AI関連

【人工知能(AI)×ヘアサロン】サロン予約から接客までを人工知能が対応

年間平均は、4.49回
この数字一体なんでしょうか?

実は女性が美容室を利用する、年間平均利用回数なんです。
だいたい3ヶ月に1回くらいのペースですね。

一般的には、美容室・サロンは自分にあったところを見つけて通っている方が多いと思うので、美容室の経営者の方は新しいお客さんの獲得に頭を悩ませているのではないでしょうか?

そのお悩み、AIさくらさんで解決できるかもしれません!

日本語だけで対応していませんか?

近年、訪日外国人が増えているのは、皆さんご存知かと思います。
ニュースにも取り上げられ、実際に町に外国人の方が増えたと感じている方もいらっしゃると思います。

また、観光だけはなく、日本に在住する外国の方も増えてきていますが、必ずしもこの皆さんが日本語を話せる訳ではありません。

ここで、先ほどの美容室の話しですが、そんな外国人の気持ちになると、美容室・サロンに行きたいけれど言葉が通じるか・・。と心配する方も多いはずです。
逆に、外国語の対応ができる美容室・サロンがあれば、すぐにでも行きたいと考えている方は多いと思います。

しかし、まだまだ外国語で接客できる美容室・サロンは数少ない状況です。
そのような状況の中、自分の美容室・サロンが外国語に対応できればきっとお客さんを増やすことができるハズです!

でも、スタッフは日本語しか話せないから対応なんてできない!その悩みをAIさくらさんが解決します!

 

AIさくらさん×美容室・サロン

AIさくらさんは4ヶ国語に対応した、会話型AIシステムです。
人工知能がお客さんの質問に対して、音声やテキストで応答ができます。またマルチデバイス対応なので、スマートフォンやタブレットでAIさくらさんを使用することができます。

例えば、お客さんがAIさくらさんに向かって、「カットとパーマをしたい」と入力すれば、
AIさくらさんが「カットはどのくらい短くしたいですか?」と聞き返したりして、自動的にヒアリングをしてくれます!

お客さんはカットの要望や、疑問を自国の言葉で伝えることができるので、ストレスがかかりません。スタッフはお客さんの要望がわかり、スタイリングもスムーズにできるので、こちらもストレスなく仕事ができます。

さらに、昨今、Webサイトで予約を入れて来店するしくみが多いかと思います。ユーザーからすれば、予約したいときに予約できるので便利ですよね。
AIさくらさんはWebサイトにも導入できるので、Webサイトをお持ちの美容室・サロンなら、予約から来店までAIさくらさんで誘導することができます。

AIさくらさんはもっともっとできることが・・!

いかがでしたか?

今回は、美容室・サロンでも大活躍する、AIさくらさんの多言語対応にスポットを当ててご紹介しました。
例として多言語対応についてご紹介しましたが、勿論その他様々なことに使用できます。AIさくらさんが気になった方はぜひ、他のコラムやサービスページをチェックしてみてください!
さらに驚く機能が満載ですよ。

ではまた、次のコラムで!

ソーシャルメディアをターゲットユーザーによって使い分けよう前のページ

【人工知能・AI×インバウンド】今後の狙いは「爆買い」から「○ ○ 」へ!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    リモートワークで働く際に知っておきたい6個のポイント

    気が付けばあんなに綺麗だった薄紅ももう新緑に...。季節が移ろうのは早…

  2. AI関連

    ジェンダーフリーな社会がもたらすAI普及への影響

    突然ですが、皆さんはお出かけをする際の服装を考える…

  3. AI関連

    AI搭載ドローンが人の命を救う時代に

    ドローンの民間利用が本格的に始まったのは1990年代からです。軍事利用…

  4. AI関連

    AI教師ロボットが誕生!?教育現場で人工知能が活躍する最新の学習サービスと導入事例

    教育分野でも労働力の減少が問題となる中で、AIのテクノロジーを活用した…

  5. AI関連

    デジタルシフトするアフターコロナの新しい時代のビジネスモデル「DX」とは?

    デジタルトランスフォーメーション(DX)とは「デジタルトランスフォ…

  6. DX関連

    DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの対応が必須となる理由は

    2020年8月に経済産業省は、東京証券取引所と共同で「DX銘柄2020…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  2. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  3. スマートストアにより、小売業は激変する
  4. 【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?
  5. AI技術の普及により移動も安全に

アーカイブ

  1. Web関連

    データセンターってなに?~初めて行ってみた!
  2. Web関連

    信頼度アップ!離脱率の低いコーポレートサイトへ!!
  3. Web関連

    【Web制作会社が教える】10分でわかる!?フラットデザイン実践のポイント
  4. Web関連

    キャッシュレスの時代に備えて、キャッシュレス決済について知ろう!
  5. SEO関連

    SEOにも効果がある!意外な問題点!
PAGE TOP