Web関連

そうそうコレコレ!複数人でちゃんとデザインの方向性を認識統一できる「ムードボード」 の使い方

0

ishizuka_mood01.png

プロジェクトで制作したデザインが「なんかイメージと違う…」となってしまったこと、

デザイナーの方なら一度は経験したことあるのではないでしょうか。

「キーワードや参考サイトなど、しっかりヒアリングしたはずなのにどうして?」
今回は、こうしたデザインの認識違いを防ぐのに有効な方法、「ムードボード」についてご紹介します。

1.ムードボードとは

ムードボードについての公式な説明文はありませんが、いくつかの技術系サイトでは「ある「イメージ」を複数人で共有するために、写真やイラストをスクラップ状に貼り付け、視覚的に分かりやすくしたもの」といった内容で紹介されていました。

例えば、「可愛い」というキーワードに対して
「女の子、ピンク、ふわふわ」というイメージを抱く人もいれば、
「赤ちゃんや小動物、カラフル、丸っこい」というイメージを抱く人もいます。

このように、人によって異なるイメージも、一度写真で貼りだすことによって
「それはイメージと違う」「これはイメージに近い気がする」と、
言葉によるイメージの違いや誤解を防ぐことができ、プロジェクト内で認識統一をすることができます。

ishizuka_mood02.png

2.ムードボードの作り方

決められた作り方、フォーマットはありませんが、
PhotoshopVIPさんで様々なサンプルが紹介されています。
以下、効果的なムードボードを作るためのポイントをまとめました。

ishizuka_mood03.png

1.とにかく貼り出す

ブレインストーミングのように、とにかくイメージに近い画像をたくさん貼り出しましょう。
一見、プロジェクトに関係のないようなジャンルの画像でも構いません。
コスメ系のデザイン制作だったとしても、イメージに近いと感じたなら、食品パッケージの画像を選んでもOKなのです。

2.整理する

画像を出しきったら、イメージを固めるために整理をします。
イメージと異なるものは排除し、残った画像も
「メインとして使う写真」「配色」「フォント」「アイコン、パーツ」など
どの部分の参考とするものなのかカテゴリを分けましょう。

3.テーマを決める

「信頼性」「清潔感」など、全体のテーマを決めます。
写真の色調は鮮やかなものかレトロ調か、
同じ⻘でも⽔色に近いものか、エメラルド色に近いものかなど
選ぶべき画像のポイントがより明確になり、ムードボードに⼀貫性が生まれます。
プロジェクトのコンセプトとズレがないかも再確認できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
言葉だけでは、イメージを伝えるのも想像するのも難しいことです。
プロジェクトでお互いが正確なデザインイメージを描き、スムーズに制作を進めるためにも
ムードボードを活用してみてはいかがでしょうか。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

0

なぜ2MBなの!?ビジネスマナーの意外な理由前のページ

こんなのあったの・・!?驚愕のアプリ集次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    日本の暦ってステキ ~3月3日について考えてみる編~

    こんにちは。ティファナコラム編集部 担当の遠藤です。みなさん、今日は何…

  2. Web関連

    就活生目線から見た!こんなリクルートサイトが使いやすい!

    面接を受けにきた学生を見るたびに「こんな頃もあったなぁ」としみじみ思い…

  3. Web関連

    今からでも遅くない!ECサイトについて学ぶ ~低コストでEC構築!ASP編~

    今回のお題は「ECサイトについて学ぶ~低コストでEC構築!ASP編~」…

  4. Web関連

    使いすぎ!?目のショボショボを防ごう!!

    情報や娯楽、買い物までネットでなんでもできる世の中になりとっても便利で…

  5. Web関連

    現場レベルのデータ分析。セルフサービスBI活用シチュエーションを考えてみた

    従来のやり方や、経験者の勘に従った「こうすれば売れるはず!」というマ…

  6. Web関連

    これだけは覚えておいてほしい、地味に使えるExcelの時短ワザ3選。

    こんにちは!ティファナコラム編集部 担当の秋田です。今回のテーマは「…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    今、Web漫画がアツイッ!?
  2. Web関連

    Webサイトは公開後が大切
  3. Web関連

    こんなリクルートサイトは困る!就職活動中の学生が避けるサイトとは?
  4. Web関連

    【アプリ開発】あなたのソシャゲ問題はどこから?3つのソシャゲ問題!
  5. Web関連

    海外ニーズが高まるネット通販
PAGE TOP