Web関連

大人でも陥ってしまうガチャ問題をプログラマー視点で考えてみた

0

c5d8e61fa610a33c65a2f00b174dabd6_s.jpg

昔の出来事です。
今考えてみるとクジの残り枚数は数枚なのに、当たりの景品(ファミコンのカセット)は大量に残ってたので、明らかにおかしいのですが、当時お子様だった私の思考では理解出来なかったようです。
まぁ~昔の話なので法律も緩いですね。

ガチャ問題も同じようなレベルの話ではと思ってしまいました。
分別つかない子供ではいざしらず、いい大人でもハマってしまうガチャ問題について考えてみました。

2012年コンプガチャ問題

2012年 コンプガチャ(コンプリートガチャ)問題が世間を賑わせました。

コンプガチャとは、目的となる希少アイテムを手に入れるために、ガチャを通してでる複数のアイテムをすべて揃えなければならないといった手法のガチャでした。
すべて揃えるまでには、アイテムの重複もあり確率を計算するととても低く、課金額も跳ね上がります。

2012年5月 消費者庁が景品表示法違反であるとして注意喚起がなされ、
その後、景品表示法(カード合わせの手法)に抵触することになり、各社がコンプガチャをやめることとなった問題です。

当時、コンプガチャショックとも言われソーシャルゲーム会社関連の銘柄が軒並み値下がりました。
ただ、通常のガチャには言及されず、コンプガチャのみが対象となりました。

2016年ガチャ問題

2016年初めに、再度問題が発生しました。
とある人気ソーシャルゲームに数十万の大金をつぎ込んでも目的のアイテムが手に入らなかったとして一気に炎上! ゲーム側では問題のアイテムの出現率UPを掲げていました。

最近ではガチャの様子を動画配信しているユーザーも多く、大金をつぎ込んでいくら引いても出てこないといった問題が拡散し、確率が操作されているのでは無いかと疑念の声も上がりました。

そして、更に問題に拍車がかかります。
ゲームの担当声優がSNSで一発で渦中アイテムが出たとの報告。これがステマではないのかといった大きな問題になり、運営から「そういった事実はない」とのコメントが発表されました。

それでも、問題が収まらず、

運営側から出現率UPに関しての正式コメントが出されるが、「説明・謝罪になっていない!」とされユーザーは不満を爆発させました。

事態を重く見た運営側はガチャの個別の出現率の公開、課金上限、一定回数ガチャを回すと目的のアイテムを貰えるようにするなどの仕様変更を発表しました。

この問題は、国会でも取り上げられ(聞いている議員はよくわからず、( ゚д゚)ポカーンってな具合でしたが)
景品表示法に抵触するなどの問題に発展しました。

プログラマー視点で考えてみた

プログラム知っている立場からすると実にコワイ仕組みです。確率なんて設定値いじるだけで終了ですから。
裏側がどうなっているかなんて、一般ユーザーにはわかりません。

真偽はともかく、タレコミ記事でもありましたが、確率なんてものは元々存在しておらず、限りなくゼロにしておいて、
ユーザーの課金状況、ガチャの回数や、天候・日時で確率を変えたり、
特定の回数を引くまで当たりが出ないように設定することも可能だったりします。
どうやったら、射幸心を煽ってガチャを引いてもらえるかといったロジックです。

実際の運営はどうなっているかわからないですが・・・
確率なので偏ることもありますし、損したユーザーが声をあげるのでハズレが大きく見えてしまいますしね。

私のやっているゲームでも各イベントの1回目のガチャはほぼ当たります。
その後は何度引いても微妙だったりするので、1回で止めてます。
あくまで確率ですかね。
件の問題からユーザーも過敏になっており、ガチャの説明が優良誤認させる表記だったと、フォーラムが荒れてました。
運営側からもその件には説明が無く・・・今もなお燻っている様子です。

自分を守るのは自分

色々書いてきましたが。結局のところはどうなっているかはわかりません。
あくまで確率かもしれませんし、大手企業でも不正で問題起こしていることもあります。

冒頭で騙された子供と違い、我々は大人ですのでしっかりと理性を保つ必要があります。
結局、自分を守るのは自分だけですね。

課金は程々に。

0

農業のデジタル化・デジタルシフトはどのように進んでいる?前のページ

CD、買っていますか?ネットでやり取りされる音楽次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. AI関連

    【必見】デキる人は使ってる!WBSを活用してスマートなタスク管理をしてみませんか?

    どうも、自粛太りに焦り、最近筋トレを始めたAIコンサルの淺井です。…

  2. Web関連

    その負担軽減しましょう!更新業務を楽にするサービス・ツール紹介

    『働き手が足りない、人手不足』飲食店やホテル業界を筆頭に、今はどこ…

  3. Web関連

    Webサイト売上げアップに使える”行動心理学” その4

    良いUI/UXを提供するために、Webサイトを利用するユーザーの心理を…

  4. Web関連

    和とパララックスデザインから生み出される魅力

    さてさて、以前スマホとパララックスデザインについてお話をさせていただ…

  5. Web関連

    紙媒体のものから電子○○へ

    皆さんは電子書籍を利用していますか?私は使用しています。某携帯電話会社…

  6. Web関連

    スマホ?パソコン?マルチデバイスについて調べてみた。

    今やスマホ全盛期の時代。私たちの身の回りにあるのはガラケーではなく…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Webサイトと未来をつなぐ「VR」
  2. Web関連

    セーラームーンのリメイク版はなぜヒットしたのか?
  3. Web関連

    あなたは大丈夫?就職面接時に気を付けたい4つのポイント
  4. Web関連

    IoT、IoEの違いと今後の可能性
  5. Web関連

    急げ、感染する前に!スマートフォンの脆弱性対策
PAGE TOP