Web関連

マーケティングオートメーションの導入のポイント

0

コーダーの須澤です。

まだ聞きなれない言葉かもしれませんが、今アメリカで話題になっている、マーケティングオートメーションについて書きたいと思います。アメリカで流行っているものは、必ず2年後に日本でも話題になるというのが定石なので、是非参考にしてみてください。

ECサイトを例に分かりやすい使い方の解説

そもそもマーケティングオートメーションとは”お客を自動的に育成してくれる”システム(アノニマスマーケティング)なのでECサイトを例にあげると、とてもわかりやすいと思います。

例えば、一度ECサイトに訪問した不特定の人がその時は 買い物せずに、何度か検討して最終的に購入したとします。

このような場合はお客様に購買意欲があったのでうまくいったのですが、購買意欲がそれほどない人に対して、
今までは 人間がフォロー もしくは そのまま放置してしまい顧客を無駄にしていました。

マーケティングオートメーションを導入すれば、取り逃していた顧客に対して、一度訪問してから購入までのサポートを
自動ですることが可能になります。

例えばある商品のページを見た人には、閲覧した商品に関するメールマガジンを自動的に配信したり、
その人が 再びページに訪問した場合、一度見た商品をトップページに表示させるなど、
顧客の購買意欲を自動的に高めてくれます。

さらに、もしその人の顧客情報があるのであれば、どこに住んでいて、どのようなものに興味があり、過去に何を購入しているのか、などからおすすめの 商品をピックアップ提案することもできます。

このあたりの内容は今までは人が手動でやってきました。

これをオートメーション化することができれば、非常に効率的だということがわかると思います。

suzawa_ma01.png活用はBtoBサイトでもできます。

それではBtoBサイトではどのように使うのかですが、直接メールマガジンを配信はしていないし、サイトで商品を売っているわけでもない場合、どんなことができるのか想像しにくいと思います。

実は、マーケティングオートメーションツールには他にも多数の機能があり、GoogleAnalyticsの機能を思い浮かべていただければわかると思いますが、アクセス元なども検出することが可能です。

これをその他の情報と組み合わせることで、誰がいつサイトに訪れているのか、どのページに何度訪れているのかも分かります。

もちろんメールフォームとの連携もできるので、一度お問い合わせしてくれているユーザーであればメールアドレス情報などから更にアプローチがしやすくなります。

全てはシナリオ設定から

今までの内容を見ると、何でもオートマチックにできるツールに聞こえますが、サイトを閲覧するのは人間なので、まずは マーケティングオートメーションツール に色々な情報や、行動条件を設定する必要があります。これをシナリオ設定と言います。

一番重要なのはこのシナリオです。シナリオ 設定には 今までの経験、ユーザーの気持ちや心理、年齢や性別、購買した履歴などに合わせて自社が売りたいものを考慮して、マーケティングオートメーションツールがどのような振る舞いをすることがベストなのかを考え、シナリオ設定をする必要があります

どうすれば良いシナリオを設定できるかについては、我々のようなWeb制作会社と導入する会社の過去の経験をうまく融合させる必要があります。

売上が必ず上がると言われるマーケティングオートメーションツールを検討されている方は、
是非お問い合わせいただければと思います。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作
導線設計
モバイルサイト制作
システム構築

0

SiriとOK Googleはどっちが優秀か、ティファナでやってみた。(OK Google編)前のページ

【必見!】時短に便利なブックマークレットまとめ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    Kindle Paperwhiteを買ったので自慢させてくださ い。

    題名の通り、先日Kindle Paperwhite(2015年モデル…

  2. Web関連

    【実録】SFA/CRMのシステム置き換えに関して考えたこと

    こんにちは、システムエンジニアの小森です今回は社内システムの置き換えに…

  3. Web関連

    【クレーム解消】Web制作会社が教える苦情対応マニュアル

    さて、今回のコラムは苦情対応についてまとめてみました。苦情対応で大…

  4. SNS関連

    SNSボタンがよく押される場所はどこ?

    SNSボタン、サイトによって配置がかなり違いますよね。今回、SNS…

  5. Web関連

    ヤフオク初心者が、ECサイトとは違う気になる点をピックアップしてみた

    こんにちは、デザイナーの角田です。皆さんは、ネットオークション…

  6. Web関連

    売れるキャッチコピーを作る法則とは…

    皆さん、こんにちは。展示会で呼び込みをしてました坂元です。突然ですが…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    4つのポイントを押さえて、シンプルにデザインする
  2. AI関連

    AIが新型コロナウイルスの感染を防ぐ!その驚くべき方法とは!?
  3. AI関連

    マーケティング4.0におけるAI/WEB制作会社としての行動について考えてみる
  4. Web関連

    【Web制作】モバイルファーストとは?スマホが手放せない現代でのWeb設計
  5. AI関連

    【人工知能(AI)×ホームページ解析】Googleアナリティクスの新機能「ユーザ…
PAGE TOP