サービス・新技術

IoTがさらに重要な世の中になる!?

0

IoTとはモノのインターネット(Internet of Things)の略で、名前のとおりテレビや時計などのモノに対してインターネットに接続・連携をさせる技術です。

 

生活を豊かに、便利にするIoT

今でいろいろなモノがIoTとして広がりを見せています。
この数年では、IoTマンションというものが登場しています。玄関の鍵を電子キー化、照明や空調などをAIスピーカーやスマートフォンを通じて制御ができるということで、あらゆるものがより便利に使えます。
生活をより豊かにできるということで、あらゆる層から人気があるそうです。

今では販売はしていませんが、「Amazon Dash Button」もIoTのサービスでした。
Amazon Dash Buttonは、ある1つの商品をボタンを押すだけで買える「ボタン1つしか搭載されていない」デバイスです。
日曜消耗品で定期的に購入しないといけないものを店にわざわざ買いに行かなくてもよい、PCでわざわざカートに入れて注文をしなくてもよいという煩わしさがないので、意外と人気のあったサービスでした。
有名なYouTuberもAmazon Dash Buttonを紹介していたこともあり、多くの人に認知されました。

tomoya_iot02.jpeg

ここまでにあげたように、IoTは生活をより豊かにより便利にしたいということで、広がりを見せてきました。

IoTを仕事に活かす

今後のIoTは、仕事面での広がりを見せようとしています。
その理由は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響です。

コロナウイルスが広がる前は、アナログの仕事をしがちな日本人が多くいました。
都市部では、毎朝満員電車にゆられながら出勤されていた方も多いでしょう。
それが、コロナウイルスが広がったことにより、リモートでの仕事、在宅ワークを行う企業が増えてきたということで、時代はどんどんデジタル化になるとも言われています。

さらに、今後はコロナウイルスと付き合いながらの生活になるかもしれないという話もあります。
そのため、感染リスクを軽減させるための手法としてIoTを活用しようという企業も多く出てきています。

3密を防ぐIoT

コロナウイルスに感染する確立を減らす手段として、3密『密閉空間』『密集場所』『密接場面』の機会を減らすことです。
日用品を買うためにお店に行っても、お店の中がどのくらい人が多いのか分かりません。
店の外から、どのくらい密になっているのか分かると安心してお店に入店できますよね?

これを可能にしたものを、2020年5月21日にホームセンターの大手「カインズ浦和美園店」にて、本舗内の混雑状況を表示する実証実験を開始したと発表しました。
お店の入り口に人を検知する3Dセンサーを設置し、それもとに来店人数を把握することにより、自動でディスプレイに混雑状況が表示されるというものです。
これにより、人の手をかけずに安全に来店するお客様にお知らせすることができるのです。

海外の事例

イギリスでは、スマートメーターの設置を進めています。
基本、日本ではガスや電気、水道の利用量の確認の検針は人力で行っています。イギリスでは検針をスマートメーターに切り替えることで、自動で利用量のデータを受け取れます。
これにより、検針員の人件費の削減を目指しているということです。
一方で問題点もあり、スマートメーターも電気会社やガス会社を変更したら、設置されたスマートメーターが使い物にならないこと、実装にかなりの時間がかかるなどがあります。

日本でも、スマートメーターの普及は徐々に広がっていますが、まだまだ時間がかかります。
スマートメーターの普及が進めば、冬の豪雪地帯の検針も滞ることなく、春先に不足分をまとめて支払うということもなくなるでしょう。

養殖業もIoTで正確なデータ取得

水産関連の養殖もIoTとAIを利用する時代となりました。
養殖は、生簀内の魚の状態を常に把握しないといけないそうです。養魚のサイズを知ることによって、えさの量や水揚げのタイミングが決まるからです。
昔は、サイズを測定する際は、水中カメラで養魚を撮影し、一つ一つコマ送りしながら時間をかけて1匹ずつ測定していました。
そこで、NECがIoTとAIを使って撮影した養魚のサイズを自動で計測、レポートまで自動で行うサービスを展開しました。
これにより、効率よく養魚のデータを把握することができるとともに、人の目よりも正確なデータを取得することができるようになりました。

私たちの生活に欠かせなくなるIoT

これまで上げた事例のように、私生活だけではなく仕事でもIoTは活躍の幅を広げています。
スマートグラスを聞いたことありますでしょうか?
メガネの形をしたウェアラブル端末です。
今はまだまだ普及は少なく、見た目や大きさにまだ課題があると思っていますが、将来的に私たちの生活に欠かせないものになる可能性があります。
なぜなら、技術の進歩はこの100年でかなり進んだからです。携帯電話の重さが3㎏だった時代が約35年前で、今はスマートフォンが誰でも持てる時代になったからです。
スマートグラスをネットワークと連携させたサービスも数多く登場すると思います。

これからは、デジタルの時代。私たちはこれからも多くのデジタルについて学ばないと、世の中にどんどん取り残されてしまうでしょう。

0

不特定多数へ情報を提供する昔のマーケティングしてませんか?前のページ

コトつくり大学が創設される?次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. AI関連

    デジタルシフトするアフターコロナの新しい時代のビジネスモデル「DX」とは?

    デジタルトランスフォーメーション(DX)とは「デジタルトランスフォ…

  2. AI関連

    新しいユーザーインターフェイス(VUI)について考えてみる

    目次- Voice User Interface(ボイスユーザーイ…

  3. AI関連

    【人工知能(AI)×ショッピングモール】人工知能が買い物客を自動接客・ナビゲート

    【人工知能(AI)×ショッピングモール】外国語でコミュニケーションを取…

  4. AI関連

    採用にもテクノロジーを!

    どんな企業も、毎年多くの時間と予算をかけて取り組む「採用活動」。い…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    スマートオフィスで省エネ!
  2. Web関連

    家電好きが便利だと思うスマート家電3選!
  3. Web関連

    LINE ~拡大するコミュニケーション~
  4. Web関連

    初心者でもプロのように写真が撮れる!Webデザインにも役立つ基本テクニック4つの…
  5. SEO関連

    SEO対策とユーザビリティって相反するもの!?
PAGE TOP