Web関連

60年前のデザインがネットで大流行!?話題の「keep calm and carry on」

2013年頃から、ネット上である古いポスターをパロディ化したバナーデザインが大流行しています。
60年以上も昔に作られたデザインが、なぜ今人気なのか?その背景と魅力を調べてみました。

「keep calm and carry on」とは?

img_kcco01.jpg

日本ではまだまだ知っている人が少数ですが、
「keep calm and carry on」というデザインが、
海外ではかなり前から話題になっています。

これは、第二次大戦中にイギリス政府によって考案された標語で
「冷静に、戦い続けよ。」という意味です。
参照元(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/Keep_Calm_and_Carry_On

日本でいう、「欲しがりません勝つまでは」みたいなものでしょうか。

Keep calm and… 次々に生まれたパロディーたち

作成されてから50年以上経つため、著作権は消滅してしまったとのこと。
このデザインに触発され、様々なパロディー商品や広告が出ました。

img_kcco02.jpg

(出典:http://www.sharenator.com
こんなクールなものや

img_kcco03.jpg

(出典:http://www.hellokittyjunkie.com
おなじみのキャラクターをフィーチャーしたものまで。

今では「keep calm and love ○○(冷静に、○○を愛せよ!)」と、自分の好きなものや言葉を入れて、
それをタンブラーやTシャツにプリントして購入できるサービスまであるそうです。

60年前のデザインが、なぜ色あせず愛されるのか

未だに誰がデザインをしたのか不明という点も、
より一層このデザインをミステリアスにしているのかもしれませんが
人気が出た理由はそのシンプルさとインパクトではないでしょうか。

無駄な装飾は一切なく、闘志を感じさせる真っ赤な背景に
英国としての誇りを感じさせる王冠と力強いスローガンは、一度見たら忘れられません。

ユーザーにインパクトを与え、同時に商品やブランドイメージを焼付けられるような
バナーを作ることは、デザイナーにとって永遠の課題です。

そこで私も、下記を座右の銘として、
さっそくデスクトップに設定しました。

img_kcco04.jpg

(出典:http://www.keepcalm-o-matic.co.uk/

皆さんもぜひ、オリジナルのkeep calm…を見つけてください!

ブログ・コラムを毎日更新するWebライティングの5つの秘訣前のページ

意外と気づかない?Webデザインには不可欠なフリー素材の落とし穴次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    世界を変える17のゴール!ちょっとかっこいいSDGsのあれこれ

    こんにちは。最近はコロナウイルスで世界中が大変なことになっています…

  2. Web関連

    今さらながらノマドワーカーについて思う事

    どうも!好き勝手をモットーに記事を書いている(まだまだ修行中の)コン…

  3. Web関連

    気を付けて!常時SSL移行に失敗しないための4つのチェック項目

    最近、Googleが常時SSL対応しているサイトを、検索結果で優遇させ…

  4. Web関連

    HTML5で3D表現!?

    昨今HTML5が主流になってきており、HTML5の勉強をされている方も…

  5. Web関連

    クラウドソーシングは天使か悪魔か。Web制作会社が考える。

    皆さんは、クラウドソーシングをご存知でしょうか?"クラウドソーシン…

  6. Web関連

    【業務・会計担当必見】医療控除の困った!はコレで解決!

    確定申告の時期になりました。その中でも確定申告で医療控除を行う方もいら…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  2. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  3. スマートストアにより、小売業は激変する
  4. 【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?
  5. AI技術の普及により移動も安全に

アーカイブ

  1. AIさくらさん

    【人工知能・AI×メディア】キャラクター×デジタルサイネージに無限の可能性!
  2. Web関連

    サイトを持つなら考えよう!UI/UXについて
  3. Web関連

    気を付けて!常時SSL移行に失敗しないための4つのチェック項目
  4. Web関連

    モバイルフレンドリーについて
  5. AI関連

    環境問題をAIの活用によって解決する|グリーンAIとは(その2)
PAGE TOP