Web関連

人材不足の解決策!? “HRテック”が人事業務を変える

HRテックとは?

HRテック(エイチアール・テック/HRTech)とは Human Resource Technology の略であり、人事まわりの業務をテクノロジーで対応するという技術分野のことです。具体的には、人材の管理、採用業務、社員の業務状況管理などが挙げられます。
他に近年テクノロジー化した分野には、フィンテック(FinTech:金融とテクノロジーの融合)などがあります。

HRテックの具体的な内容

HRテックが活躍する分野は主に以下のようなものがあります。
・人事関連情報のデータ化や管理:人事の業務に関する情報をデータ化し、管理しやすい状態にします。1人の社員に関するあらゆるデータが連携し管理されるため、その社員のデータを参照すれば、業務実績や勤務状況、履歴などの情報を素早く確認できる、などです。
・業務効率化:技術の進展により、各社員の作業手順や仕事のノウハウを蓄積し、共有しやすくなりました。業務の引き継ぎやナレッジ共有、社内教育が効率化されてきています。
・リサーチや仮説検証の精度・速度向上:人工知能(AI)をはじめとしたIT技術と連携することで、調査や分析の速度・精度が飛躍的に向上しました。またビッグデータの分析技術も向上し、より多くのデータを短い時間で分析できるようになってきました。

なぜいまHRテックなのか?

実は、HRテックという言葉は既に数年前から存在していましたが、現在注目を浴びている要因はいくつかの理由があります。1つは、クラウド環境や人工知能(AI)の発達によって、膨大なデータを低コストでスピーディに処理できるようになったことがあげられます。これまで専門的な技術者が、専門的な機器・ソフトウェアでしか対応できなかった技術が、いち企業の人事採用部門でも扱えるようになってきました。
また、世間でスマートフォンが普及し、様々なソフトウェアやツールがどのユーザーにも使いやすいUIで普及してきたことによって、専門的な知識や技術が無い人でもリアルタイムにデータの入力や編集が出来るようになってきたことも1つの要因といえます。
もう1つの要因は、日本の雇用状況の変化です。今までは年功序列・終身雇用が定番だったのですが、転職など雇用の流動化によって、優秀な人材の管理が難しくなってきました。また副業が可能になる企業や、リモートワークの体制を取る人材も増えてきました。元々人力・手作業で管理していた人材データが人の手に負えなくなってきたため、一括でデータを管理する必要性が出てきたと考えられます。
また、今後も続いていく少子高齢化による慢性的な人手不足、特に労働人口の減少はスピードが速いため、より丁寧な人材の管理や、業務の効率化が必要となってきています。

HRテックの採用によって、どのような効果が期待できるか

HRテックは業務の効率化だけでなく、分析データに基づいた人材の戦略や企業の運営を行うことが期待できます。
これまで人材や仕事内容の成果判断は、担当者の経験や勘に頼る部分が多くありました。
ここにHRテックを利用することで、様々な効果が期待できます。
例えば、各社員の実際の業務実績だけではなく、モチベーションやストレス等の個人の状況に関するデータを蓄積・分析することで、人材配置や採用基準の参考データとなります。これによって、労働生産性向上や離職率の低下に貢献できます。
AIなどの技術に基づくデータ分析により、人材の適材適所への配置をさらに素早く効率的に行うためのシミュレーションを行うことも出来るようになります。
また、採用した後も業務データを随時集計することで、社員の行動を分析し、上司部下間の関係や職場環境の影響(社内エンゲージメント)による退職リスクを事前に予測し、対策を打つことができるようになります。
その他にも、過去の離職社員のデータからあらかじめリスクを予見し、離職リスクの早期発見や、離職の条件などを分析して勤務時間や環境の改善をテストするなどの調整も可能になります。
社内限定のソーシャルネットワークサービスや、GoogleChat、Slack等のコミュニケーションツールによって、働く時間や環境に制限されずに効率良く仕事ができる環境が整いつつあります。
人材に関する多種多様なデータを、クラウドで一括管理するサービス(Saas:Software as a Service)も普及してきています。社外にいてもデータにすぐにアクセスできるため、外出が増えても仕事の効率低下を軽減することができます。
また近年ではスマートフォンを使った就職活動が一般的となっています。この環境に対応するという意味でも、HRテックは重要な分野となってきます。
例えばスマートフォンを介したオンラインでの面接が可能になれば、遠くにいる人材の面談も可能になり、より優秀な人材が確保できる可能性が高まります。またこういった新しい技術を利用する人材は、それだけ新しい環境に対応できる能力がある、という指標になるとも言えます。

