Web関連

まだググってるの?情報過多の社会で生き抜くための検索スキル。

k-mori_mada.png

みなさんは何か調べたい時や知りたい時は、先ず何をしますか?

インターネットが普及していなかった時代は、本や雑誌、新聞、専門的なことであれば図書館に行ったり、はたまた誰か詳しい人に聞くというような手段だったと思います。

「ググる」というバズワードがあるように、インターネットが普及した今日では「Google」や「Yahoo!」といった検索サービスを使うのが一般的ですよね。

いわゆるデジタルネイティブ世代の私にとっては、「ググる」という調べ方はごく自然な行為です。

“ググる。とは、「Googleで検索する」という意味の俗語。ネット上で使われ始めた表現で、某掲示板などで初心者が極めて初歩的な質問をした時に、上級者が「Googleで検索すればスグわかることをイチイチ聞くな」という意味を込めて「ググれ」と表現したことにより広まったとされています。 最近では「Googleで検索する」とう言い合いよりも「Webで検索する」という意味合いで使われるケースが多くなっています。”

最近の若者は「ググる」とき何使っているの?

ということで、「ググる」は「Webで検索する」という意味合いで話を進めていきたいと思います。

ここに最近の若者(デジタルネイティブ世代)が検索でよく使うサービスのアンケート結果があります。

k-mori_mada2.png

やはり、「ググる」という言葉が浸透している通りGoogleを利用するユーザーが一番多い様です。しかし、シェア33%というは少しイメージしていた感じよりも低い気がします。Yahoo!と合わせても半分にも満たないようです。

ここで気になるのはTwitter、Instagramの割合です。

いや、そもそもTwitter、Instagramは検索サービスではないのですが最近の若者は、検索手段の一つとして利用しているようです。

Googleの検索結果は「リアル」じゃない!

Google、Yahoo!も検索よりも、Twitter、Instagramで検索をする理由は、ズバリ「リアル」じゃないから。

「リアル」じゃないというのは、「SEO」対策されていたり、広告が上のほうに出てきたり、リアルタイムな情報が得られないからだそうです。

Web系の仕事をしている身としては、なかなか衝撃的で、SEO、SEMなどの検索エンジンへの対策に大金叩いている企業はたくさんあるのですが、核心を突かれた気がします。

どうも若者にはGoogle、Yahoo!の検索結果は作為的に見えてしまうそうです。

Twitter、Instagramで「リアル」な情報を得る!

速報や最新のトレンド情報を調べるにはTwitterが便利です。

確かに、電車の遅延情報や地震などのリアルタイムで知りたい情報は「ググる」のでは無くTwitterで調べる方がいち早く情報を調べることができます。

また、Twitterだと個人の声や感想が聞けるのが特徴で、Google、Yahoo!の検索でヒットする情報は、何処か公に形成された情報に感じるのだとか。

ターゲット層によりますが、何でもかんでもSEO、SEM対策をするのではなくTwitterで拡散をさせたほうが高い効果を得られる場合もあるかも知れません。

Instagramは、検索結果で見つけた写真を見て「調べる」「知る」という使い方です。

例えば、オシャレな髪型や洋服、おいしそうな食べ物、おもしろそうな場所なのリアルはどうなっているのかを調べるそうです。

検索で表示される写真や動画を見て情報を得る、というのが大きな特徴ですね。

まとめ

時代はTwitter、Instagramで「リアル」を検索!という事を書きましたがあくまで検索サービスのすみ分けだと考えます。

Google、Yahoo!のような従来の検索サービスじゃないと見つからない情報ももちろんありますし、仕事で物事を調べる時は圧倒的にGoogle、Yahoo!使う方が効率的だと思います。

Google、Yahoo!の苦手な部分としてリアルタイム性のある情報やユーザー一人一人が発信している情報で、こういった情報は、Twitter、Instagramの方が得意です。

どちらが秀でているということではなく、両方うまく使うことがこれからのネット社会では必要になってくると考えます。

情報過多の社会で自分がホントに必要としている情報を得るためにも、これらの特徴をしっかり理解しておきたいものですね。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

SEO・SEM

ソーシャルメディア運営支援

Webマーケティング支援

関連コラム

今更聞けないSEOについて知ろう!

「コンテンツをとにかく増やす」はキケン!?パンダに負けないSEO対策とは

知っているようでよく知らない、著作権前のページ

初めてでもわかる! Photoshopの基礎次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    料理レシピサイトでおなじみの「クックパッド」が結構すごかった

    女性の方は「クックパッド」を利用したことがある方が多いのではないでしょ…

  2. Web関連

    クラウドサービスのメリット・デメリット

    去年の今頃、急速に普及した「クラウドサービス」。普及率が30%という今…

  3. Web関連

    WEBサイトリニューアル時におけるサーバー選びのポイント

    WEBサイトリニューアルの相談を受ける際、同時によくいただくお話として…

  4. Web関連

    富士山から習うサイトのモバイル対応の必要性

    電車での移動時間、お昼の休憩時間、ちょっとしたスキマ時間に使用するスマ…

  5. Web関連

    最新の情報に敏感…!美容室のIT活用とは?

    最新の情報に敏感な方は結構多いですよね。そんな方は、デザイナー系の方に…

  6. Web関連

    ABテストでより良いサイトに!

    皆さんはABテストをご存知でしょうか?名前を聞いて、大体の予想がつ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×広告】人工知能(AI)を活用した最新の広告手法とは
  2. AI関連

    これからの農業に欠かせないドローン技術
  3. Web関連

    あの定番セキュリティ対策に根本的な脆弱性!? 実は危険な「秘密の質問」
  4. Web関連

    WEBサイトの更新が楽々に? CMS導入のすすめ
  5. Web関連

    サーバ初心者が学んだ仮想化サーバ
PAGE TOP