AI関連

最近よく聞く「AIチャットボット」、どこがAIなの?

0

AIチャットボットとは?

業務効率化やノー残業デーといった働き方改革を行う企業が増える一方、人手不足に悩まされる企業も増え続けています。
そのような問題を抱える中業務効率化の一つとしてAIの導入が普及し始めています。

そこで、よく耳にするのがAIチャットボットです。AIチャットボットとは、テキストや音声を通じて会話を自動的に行うプログラムです。
AIチャットボットにより改善できるのは、人に教わる・教えるの時間の削減です。
人同士に限らず、お問い合わせの多い質問をプログラムで組み、対応させることによって電話対応の時間削減にもつながります。
AIチャットボットと聞いて、良く挙げられる疑問は「AIチャットボットはどこがAIなのか」「そもそもAI(人工知能)なのか」ということです。

当記事では、AIチャットボットとAIさくらさんの特徴を挙げ、それぞれの違いをご紹介します。

AIチャットボットとAIさくらさん、それぞれの特徴

【AIさくらさん】 【AIチャットボット】
・自己学習
・自然言語処理
・機械学習(「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」)
・日々成長
・テキストや音声により自動的に会話を行なうプログラム
・事前にプログラムに登録したシナリオ通りに会話を行う。
・AIチャットボット=人工無能

AIチャットボットの問題点

AIチャットボットは、事前にプログラムしておけばある程度は対応できますが、プログラムにないキーワードや質問以外には答えられません。AIと言いながらも答えられるようにするには、答えられなかった事を日々学習させていく必要があり、別名「人工無能」ともよばれています。

また、データ量が膨大になればなるほど解析が難しくなり、人手を多く必要とするため、日々の更新はより困難になります。運用・保守がきちんと整っているのであれば問題はないですが、人手も時間もかけられないと、成長せずに利用することが少なくなってしまいます。
AIさくらさんは、運用・保守が整っていなくても、自然言語処理や自動学習といったAIチャットボットにできない事をさくらさん自身で解決することができます。

AIさくらさんができること、AIチャットボットの違うこととは?

AIさくらさんは事前に覚えさせた内容以外のことでも、一度対応できなかった事を学習し、次回からは答えられるようになります。
また、音声認識やテキスト認識でも、日本語特有の言葉の揺らぎであったり、方言やイントネーションにも対応することができる自然言語処理にも長けています。

AIチャットボットでは、これらは対応できない上に、運用者自身で解析・分析しメンテナンスを行う必要がありますが、AIさくらさんは、さくらさん自身で解析・分析しデータとしてまとめることもできるため、メンテナスの時間が必要なくなります。
自身で成長するAIさくらさんは、長期的な運用であればあるほど、日々成長し、人以上の対応をしてくれます。

それぞれの適した利用シーン

実証実験やトライアルなどによる短期的な利用を想定していて、運用・保守がしっかり整っているのであれば、AIチャットボットを利用するのは良いかもしれません。ですが、長期的な利用や運用・保守に人手や時間がかけられないのであれば、自己学習をし日々成長するAI(人工知能)さくらさんを利用する方が、業務をする上で困っている事をより解決してくれます。

まとめ

AIチャットボットは、AIと言いながらも分析やメンテナンスは人手をかけなくてはいけない上に、データが多ければそれなりの時間を要することになります。AIチャットボットは、学習能力・自然言語処理ができないAIであるため、こうした運用・保守に時間をかけられないと精度の低いチャットボットになってしまい、使えない事を実感することになります。

運用保守に時間はかけられないが人で対応する必要がないことをAIにさせ、長期的な運用を考えているのであれば、自己学習し日々成長するAIさくらさんの方が優れているといえます。

0

AIをブラックボックスにしないために〜透明性を確保するためには前のページ

AIによる炎上対策は新しい価値を生みだす?次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×リードナーチャリング】これで解決!新規リード獲得に試してほしい3つ方法!

    MA(マーケティングオートメーション)を運用するうえで必要になる新規リ…

  2. AI関連

    飲食店に人工知能(AI)の導入で人手不足の解消!

    現在、人手不足という問題はどの業界においても抱える悩みの一つだと思いま…

  3. AI関連

    改めてキャッシュレス決済を考えてみる

    2019年10月からの消費税率引き上げに伴い始まったキャッシュレス消費…

  4. img

    AI関連

    IKEA原宿でみた今後の実店舗の役割

    どうもこんにちは外出規制が緩和され街に活気が戻ってきましたね。…

  5. AI関連

    SNS広告で見かける「あなたの可能性をAIがスコア化」アプリ実際にインストールして使ってみた

    皆さんこんにちは。コロナ感染と自宅のマスクとトイレットペー…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    クラウドサービスを使うと効率化はできるの?
  2. Web関連

    休日はストリーミング配信サイトを利用してゆっくり過ごそう
  3. Web関連

    サイト設計で変化するサイトイメージ
  4. AI関連

    【必見】デキる人は使ってる!WBSを活用してスマートなタスク管理をしてみませんか…
  5. AIさくらさん

    RPAの導入に向いている業務内容、適した分野や部門は?導入事例を基に考える
PAGE TOP