Web関連

あなたのInternet Explorerは”最新版”ですか?

0

Windows OSのPCの標準ブラウザとなっている「Internet Explorer」(以下、IE)。
近年では、「Google Chrome」や「Mozilla FireFox」をはじめとした他のWebブラウザにシェアを押されがちですが、多くの企業が導入している社内システムのほとんどはIEを基準に作られていて、一定数のシェアを保っています。
そんなIEですが、2016年1月12日(米国時間)にMicrosoft社がサポートポリシーを変更しました。そのため、OSごとでサポートされるバージョンが変更されています。

それでは、どんなところが変わったのか紹介していきたいと思います。

“Internet Explorerとは1994年(Windows 95の時代)から、Windows OSのPCで標準ブラウザとなっているWebブラウザソフト。「IE○○」(○○はバージョン数)と略されて表記されることが多い。”

okamura_1604041.jpg

サポートされるIEは”最新版”のみ

2016年1月12日(米国時間) にMicrosoft社がサポートポリシーを変更し、”最新版”のIEしかサポートされなくなりました。
Windows VistaではIE 9、Windows 7/8/8.1ではIE 11のみサポートの対象になります。これによって、IE 8以前のバージョンはサポートの対象から外されました。
サポートの対象から外されてしまうと、セキュリティの更新プログラムが配信されなくなり、マルウェアによるウィルス感染の危険性が高くなります。
ウィルスの巧妙さは毎日進化しています。それに合わせて、Micorosoft社も対策プログラムの研究を行っていて、毎月のはじめに更新パッチを配信しています。

“マルウェアとはウィルスやワームなど、悪意をもって作られたプログラムの総称。ユーザーの情報を流出させる、動作を受け付けなくするなど、種類は多岐にわたる。”

その他の影響について

サポートポリシー変更の影響は具体的にどこで出てくるのでしょうか。

まず、社内システムで以前のバージョンで運用されている企業です。
おそらく、ほとんどの企業はインターネットを介して、社内システムとサーバーをつないでいるはずです。
そのなかでも、ほとんどの社内PCはWindows 7を使っていると思います。そのため、サポート対象となるバージョンはIE 11になります。
10以前のバージョンを使われているのであれば、できるだけ早く11へ移行しましょう。
「とはいっても、社内システムが対応していない…」という企業も多いかと思います。
IEには「互換表示モード」の機能があります。これを使うことによって、使っているIEは11でも、IE 10以前の見た目を再現することができます。

次にわたしたちのようなWeb関連の制作会社です。
制作のはじめにクライアントと仕様を決定しますが、その際にはもちろん、どんなOS・ブラウザで閲覧することを対応範囲とするかを決めます。
今回のサポートポリシーをきっかけに、対象ブラウザの幅が狭まります。
2015年12月時点で、Mac OSを含めたOSのシェアのうち、Windows 7/8/8.1の合計シェアは78.8%。ほとんどのユーザーが、IE11のサポートされるOSを使っています。(参考:http://news.mynavi.jp/news/2016/01/04/088/

対応範囲を狭めることで、検証期間などの圧縮、あるいはより詳細な検証に時間を使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のサポートポリシーの狙いとしては、使用されるバージョンを絞ることにあります。
様々なバージョンが使用されることで、Microsoft社もそれぞれに対応したパッチを作らなければなりません。そうなれば、開発コストなども嵩みますし、バグ・不具合なども起こります。
実際、2015年の夏頃には毎月のように月例アップデートのパッチ不具合による問題が起きていました。

その裏ではWindows 10への移行を急いでいたりします。2016年1月の月例アップデートでは、Windows 10移行準備のための6GBちかいファイルが勝手にダウンロードされるようになっているようです。こちらは以前、Windowsの設定次第で回避できたものですが、今回のアップデートで回避できなくなっているようです。
かと言って、Windows 10はまだリリースされてから1年も経過しておらず、動作も安定しているわけではありませんので、アップグレードは時期尚早です。

まずはIE 11へのアップデートを強くおすすめします!

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作
システム構築
セキュリティ対策

0

今年こそ痩せよう!選りすぐりダイエットアプリ3選前のページ

タイポグラフィによるクオリティアップ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    数年後には常識!?開発を変える『APIエコノミー』とは

    最近案件でもAPIを使用して開発をすることが本当に多くなりました。一か…

  2. Web関連

    著作権侵害の罰金は最大1億円!!

    とにかく話題になっている著作権問題ですが、法人の場合、違反しますとなん…

  3. Web関連

    ウェアラブルで健康管理

    健康管理といえば、メディアの情報からセルフチェックをしたり病院で検査を…

  4. Web関連

    「LINEHERE」という便利なアプリが登場!

    みなさんは、友達や家族と待ち合わせをした時なかなか相手を見つけられない…

  5. Web関連

    今や主流?モバイル・ファーストのメリットとは?

    皆さん、「モバイル・ファースト」という言葉をご存知ですか?「モバイ…

  6. Web関連

    趣味で生活!!youtuberという職業

    休日に料理をしようとチャーシューを作ったIAの加藤です。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    国内2大検索エンジンが提携 ついにシェア90%超えか!?
  2. Web関連

    知ったかぶりを卒業!サルだとわかる、コンテンツマーケティングまとめ
  3. Web関連

    やっと追いついた!マンガやアニメで描かれた近未来のウェアラブルデバイスのご紹介。…
  4. Web関連

    肌のトラブルは女性だけではない!男性向け化粧品の売り出し方!
  5. Web関連

    Webデザインの95%はフォントで決まる?!Webデザイナーなら知っておきたい3…
PAGE TOP