Web関連

近ごろ話題のワークショップ型ディスカッションを考えてみた

ワークショップ型ディスカッションという言葉を聞く機会が多くなってきたなと思いましたので、
今回はこの話題に触れてみたいと思います。
ワークショップ型ディスカッションとは、よりよいものを作り上げていくために必要な会議体の
ひとつになります。
企業では、売り上げを上げていくために、商品やサービスを整え、販売方法や販売地域を検討して
いきます。例えばこの意思決定(または方向性)を定めていくにあたり、会議に参加している
メンバーの意見や考えを闊達に引き出し活用していこう、という狙いで使われることが多くあります。
今までもワークショップ型ディスカッションに近しい会議体はありましたが、なぜここにきて
ワークショップ型ディスカッションが注目されるのでしょうか。

120160113_1.jpg

そもそもワークショップ型ディスカッションって何?

ワークショップ(workshop)とは、工房という「職人さんの作業場」という意味になります。
ここから転じて、経験や作業を共有したり披露したりする場のことをさしたりするように
なりました。
ガラス工芸ワークショップといいますと、ガラス工芸を体験できる場所やそのカリキュラムの
ことをさしますね。
最近では、セミナーなどに参加しますと、「本日のセミナーではワークショップの時間も
ありますので楽しみにしてください」と言われたりします。
ワークショップという表現には、能動的に動いて情報を入手したり発信したりするさまが
含まれます。受動的に情報を入手する形態である一般的なセミナーと比較してみていただくと
わかりやすいと思います。
ワークショップ型ディスカッションとは、自らの経験や知見を出し合いながら参加者が活発に
意見交換していく会議体のことになります。

今までの会議体ではダメ?

意思決定が必要な会議体、会議体にはいくつかのパターンがあります。
一昔前のほとんどはトップダウン型でした。意思決定は社長ひとりで行い部門長へ通達。
部門長は課長へ、課長は部下へというように決定事項が上から下へ流れていく会議体です。
多くの企業はまだこのパターンかもしれません。
投票型というのもあります。
意思決定は会議参加者の投票によって決まる。いわゆる多数決投票です。
会議体には良し悪しがありますので「この会議体が一番」といいきることはできません。
スピード重視ならトップダウン。過半数以上の同意を得たい場合は投票型が有効です。

20160113_2.jpg

ワークショップ型ディスカッションが注目されるわけ

自らの経験や知見を出し合いながら参加者が活発に意見交換していくワークショップ型
ディスカッションを企業活動、とりわけ意思決定の場に取り入れることで、その決定
事項の推進力や持続性が強くなることが一因としてあります。
参加者が活発に意見交換して決まった事項は、参加者全員の納得感が高まりますので、
能動的に動いたり自発的に課題解決を図ったりとする力が強まります。
共感、共鳴が持つ効果効用に近しいものになります。
モチベーションをあげるには?モチベーションを持続させるには?という課題のヒント
になりそうです。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

関連コラム

Webサイト売上げアップに使える”行動心理学” その3

売れるキャッチコピーを作る法則とは…前のページ

世界のブラウザシェアを把握できる「StatCounter」次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    基本中の基本!webで行う品質を上げるための対策3か条!

    Webサイトのデザインを制作しているとよくあるのですが、いかにカッコイ…

  2. Web関連

    HTML5での動画再生が主流になってきた!

    こんにちは!コーダーの須澤です。今回はHTML5の動画プレーヤーについ…

  3. Web関連

    web上でのコミュニケーション!

    こんにちは!デザインセクションの勇希です!いきなりですがみなさんは学…

  4. Web関連

    ライバルサイトに差をつける!インフォグラフィックを作るための5つの手順

    この前、とあるサイトのデザインをしていた時にふっと思いました。…

  5. Web関連

    紙媒体のものから電子○○へ

    皆さんは電子書籍を利用していますか?私は使用しています。某携帯電話会社…

  6. Web関連

    「一度だけ客」をリピーターに変身させる方法

    「既存顧客を育成し、売上やお問合せに繋げたい」をテーマにお送りします。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  2. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  3. スマートストアにより、小売業は激変する
  4. 【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?
  5. AI技術の普及により移動も安全に

アーカイブ

  1. Web関連

    【実録】SFA/CRMのシステム置き換えに関して考えたこと2
  2. Web関連

    リッチスニペットの新しい手法 schema.orgとは?
  3. Web関連

    IoT ・IoEが見せる未来は
  4. Web関連

    構成でコラムの「土壌」を整えよう!
  5. Web関連

    「QRコード」+「Webサイト」=「顧客獲得」
PAGE TOP