活用したビジネス

    スマートフォンが登場してから、急速にスマートフォン用のアプリが増えまし…

  2. Web関連

    世界のブラウザシェアを把握できる「StatCounter」

    最近、おもしろいツールを見つけました。日本だけではなく、世界のブラウザ…

  3. Web関連

    目指せ印税生活!ミュージシャン気取りになれるWeb楽曲配信サービス

    最近のミュージックシーンは楽器を一切使わないEDMなどの楽曲が流行し、…

  4. Web関連

    ウェアラブルで健康管理

    健康管理といえば、メディアの情報からセルフチェックをしたり病院で検査を…

  5. Web関連

    Webにもつながる、オタク御用達のニュースアプリを使ってみた。

    年末の慌しさで大好きなアニメやゲームを楽しむどころか、最新ニュース…

  6. Web関連

    関係あるのは映像業界だけじゃない!押し寄せる超・高解像度「4K解像度」の波!

    みなさんは「4K解像度」という言葉はもうご存知ですか?テレビなどの画面…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    思い通りのWebサイトにぐっと近づく!プロトタイピングツール「AdobeXD」の…
  2. AI関連

    AI天気予報がビッグビジネスにつながる
  3. Web関連

    レスポンシブで見せる写真の使い方
  4. Web関連

    CMSを導入したWebサイトのレイアウトがガタガタにならないようにする方法
  5. Web関連

    ユーザーを騙す!?インフィード広告の有効活用
PAGE TOP