Web関連

私たちの仕事ってすばらしい!社会貢献度のものさし「SDGs」

働く理由はなんだろう

こんにちは。
みなさんは、「自分が何のために働いているか」ということについて考えたことはありますか?
もちろん、今の会社にいるのはみなさんがその会社を選んだ理由があってのことだと思います。生活をするために必要なお金を稼ぐことは当然のこと、未来に実現したい夢に近づくためであったり、今まで学んできたことを活かしたいからであったり、勉強をして成長したいからであったりと、理由は様々だと思います。
今挙げた例はほんの一例ですが、どの例も実は「自分視点」の理由です。
それでは、「自分以外の人のために働く」という視点で働く理由を考えたことはありますか?はたまた「世界視点」で考えたことはありますか?
少し視野が広すぎると思うかもしれません。世界規模で物事を考えるだなんて、政治家レベルじゃないかと思う人も少なくはないでしょう。
しかし、働く上で「世界視点」を持つことは非常に重要なのです。
みなさんは、今自分の働いている環境にやりがいを感じていますか?
入社する前はあんなに夢と目標があったのに、今は忙しさで目の前のタスクに追われるだけになってしまった。明確な目標もなく、日々黙々と作業をするだけになってしまう。仕事でミスばかりをしてしまい、日々自信をなくしてしまっている。今やっていることが一体何に役に立つのかがわからない…
そんな状況で仕事を続けていては、「つらい」や「大変」といった感情が増えるだけで、仕事をすればするほどストレスが溜まり、苦しいものだと感じてしまいます。
せっかく社会に貢献しているのに自分の仕事の価値を感じられないまま働くことは、もったいないことです。

SDGs

そんな人たちにとっても救いとなる考え方、目標があります。
それは「SDGs(エスディージーズ)」です。
SDGsとは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、世界にある問題点を貧困や飢餓、健康、教育、環境…等、17つの分野に分けて、2030年までに解決するべき目標として具体的な行動を掲げたものです。
SDGsの目標では、世界中に関連している目標や問題点を挙げています。
国として考える政治の領域を超越した「全世界的に持つ目標」といえるでしょう。
このSDGsの考え方にあるのは、「誰もが平等に幸せでいられること」です。
このフレーズだけだと、とても曖昧で目標というよりかは「そうなったらいいね」の望みになりかねません。しかし、その「誰もが平等に幸せでいられること」を達成するための目標と行動を世界単位で設定することにより、具体的に何をすればいいのか、何が必要で何が一番問題視するべきかが明確になるのです。
また、世界単位での目標が明確になることにより「個々人の行動」にフォーカスがあたるようになります。

SDGsと自分の仕事を照らし合わせる

SDGsの目標のひとつとして、「住み続けられるまちづくりを」というものがあります。
この目標1つに対しても非常に多くの仕事が貢献しています。
例えば交通整備や、住宅開発、給水のメンテナンスや電力の研究…等、挙げたらきりがありません。
とある製品パーツの一つでも、多くの人達の生活を回している重要な役割になります。
また、SDGsには「貧困をなくそう」という目標もあります。
「貧困をなくそう」とは、お金がなく不自由な暮らしを送っている人をなくすための目標です。
これは日本で生活しているとイメージがしづらいかもしれません。
それでは日本で就業している人の完全失業率に着目してみましょう。

参考URL:総務省統計局「労働力調査(基本集計) 2020年(令和2年)1月分結果」
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html

総務省統計局のデータによると、2017年から2019年の完全失業率は2%台となっています。
10人に2人は失業しているという事実です。
日本でも、貧困問題は他人事とは言えないでしょう。
SDGsでは、どの目標も世界的に解決すべき問題として掲げています。
そのため、目標すべてに関連性があるのです。

広い視野で仕事を考える

改めて、みなさんの仕事は世界的にどう貢献しているのでしょうか?
個人単位で考えるとあまりピンとこなかったことでも、世界規模で考えるととても重要な部分を担っているということが実感できるのではないでしょうか。
SDGsの目標に近づくために、今自分にできることは何かといった視点で考えてみると、「社会貢献」がより身近に感じられるでしょう。
また、SDGsを知ることによって、自分の仕事へのモチベーションだけでなく、今後のビジネスの展望や動向を考える上でも有効になります。
「SDGsに反した行動をしていないか?」と考えることでビジネスの発展に役立てることができますし、目標にそぐわないことをしていては会社として継続することが難しいですよね。
「持続可能な開発目標」を目指すことにより、おのずと企業の未来やビジネスのビジョンが見えてきます。
皆さんは会社で新しい施策の提案をしたときに、「なぜ新しいことをする必要があるのか」という意見があったら
相手を納得させるプレゼンができるでしょうか。
「会社の経営には必要」や「大きな利益に繋がるから」といったどこにでもあるような理由では、必要性が曖昧で納得できません。
しかし、今後会社としてどうあるべきかという大きな目標を決めて、
社会への貢献度に基づいて明確なビジョンを掲げることができれば、一気に説得力が増すとともに社員の仕事のやる気にも繋がります。

最後に

いかがでしょうか。
世界への貢献度を意識することにより、小さいことばかりの狭い視野にとらわれずに、広くて発展のある思考へと変換することができるのです。
目の前の仕事に追われて、やりがいがわからなくなってきたのならば、SDGsを思い出してください。
「自分視点」になりすぎて、自分が定めた目標だけを達成するためだけに働いていると、挫折のしやすさにも繋がります。
肩の力を抜いて、まずは世界にどう貢献しているかを大きな枠で考えてみてください。
そうすることにより、仕事に対する考え方が前向きになり、ビジネスビジョンを立てやすくなります。

【Webチームリーダー必見】自分のコピーを作る方法について前のページ

初めてのFintech次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    楽にできる?!レスポンシブWEBデザイン

    皆さんもスマホ対応しなければと思い、ホームページをリニューアルされ…

  2. Web関連

    ESGとSDGsの関係がやっとわかった ~知っているようで答えられない用語 その1~

    ネットや新聞、テレビなど、様々なメディアに出てくる略語。なんとなくわか…

  3. Web関連

    【クレーム解消】Web制作会社が教える苦情対応マニュアル

    さて、今回のコラムは苦情対応についてまとめてみました。苦情対応で大…

  4. Web関連

    Web/AI制作会社におけるテイカー、ギバーについて

    #目次___- テイカー、ギバーとは何か?- Web/AI…

  5. Web関連

    信頼度アップ!離脱率の低いコーポレートサイトへ!!

    こんにちは。ティファナの小島です。コーポレートサイト=自社のWeb…

  6. Web関連

    GAFAは知ってた。じゃあBATHは?

    GAFA(ガーファ)ってすごいですよね。「Google」「Amaz…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 意外と身近なVUI~必要なのはあなたの声だけ~
  2. ここまで来た!ARが魅せる未来
  3. キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がやって…
  4. 「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  5. 家で学ぼう

アーカイブ

  1. Web関連

    web制作会社が考える更新メンテナンスのポイント
  2. Web関連

    あなたは分かる?!パンダ・ペンギンアップデート
  3. Web関連

    e-sportsから考える「スポーツ」
  4. Web関連

    4Pと4Cの関係がやっとわかった~知っているようで答えられない用語 その3~
  5. Web関連

    web担当者必読!注目のLINE@ 企業のビジネス活用まとめ
PAGE TOP