Web関連

ギャップで魅力的なリクルートサイトにしよう

世の中、ギャップによって印象や魅力が増進・半減とありますが、人やモノだけでなくリクルートサイトも同様です。
リクルートサイトは企業を表すといっても過言ではございません。
通常、伝統を重んじる企業であれば、しっかりとした印象、外資系で国際的な企業であれば、グローバルな印象のなど、誰もが見てわかりやすいリクルートサイトが多くの割合を占めていますが企業によっては堅実な企業がユニークでフランクな印象、エンターテイメント性の高い企業が厳格な印象という企業サイトとリクルートサイトにギャップのある企業もあります。

堅いイメージの企業の場合のギャップ

読売新聞社

新聞社ということでお堅い印象がありますが、爽やかな印象のサイトになっております。

 

富士通アドバンストエンジニアリング

システム関連の企業で専門的な人でないと難しそうな印象ですが、アメリカンコミックのようなユニークな作りです。

 

いずれも、お堅い・難しそうな印象の企業ですがリクルートサイトは親しみやすさやユニークさで思わず親近感が沸いてきます。

柔軟性のあるイメージの企業の場合のギャップ

グリー株式会社

ゲーム事業をはじめとした柔軟性のある企業ですが、リクルートサイトはシンプルなサイトで充実した内容になっています。

 

株式会社ドワンゴ(最終閲覧日:2015/07/23)

インターネット上でのエンターテイメントでにぎやかな印象をもたれる企業ですが、ボリュームの多いリクルートの内容もわかり易いように分けられています。

 

エンターテイメント性の高い企業も福利厚生や各種制度が詳しく紹介されているので安心感を持ちます。

ギャップによる効果

堅苦しい印象のために就活生が集まりにくい企業の方はユニークなサイトにすることで親近感が沸いて踏み込みやすくなる効果があります。

一方、フランクな印象の企業の方は会社の制度や福利厚生などしっかりした内容にすることでフランクな会社でもしっかりしているので安心感を持たせる効果があります。

しかし、ギャップを持たせて魅力的に見せたいからといって関係ない情報や意味がわかりにくい内容ですとギャップで魅力的に見せるどころか、悪い印象になりエントリーを避けてしまいます。

終わりに

ギャップを上手に利用することで、就活生が惹かれる魅力的なリクルートサイトになります。
ギャップのあるリクルートサイトで他の企業と差をつけてみてはいかがでしょうか。

WEB制作の現場とテレビ会議システム前のページ

WEB制作に欠かせない知識とは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    自前のサイトとプロのWeb制作会社が作ったサイト、どこが違う?

    Web制作会社ティファナが、「自前のサイトとweb制作会社が作ったサイ…

  2. Web関連

    ECサイト レスポンシブデザイン化のメリット・デメリット

    突然ですが、皆さんはネットショッピングを利用していますか?この…

  3. AI関連

    【新型コロナとの戦い方】ロックダウンか集団免疫獲得か

    5月29日現在、日本国内の新型コロナウィルス(COVID-19)感染状…

  4. Web関連

    エクセル管理はもうやめよう!プロジェクト管理ツール「Backlog(バックログ)」の導入メリット

    Webサイトを運用している皆さんは、タスクや課題をどのように管理してい…

  5. Web関連

    ホームページの更新メンテナンスに役立つPDCAサイクルの基本について

    突然ですが、みなさんは「PDCAサイクル」という言…

  6. Web関連

    Web制作におけるSaaS活用

    今回はWeb制作におけるSaaSについて書いてみようと思います。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がやって…
  2. 「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  3. 家で学ぼう
  4. まるでおうちがアクアリウム?家から楽しめるオンライン水族館!…
  5. キャッシュレス決済とAIとコンビニ(とわたし)

アーカイブ

  1. Web関連

    導入に迷ったら。マーケティングオートメーションツールを比較!
  2. Web関連

    今更聞けない!!レスポンシブ対応のメリット・デメリット
  3. Web関連

    ECサイトは個別接客が売れる!
  4. Web関連

    数字で見るあれこれ。身近な数字をインフォグラフィック化してみました。
  5. Web関連

    情報漏洩に注意!?web制作・運用におけるクラウドセキュティのあれこれ
PAGE TOP