HRテックの活用事例

ソフトバンクでは、2017年からAIを利用してエントリーシート(ES)の自動判定を行っています。
人材の評価基準に基づきAIが自動判定する仕組みを設け、これにより第一次選考の時間を約75%削減できたと言われています。
引用:https://tech-camp.in/note/technology/71960/
株式会社リクルートホールディングスは、分析したデータを基に採用を決定する仕組みづくりに取り組んでいます。面接官の主観に影響されづらい評価基準の仕組みや、AIを使ったエントリーシートの自動採点化などです。
引用:https://www.ashita-team.com/jinji-online/category1/5486
日立製作所は2018年以降、従業員のクラウドデータベース化を導入しました。海外人材が45%を占めるため、どの国にどのような能力や経歴を持つ人材がいるかを常に把握し、適切な人材配置のための情報の管理を進めています。
引用:https://www.tosho.co.jp/2147/

HRテックの業界における市場規模と将来性

株式会社ミック経済研究所の2018年度調査結果では、HRテックの2018年度の市場規模は250.8億円となっています。2017年度は179.5億円なので前年比約40%成長している形になります。2019年以降も成長しつづけていく場合、2023年頃には1,000億円を超えるといわれています。今後も成長が見込める市場です。
HRテックは、求人・採用、人事・人材管理、労務・勤怠管理、社内教育・コミュニケーションの4分野に分かれています。2018年度のデータによると、最も大きいのは求人・採用であり、250億のうち約94億円を占めています。
現在の国内のHRテックは、採用管理や労務管理などデータ管理としての範囲に留まっています。しかし、本来人事においてテクノロジーが効果を発揮するのは「モチベーション」や「エンゲージメント」など、データでは評価しづらい部分になります。
AIを利用したサービスや社員同士を評価するサービスなどありますが、この分野はまだこれからが発展途上となります。より多くのサービスが普及していけば、発展していく期待は出来ると思われます。

ティファナのHRテック関連サービス

なお、弊社のAIサービス「さくらさん」では、コールセンター業務代行などのサービスを展開しており、人材不足対策およびデータノウハウを蓄積して社内業務改善や社内教育補助のお手伝いが可能です。是非お問い合わせください。
おまけ:9カテゴリー449サービス掲載!HR Tech業界カオスマップ(2019年10月15日現在)

9カテゴリー449サービス掲載!HR Tech業界カオスマップ(2019年10月15日現在)


おまけ:HRテック関連でよく使われる用語まとめ

HRTech業界でよく使われる用語まとめ


(引用:(C) 2020 HR Techナビ)

SDGsについて前のページ

AIキャラクターでNo.1ポジションを取り続けるために必要なこと次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    ジャマな広告とはおさらばだ!快適にスマホサイトを閲覧する方法

    スマートフォンでWebサイトを利用していて、「広告がジャマだな~」とイ…

  2. Web関連

    3DギャラリーFlash

    ホームページの画像データを、3DのFlashで魅力的に表現!複数の…

  3. Web関連

    絵描きさんに知って欲しい!多機能なお絵かきスマホアプリ

    現在はWebデザイナーとして働いていますが、小学生の頃の夢は漫画家で、…

  4. Web関連

    短時間でクオリティが上がる、Webデザインのテクニック

    こんにちは。育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。W…

  5. Web関連

    女子目線で3Dプリンタの今後に期待!

    技術のすごさだったり奇抜なアイディアなど、まだまだ話題が絶えることのな…

  6. Web関連

    多言語翻訳Web制作は今や常識。あの人気スポットも!?

    今回は、訪日外国人観光客に人気のスポットとそのWebサイトをご紹介しま…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. Web関連

    WEB制作会社ティファナが提供するGPSパッケージ商品
  2. Web関連

    苦情対応はWebサイトでもできる!クレームを活かす対応方法!
  3. Web関連

    いろいろ使える!よくわかるTwitterのつぶやき分析
  4. AI関連

    AIチャットボットとは?
  5. Web関連

    スマートフォンアプリ広告で新たな利益獲得!
PAGE TOP