Web関連

60年前のデザインがネットで大流行!?話題の「keep calm and carry on」

0

2013年頃から、ネット上である古いポスターをパロディ化したバナーデザインが大流行しています。
60年以上も昔に作られたデザインが、なぜ今人気なのか?その背景と魅力を調べてみました。

「keep calm and carry on」とは?

img_kcco01.jpg

日本ではまだまだ知っている人が少数ですが、
「keep calm and carry on」というデザインが、
海外ではかなり前から話題になっています。

これは、第二次大戦中にイギリス政府によって考案された標語で
「冷静に、戦い続けよ。」という意味です。
参照元(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/Keep_Calm_and_Carry_On

日本でいう、「欲しがりません勝つまでは」みたいなものでしょうか。

Keep calm and… 次々に生まれたパロディーたち

作成されてから50年以上経つため、著作権は消滅してしまったとのこと。
このデザインに触発され、様々なパロディー商品や広告が出ました。

img_kcco02.jpg

(出典:http://www.sharenator.com
こんなクールなものや

img_kcco03.jpg

(出典:http://www.hellokittyjunkie.com
おなじみのキャラクターをフィーチャーしたものまで。

今では「keep calm and love ○○(冷静に、○○を愛せよ!)」と、自分の好きなものや言葉を入れて、
それをタンブラーやTシャツにプリントして購入できるサービスまであるそうです。

60年前のデザインが、なぜ色あせず愛されるのか

未だに誰がデザインをしたのか不明という点も、
より一層このデザインをミステリアスにしているのかもしれませんが
人気が出た理由はそのシンプルさとインパクトではないでしょうか。

無駄な装飾は一切なく、闘志を感じさせる真っ赤な背景に
英国としての誇りを感じさせる王冠と力強いスローガンは、一度見たら忘れられません。

ユーザーにインパクトを与え、同時に商品やブランドイメージを焼付けられるような
バナーを作ることは、デザイナーにとって永遠の課題です。

そこで私も、下記を座右の銘として、
さっそくデスクトップに設定しました。

img_kcco04.jpg

(出典:http://www.keepcalm-o-matic.co.uk/

皆さんもぜひ、オリジナルのkeep calm…を見つけてください!

0

ブログ・コラムを毎日更新するWebライティングの5つの秘訣前のページ

意外と気づかない?Webデザインには不可欠なフリー素材の落とし穴次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    ITがもたらす自動化の波

    技術の進歩は多くの作業を自動化してくれますのでとても便利です。…

  2. Web関連

    IoTで便利な世の中に!

    みなさん、最近、IoTという言葉を耳にすることが多くなったのではないで…

  3. Web関連

    最近よく聞くセルフサービスBIについて調べてみた

    いきなりですが、皆さんセルフサービスBIというものがどんなものかご存知…

  4. Web関連

    リッチスニペットの新しい手法 schema.orgとは?

    アマガエル、可愛いですよね。どことなく愛嬌が感じら…

  5. Web関連

    WordPressを使った簡単なオリジナル(っぽい)フォトブログ制作2

    こんにちは。育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。限られた時間の…

  6. Web関連

    Webデザイナーだからこそ、一味違うものを送りたい!オリジナル年賀状作成の3ステップ

    みなさん、年末年始の楽しみはなんでしょうか?私は、日ごろお世話にな…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    マーケティング4.0におけるAI/WEB制作会社としての行動について考えてみる
  2. Web関連

    ターゲットで変わるサイトカラーの選び方
  3. RPA関連

    量販店の業務もRPAで自動化 日々の定形作業から小粒業務まで
  4. Web関連

    「LINEHERE」という便利なアプリが登場!
  5. Web関連

    アフターコロナの今がチャンス。D2C戦略で顧客獲得
PAGE TOP