Web関連

苦情対応はWebサイトでもできる!クレームを活かす対応方法!

+1

こんにちは。
ISO10002取得のお手伝いを少しだけしていた真野です。
ISO10002と聞いて、これが国際基準に則った顧客満足度を上げるための苦情対応の規格であると、
ぱっと思い当たる方は中々いらっしゃらないのではないでしょうか?

❛❛ISO10002とは…国際標準化機構(International Organization for Standardization)によって制定された国際規格で、企業、団体などの組織が顧客の満足度を高めるために、顧客の苦情に対して適切、かつ迅速な対応をするために不可欠な要件を指針として定めたもの。❜❜

Webサイトを制作する会社で、なぜ苦情対応に対する規格を取得したのだろう?と、思われる方もいるかもしれませんね。
最初は弊社へお仕事をお任せいただいているクライアント様の満足度を高めたいと思っての取り組みだったのですが、
そこはWeb制作会社、自社で作ったクライアント様のサイト上でも、得た知識を活かして、
サイトのクオリティーを上げることができるようになりました。
そこで今回は、Webサイトでできる苦情対応とポイントについてご紹介していこうと思います。

mano_claim01.jpg

1.よくある質問例をまとめて情報公開の不足がないようにしておく。

まず、実際に苦情として形になってしまう前に打てる手をご紹介しようと思います。
事前にお問い合わせがあるだろうと予想される質問事項や、
これまで実際に数多くあったお問い合わせ内容を、
「よくあるお問合せ」というコンテンツにしてしまうのです。
そうすることで、説明不足・情報不足といった事が原因で起こるクレームは減少することでしょう。
このコンテンツは、予め情報を発信するだけでなく、
クレームを入れようかと悩んでいるユーザーへ答えを出すことができるため、
ぜひ、設置する場所に工夫したいところです。
例に挙げるハーゲンダッツジャパン株式会社のWebサイトでは、
お問い合わせフォームよりも前に表示させることによって、
お問い合わせそのものへ繋げる回数が少なくなるような作りをしていますね。

2.お客様の意見収集用のフォームを設置しておく。

資料請求や商品購入フォームならば準備しているというWebサイトがあるかと思いますが、

例に挙げる日本放送協会のWebサイトのように、

お客様の意見をお送りいただく用のフォームを設置しておくと、
どこに連絡すれば良いのか分かりづらいという二次クレームを防ぐことができますし、
電話対応で作業に使おうと思っていた時間を取られることもありません。

例に挙げる日本放送協会のサイトのように、
また、いただいたご意見を文字に残す事ができるので後から見返すことが可能となります。

3.お客様の声を改善に活かしたというお知らせページを作る。

実際にいただいたご意見を反映させた後の対応も大事です。
ただ難癖を付けたい、良い思いをしたいというクレーマーも世の中にはいますが、
ほとんどのお客様は、その会社や商品のことを思って意見を送ってくれています。
そういった人達の意見には耳を傾け、真摯な対応を心がけましょう。
そして、Webサイト上では、こんなお客様からの意見に対して、こんな対応を行ったよという報告を公表しましょう。
目に見えて分かることによって、その会社がどれだけ顧客のことを思っているのか知ることができます。
そうすることで、顧客満足度の向上や製品への愛着に繋がります。

ここでは、例として東京海上日動のWebサイトを挙げます。

mano_claim02.jpg

Webサイトでできる苦情対応もたくさんある。

さて、今回ご紹介させていただいた3つの手は基本的な項目です。
他にも、その業界や会社ならではの対応方法が考えられます。
クレームや苦情は一見、ピンチのように思えますが、
実は、ユーザーを今以上に自社のファンにするチャンスでもあります。
絶好の機会をぜひとも逃さないようなWebサイト作りをしたいですね。

関連サービス

ホームページ制作 
更新メンテナンス 

関連コラム

苦情対応のための社内の仕組みづくりとは

+1

初心者WEBデザイナー必見!アイデアを引き出すための秘訣3選前のページ

【パララックスデザイン】Web制作におけるメリットとデメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    【Web制作】Googleが推奨するレスポンシブはホントにいいの?「レスポンシブに適するサイト/適さ…

    食事を健康的な物に切り替えて、最近少し痩せてきた吉田です。今回はW…

  2. Web関連

    コンセプトのないデザインは味のない料理

    新社会人のみなさん、入社おめでとうございます!休みの日は、寝たり食べた…

  3. Web関連

    e-sportsから考える「スポーツ」

    スポーツ --熱き魂のぶつかり合い--熱き魂がフィ…

  4. Web関連

    ツンデレ美少女を振り向かせる!?マーケティングで悩んだら、基礎に立ち返るべし

    世の中にはたくさんのマーケティング手法がありますが、次から次へと新しい…

  5. Web関連

    規制に苦しむ、パチスロ業界の動向について

    パチスロ業界は、時代の流れの影響を受けやすい業界だと言われています。年…

  6. Web関連

    読むべし!アプリ開発初心者のための本

    昨今アプリ開発はまったくの初心者でもできてしまうようで、市場では数多く…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    趣味で生活!!youtuberという職業
  2. Web関連

    ECサイト レスポンシブデザイン化のメリット・デメリット
  3. Web関連

    ECサイトでの動画活用で実店舗へご招待!
  4. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×出版】本探しの手間解消!AIがお客様の本を選ぶアドバイザーに…
  5. Web関連

    キーワードは「共感」?クレーム解決への最短経路
PAGE TOP