AI関連

ECサイトの差別化・利便化にもAIが貢献

0

世代を問わず、ネットショップでの商品購入が当たり前になった今。
あらゆるジャンルで新しいECサイトが次々と進出し、競争を繰り広げています。
今やSEO対策や導線が優れたサイトづくりは当然となり、市場にはさらなる付加価値が求められています。

そんな中、話題のAI(人工知能)をECサイトでの接客に活用する試みが注目されています。
オンライン上での接客を可能にするだけでなく、様々な利便性をもたらす人工知能は
これからのスタンダードとなりうる能力を備えています。

ここでは、運営者と利用者の双方にメリットをもたらす人工知能について、
AI接客サービス「AI さくらさん」の特徴を交えながらご案内いたします。

AIの強みを活かしたコンシェルジュサービスを展開できる

ECサイトへのAI導入において何よりも期待されているのが、
利用者へ適切な情報を提示する「コンシェルジュ」としての役割です。

主に訪問者の滞在時間や登録情報、そしてこれまでにチェックした商品の履歴などから
マッチする商品をおすすめする機能がこれに該当しています。

「AI さくらさん」のようなコミュニケーションを得意とするAIの場合は、より効果的な運用も可能になります。
たとえば、衣類を販売するサイトの場合は、利用者の「パーソナルカラー」や「骨格」のタイプなどを診断し、
そのタイプに該当する商品だけを表示するといったことも可能です。

体型や肌の色によって、似合う服というものはかなりメソッド化されているため、
パターンに合致する商品の選定はAIの得意分野と言えます。

また、実際に着用しなくても、想像するだけで「似合うかも」と思える商品ばかりが表示されるので、
利用者の関心をひくだけでなく、離脱率の低下にも貢献します。
他にも、利用者が選んだ画像と特徴が一致するものだけを表示するといったことも可能です。

実際にあるサイトでは、ネイルのデザインをクリックすると、
特徴が合致する画像を含むネイルサービスだけが表示されるという仕組みも制作されています。
さらにこのサービスでは、従来よりも閲覧画像数やクリック数が増えたという実績も確認されています。

このように、これまでは店舗でしか受けられないと思われていた的確なアドバイスといったサービスも、
AIであれば実装することが可能になります。

もちろん、ECサイト運営に必須のFAQも「AI さくらさん」であればお任せできます。
各都道府県への配送料や、支払い方法などの情報はいつでも回答できるため、
購入しようと思った段階でいちいちFAQページを探す必要もありません。
アドバイスのみならず、接客においても実店舗のようなスムーズな対応を可能にします。

既存のECサイトの見栄えを損なわずに導入できる

ECサイトにおいて、「見栄え」も重要な要素の一つです。
AIの導入を行うにあたり、既存のデザインの長所を損なわず、
かつ「他とは違う」特徴があることをアピールできるようにする必要があります。

AIは、入力フォームとチャット欄で会話を行う形式や、必要なボタン(選択肢)をクリックしていく形式など、
目的に応じて様々なスタイルで実装することができます。
「AIさくらさん」であれば、入力形式やキャラクターの有無、デザインなど希望に応じてカスタマイズすることもでき、
各ECサイトのコンセプトに沿った自由度の高いECサイト構築が可能です。

コンバージョン率を更に上げるサービスとも連携できる

ECサイトの運営に欠かせない決済サービスですが、
「AI さくらさん」の場合は「Amazon Pay」とも連携することができます。
Amazonのアカウントでサイトにログインし、登録されている配送先住所やクレジットカード情報をそのまま使えることから
コンバージョン率を上げる決済手段として注目を集めているサービスです。

ECサイト毎にアカウント作成や住所入力をする必要がなくなるため、
「AI さくらさん」と組み合わせると、おすすめされた商品を面倒な手間なしで直接購入できる仕組みを作ることができます。

離脱率を低くするためには、
ユーザーがそれぞれ有益な情報を短時間に獲得できることと、
決済の信頼性が高く手間がかからないことの2点が重要です。

そして、「AI さくらさん」と「Amazon Pay」の強力タッグはそれらの問題を一度に解決することができるのです。

まとめ

このように、ECサイトの運営において、AIは非常に便利な機能を備えています。
既にチャットボットをメインとしてAIをシステムへ導入している店舗は多数あり、
オンラインによる接客という新鮮な体験によって、利用者の関心を寄せています。

ライバルの多いECサイト運営において、より高度な差別化を模索されている場合は、
ぜひとも柔軟なカスタマイズが可能な「AI さくらさん」の導入をご検討ください。

0

現在のAI活用のトレンドとは?どのような分野で活かせるのか前のページ

あらゆる業界の人材不足解消にAIは「特効」となる次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. AI関連

    音声インターフェース(VUI)ってこれから本当に流行るのか

    今回は、「音声インターフェース」と「コミュニケーション」をテーマに話し…

  2. AI関連

    改めてキャッシュレス決済を考えてみる

    2019年10月からの消費税率引き上げに伴い始まったキャッシュレス消費…

  3. AI関連

    【人工知能(AI)×災害対策】AIが希望をつなぐ地震予測の未来

    地震大国である日本は、過去から未来に渡ってこの地震と付き合う宿命を背負…

  4. AI関連

    法務AIは何のために必要か?

    契約書はビジネスのみならず、一般の市民生活にも必須となってきました。法…

  5. AI関連

    これからの農業に欠かせないドローン技術

    5年ほど前に首相官邸の屋上に墜落したことで話題になったドローンですが、…

  6. AI関連

    人工知能がレコメンドを加速する、AIマッチングサービスをご紹介

    マッチングサービスにAI技術を活用することで、多くの人員と膨大な手間が…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. サービス・新技術

    医療従事者を救うのは、ロボットだというハナシ
  2. Web関連

    5G時代に必須な「エッジコンピューティング」とは?
  3. Web関連

    Webサイトメンテナンスの重要性
  4. AI関連

    環境問題をAIの活用によって解決する|グリーンAIとは(その2)
  5. Web関連

    その言葉、大丈夫?間違いやすい日本語9選
PAGE TOP