Web関連

マーケターの常識!?プライベートDMPとオープンDMPの違い

0

マーケティングに関わるようになり、「プライベートDMP」、「オープンDMP」という言葉をよく聞くようになりました。
Webマーケターの皆さんも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

よく聞く単語って、常識のようで人に聞くとなると勇気がいりますよね。。。
と、いうわけで、最近Webマーケターの道に進みだしたあなたへ!2つのDMPについて簡単に説明したいと思います!

 

そもそもDMPとは?

プライベートDMPとオープンDMPの違いを説明する前に、そもそもDMPとは何なのでしょうか。
DMPとは、データマネジメントプラットフォームの略になります。
ビックデータやログデータなどのWeb上で収集された情報を管理、分析し、最適化するプラットフォームのことをいいます。

DMPには「プライベートDMP」と「オープンDMP」の2つがあります。

“DMP(Data Management Platform)とは、ビックデータやログデータなどのWeb上で収集された情報を管理、分析し、最適化するプラットフォームのことをいう。DWH(Data WareHouse)よりも広告配信などの施策に落としやすくなったシステムのこと。”

オープンDMP

オープンDMPとは、Webサイトへ訪れたユーザーのデモグラフィック情報(性別、年齢、職業など)や、そのユーザーが興味を持っている情報などのオーディエンス情報を交換することができるデータプラットフォームのことをいいます。

様々なオーディエンス情報を集め、整理することができる格納庫のようなものです。

プライベートDMP

一方で、プライベートDMPとは、オープンDMPで格納できる情報に加え、「購買情報」、「各種プロモーションの結果」などを集め、外部のオーディエンス情報とCookieシンク(CookieIDを統合・マッピングすること)させ、構築するプラットフォームのことをいいます。

オープンDMPでは、格納庫となる先がクラウドでしたが、プライベートDMPでは企業側にあることも大きな特徴の1つとなります。
つまり、オープンDMPとは、自社が持つ情報資産といえます。

まとめ

簡単な説明となりましたが、2つのDMPについて理解していただけたでしょうか。

オープンDMP、プライベートDMPはWebマーケティングを行ううえでとても重要なものになります!
ぜひ、2つのDMPについて理解し、他の人へ説明できるようになってください!

とはいえ、DMPとはまだまだ奥が深いものです。
メリットやデメリット、活用方法など、Webマーケターであれば知っておかなければならないことがたくさんあります。
これらも理解しておくと、DMPについて説明するとき、さらに理解を深めることができるのではないでしょうか。
2つのDMPについて理解ができたら、これらも調べてみてください。
私も、またDMPについてコラムを書きたいと思います!

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Webマーケティング支援

0

ホームページ制作会社が解説する「Webシームレス化」前のページ

テレビで見たあの場所へ。あの撮影スポットは千葉 のここだった!3選次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    整理術を磨いて仕事の処理速度をアップ?!佐藤可士和から学ぶ仕事の取り組み方

    こんにちは!最近、やりたい事が多過ぎて困っているデザイナーの大和田です…

  2. Web関連

    集客力を強めたい!Youtubeを使ったWeb活用方法

    昨今、Webサイトに動画が使用されているのをよく目にするようになりまし…

  3. Web関連

    マイクロターゲティングで「個」客を獲得

    マイクロターゲティングとは?マイクロターゲティングとは、年齢や性別…

  4. Web関連

    雨の日の過ごし方

    先日やっと梅雨が明けましたが、急に激しい雨が降ったりして、何だか困りま…

  5. Web関連

    M2Mの加速化で運転手が居なくなる?

    皆さんはM2Mという言葉をご存知でしょうか?私は休日に良くドライブをす…

  6. Web関連

    webサイトにおけるアクセシビリティの考え方

    Webサイトでは「ユーザビリティ」という考え方が非常に重要視されていま…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    切っても切れないデザインと色の話
  2. AI関連

    【人工知能・AI×インバウンド】今後の狙いは「爆買い」から「○ ○ 」へ!
  3. Web関連

    ショッピングカートシステムのまとめ
  4. Web関連

    最新のトレンド?!アダプティブWebデザインについてあれこれ
  5. Web関連

    開業したい方へ -ショッピングカート導入のすすめ-
PAGE TOP