Web関連

今からでも遅くない!ECサイトについて学ぶ ~低コストでEC構築!ASP編~

0

今回のお題は「ECサイトについて学ぶ~低コストでEC構築!ASP編~」です!
このコラムでは実際にECサイトを立ちあげたい!と考えている人に向けて、
低コストでもECサイトを立ち上げることができる「ASP」についてご紹介したいと思います!
ECサイトを構築するとなると、莫大なコストがかかりそうなイメージがあるかと思いますが、
実は低コストでもECサイトは立ち上げることができるのです。
まずは「ASP」とは何かについて説明させていただきます。

「ASP」ってなに?

ASPとはアプリケーション・サービス・プロバイダの略称で、インターネットを利用し、アプリなどのソフトウェアを利用することができるサービスです。
一口にASPと言っても、配信されるサービスは各企業によって様々です。
会計ソフトやウィルス対策ソフト、プロジェクト管理を支援するツールなど多くのアプリケーションがありますが、今回はECサイト構築を支援するサービスに絞って説明をさせていただきます。

「ASP」を使ってどんなことができるの?

ASPで配信されているEC構築支援サービスでは、すでにテンプレートが幾つか用意されており、
コーディングの知識がない人でも一から簡単に作成することが出来ます。
さらにそのテンプレートを自分でカスタマイズすることができるので、サイト内で販売する商品に合わせたデザイン、レイアウトに組み替えてサイトを作ることも可能なのです!
さらにECサイトに必要不可欠な、ネットで決済を行う為の決済システムがセットでついてくるサービスもあるので、本当に知識が全くない人でもECサイトを持つことができるのです。
サービスを配信している企業によってはそれらの機能を無料で提供しているので、思い立ったらすぐにECサイト立ちあげ!なんてことも夢ではありません!!

おすすめの「ASP」

やはり有名なのは「MakeShop」、「ECcube」、「カラーミーショップ」は機能も豊富で使いやすいかと思います。
ですが、その他にもEC構築のサービスを配信しているところはたくさんあるので、
自分が使いたいと思う機能を比較した上で検討していただくのが一番良いのではないかと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ECサイトを立ち上げるのに、費用も知識もいらないなんて驚きですね!
ですがASPで立ち上げるサイトには色々と制限があり、大きなECサイトを作るのには限界があります。
まずはお試しでASPを利用したECサイト構築を行い、サイトの運営がある程度安定してきたらリニューアルを行うことをお勧めいたします!
その際はぜひ!ティファナドットコムにお声がけくださいませ!!

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ECサイト構築

システム開発

サイト内検索システム

0

Google「Picasa」を「Google フォト」に統合前のページ

やっぱり、顧客育成って大事。って感じた出来事次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    構成でコラムの「土壌」を整えよう!

    春といえばお花見、さくら、そして。。。春の陽気が顔を見せ始めた今日…

  2. Web関連

    iPhone5の両端から光が漏れてきた話

    皆様は、iPhoneを使用されておりますでしょうか。私は使用しておりま…

  3. Web関連

    今からでも遅くない!ECサイトについて学ぶ ~ショッピングカート編~

    以前のコラムに続き、ECサイトの基礎的な部分の解説をしていきたいと思い…

  4. Web関連

    3つの事例から考える共創マーケティングとは?

    昨年より共創マーケティングという言葉を良く聞くようになりました。共(と…

  5. Web関連

    スマートフォンサイトにオススメ!使い勝手を良くするためのjquaryまとめ!

    Web制作をする上で、リッチなウェブサイトを作るには、面白い動きを取り…

  6. Web関連

    「一度だけ客」をリピーターに変身させる方法

    「既存顧客を育成し、売上やお問合せに繋げたい」をテーマにお送りします。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    「とりあえずAI導入しろ」という上司のムチャ振りへの答え3つ!
  2. Web関連

    「リメディアル教育」はなぜ必要?大学の取り組みについて
  3. AI関連

    【人工知能(AI)×ショッピングモール】人工知能が買い物客を自動接客・ナビゲート…
  4. Web関連

    動画コンテンツは一般ユーザーには響いてなかった!
  5. AI関連

    AIで始める健康管理~最新の研究・取り組みもご紹介します~
PAGE TOP