SEO関連

ブログを書く時に注目すべきSEO対策まとめ~前編~

ブログ記事にもSEO対策!

どうも、デザイナーの尾崎です。これまでいくつかブログに関するコラムを書いてきましたが、今回はより実践的なポイントとして、SEO対策に着目してみました。
せっかく書いたブログ記事はやっぱり読んでもらわないともったいないですよね。
SEO対策を知っておけば、色々な人に読んでもらえるようになるので、ぜひ実践してみてください。

 

キーワードをリサーチ!

まずは、どういうキーワードが有効なのかを調べてみましょう。今話題になっているキーワード=よく検索されているキーワードなので、それをブログの記事に盛り込めば、あなたの記事が検索されやすくなります。

では実際どうやってキーワードを調べてみれば良いのでしょうか。

キーワードプランナー

Google Adworsの機能の一つで、キーワードの分析によく利用されるツールです。気になるキーワードの月間検索総数や、関連キーワードを調べることができます。

Google Adworsに登録する必要がありますが、登録すれば無料で利用できます。

キーワードプランナーでは「競合性」というものが調べられます。これは、そのキーワードで検索結果の上位に表示させる難しさの度合いを示しています。
「高」ならば、なかなか上位表示を狙うことが難しいので、検索数がそれなりにあり、かつ競合性が低いキーワードを狙うのがポイントです。

フェレット キーワードランキング

FerretPLUSに登録が必要ですが、こちらも無料で利用できるサービスです。特定の期間に「急上昇」したキーワードを調べられたり、CSVで調べた多数の結果をまとめてダウンロードできたりします。その他SEOの順位チェックや競合サイトのランキングも調べられます。

Google トレンド

こちらも無料でできるキーワード分析ツールです。使い方は同じですが、キーワードに関連した当時のニュースも調べることができ、なぜそのキーワードがたくさん検索されたのかもわかるので、よりコラムが書きやすくなると思います。

キーワードが決まったら、記事を書いてみましょう。キーワードが正式名称であるなら、略さずに記事の中に盛り込むと効果的です。ただ、あまりしつこく書くのはNGです。盛り込みすぎると逆にマイナス評価になる可能性があります。

タイトルは一番重要、次点でリード文

タイトルは何より重要な要素です。ユーザーは自分の求めている情報を記事のタイトルで判断します。よってタイトルに記事の内容がちゃんと含まれていなければいけません。まずは、調べたキーワードを盛り込んでみましょう。次にユーザーから見て目を引くキャッチを入れてみましょう。

例)
「たった3分でわかる本格SEO対策術」

上記は「たった3分」「本格」「~術」というキャッチ要素を入れています。

ユーザーに直感的に記事の内容を伝えることが、タイトルを付ける時のポイントです。また、あまり長い文は読まれないので、30文字前後がベストです。また、他のタイトルと重複するのは避けて下さい。同じタイトルで違う内容だとユーザーもクローラーも混乱してしまいます。

リード文もタイトルの次に重要です。タイトルだけでは伝わない内容を、リード文で表現してユーザーの興味を誘います。
同様に、discriptionもページの内容を伝えるのに重要な要素です。

例)
「複雑なSEO対策をわかりやすく紹介しています。これを読めば、あなたもすぐに本格的なSEO対策を身につけられます」

ここにもキーワードが盛り込まれていると効果的です。また、上記はページごとに設定しましょう。使いまわしてする重複したページだと検索エンジンに勘違いされる可能性があるので、要注意です。

blogseo_15021902.jpg

できたらチェックをしてみよう

記事ができたら復習してみましょう。紹介した内容も含め、チェックポイントは以下の10点です。

1,誤字・脱字はないか
2,重複した内容のページはないか
3,キーワードは適切か
4,キーワードが盛り込まれているか
5,キーワードを盛り込み過ぎていないか
6,タイトルとページの内容は合っているか
7,タイトルは長すぎないか
8,見出し(discription)は設定しているか
9,見出し(discription)にキーワードが盛り込まれているか
10,タイトル、本文、見出しの内容は適切か

ブログを更新するとき、上記の項目に注意して設定してみてください。
正しく反映されていれば、きっと効果が上がると思います。

まずはキーワードとタイトルについて紹介しました。
次回はもう少し踏み込んだ部分をご紹介します。

【Web制作会社に聞いた】ランディングページの基礎を知ろう!前のページ

レスポンシブデザインのHTMLコーディングにある落とし穴(Viewport編)次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    Webアプリに対する攻撃手法とその対策

    こんにちは。昨今、WEBセキュリティ関連の問題が浮上してきています…

  2. Web関連

    テンプレートセットを使ったフルスピードweb制作

    今回は、ティファナで取り組み始めた新しいWebの制作フローについてご紹…

  3. Web関連

    web制作会社が考える更新メンテナンスのポイント

    ホームページは更新してナンボの世界作って放置ではいわゆる「死んだサ…

  4. Web関連

    マーケッター必見! 話題のMAツールを比較してみた

    海外では既に当たり前と言われているマーケティングオートメーション(MA…

  5. Web関連

    【Web制作会社に聞いた】ランディングページの基礎を知ろう!

    皆さん、今さらですが年末年始はどのように過ごされましたか?私は…

  6. Web関連

    「QRコード」+「Webサイト」=「顧客獲得」

    今回はリアルとネットをつなぐO2Oマーケティングにも良く利用されるQR…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 意外と身近なVUI~必要なのはあなたの声だけ~
  2. ここまで来た!ARが魅せる未来
  3. キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がやって…
  4. 「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  5. 家で学ぼう

アーカイブ

  1. Web関連

    ネット上だけではない?あなたの会社はセキュリティ対策できていますか?
  2. Web関連

    MAツールでまだ接点のない見込み客にアプローチ!?
  3. AI関連

    新しいユーザーインターフェイス(VUI)について考えてみる
  4. Web関連

    web制作会社が考える更新メンテナンスのポイント
  5. Web関連

    スマホサイトって本当に作る必要あるの?
PAGE TOP