Web関連

あなたのInternet Explorerは”最新版”ですか?

0

Windows OSのPCの標準ブラウザとなっている「Internet Explorer」(以下、IE)。
近年では、「Google Chrome」や「Mozilla FireFox」をはじめとした他のWebブラウザにシェアを押されがちですが、多くの企業が導入している社内システムのほとんどはIEを基準に作られていて、一定数のシェアを保っています。
そんなIEですが、2016年1月12日(米国時間)にMicrosoft社がサポートポリシーを変更しました。そのため、OSごとでサポートされるバージョンが変更されています。

それでは、どんなところが変わったのか紹介していきたいと思います。

“Internet Explorerとは1994年(Windows 95の時代)から、Windows OSのPCで標準ブラウザとなっているWebブラウザソフト。「IE○○」(○○はバージョン数)と略されて表記されることが多い。”

okamura_1604041.jpg

サポートされるIEは”最新版”のみ

2016年1月12日(米国時間) にMicrosoft社がサポートポリシーを変更し、”最新版”のIEしかサポートされなくなりました。
Windows VistaではIE 9、Windows 7/8/8.1ではIE 11のみサポートの対象になります。これによって、IE 8以前のバージョンはサポートの対象から外されました。
サポートの対象から外されてしまうと、セキュリティの更新プログラムが配信されなくなり、マルウェアによるウィルス感染の危険性が高くなります。
ウィルスの巧妙さは毎日進化しています。それに合わせて、Micorosoft社も対策プログラムの研究を行っていて、毎月のはじめに更新パッチを配信しています。

“マルウェアとはウィルスやワームなど、悪意をもって作られたプログラムの総称。ユーザーの情報を流出させる、動作を受け付けなくするなど、種類は多岐にわたる。”

その他の影響について

サポートポリシー変更の影響は具体的にどこで出てくるのでしょうか。

まず、社内システムで以前のバージョンで運用されている企業です。
おそらく、ほとんどの企業はインターネットを介して、社内システムとサーバーをつないでいるはずです。
そのなかでも、ほとんどの社内PCはWindows 7を使っていると思います。そのため、サポート対象となるバージョンはIE 11になります。
10以前のバージョンを使われているのであれば、できるだけ早く11へ移行しましょう。
「とはいっても、社内システムが対応していない…」という企業も多いかと思います。
IEには「互換表示モード」の機能があります。これを使うことによって、使っているIEは11でも、IE 10以前の見た目を再現することができます。

次にわたしたちのようなWeb関連の制作会社です。
制作のはじめにクライアントと仕様を決定しますが、その際にはもちろん、どんなOS・ブラウザで閲覧することを対応範囲とするかを決めます。
今回のサポートポリシーをきっかけに、対象ブラウザの幅が狭まります。
2015年12月時点で、Mac OSを含めたOSのシェアのうち、Windows 7/8/8.1の合計シェアは78.8%。ほとんどのユーザーが、IE11のサポートされるOSを使っています。(参考:http://news.mynavi.jp/news/2016/01/04/088/

対応範囲を狭めることで、検証期間などの圧縮、あるいはより詳細な検証に時間を使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のサポートポリシーの狙いとしては、使用されるバージョンを絞ることにあります。
様々なバージョンが使用されることで、Microsoft社もそれぞれに対応したパッチを作らなければなりません。そうなれば、開発コストなども嵩みますし、バグ・不具合なども起こります。
実際、2015年の夏頃には毎月のように月例アップデートのパッチ不具合による問題が起きていました。

その裏ではWindows 10への移行を急いでいたりします。2016年1月の月例アップデートでは、Windows 10移行準備のための6GBちかいファイルが勝手にダウンロードされるようになっているようです。こちらは以前、Windowsの設定次第で回避できたものですが、今回のアップデートで回避できなくなっているようです。
かと言って、Windows 10はまだリリースされてから1年も経過しておらず、動作も安定しているわけではありませんので、アップグレードは時期尚早です。

まずはIE 11へのアップデートを強くおすすめします!

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作
システム構築
セキュリティ対策

0

今年こそ痩せよう!選りすぐりダイエットアプリ3選前のページ

タイポグラフィによるクオリティアップ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    Amazonプライムラジオ登場!

    4月22日、Amazonプライム会員用サービスに、新しくサービスが追加…

  2. Web関連

    Web制作の落とし穴!最適な内容の並べ方

    皆さんは順番を気にしたことはありますか?きっと人生に一回ぐらいはあ…

  3. Web関連

    webの歴史と未来

    今まではできなかったことも、Webでできることが多くなってきていま…

  4. Web関連

    4Pと4Cの関係がやっとわかった~知っているようで答えられない用語 その3~

    知っているようで答えられない用語シリーズ(と勝手に命名しました・・)も…

  5. Web関連

    Webサイトは公開後が大切

    私が初めてインターネットを使用したのは、約20年前、小学校で行われた授…

  6. Web関連

    規制に苦しむ、パチスロ業界の動向について

    パチスロ業界は、時代の流れの影響を受けやすい業界だと言われています。年…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Webサイトメンテナンスの重要性
  2. Web関連

    【ホームページ制作】GUIの歴史を辿ってみた
  3. Web関連

    【デザイナー必見!】日本語Webフォントをダウンロードできるサイトまとめ
  4. Web関連

    苦情対応はWebサイトでもできる!クレームを活かす対応方法!
  5. Web関連

    webマーケティング One to Oneマーケティングってなんだ?
PAGE TOP