Web関連

最新「HTML5」の実力に迫る!!

0

HTML5とは?

インターネット上のWeb サイトを構築する言語、HTML の最新版「HTML5」がもうすぐ発表されます。
まず「HTML5」の目的は「どのブラウザでもWeb ページが同じように見れる」というところにあります。現在のHTML4 がベースのWeb ページではブラウザによってWeb ページの見え方が違ったり、プラグインが無いと見れないという問題が発生しています。
「HTML5」はそのような問題を改善するためにバージョンアップが進められています。
「HTML5」にはFlash やSilverrlight などの再生ソフトが無くてもWebブラウザ上だけで動画や音声の再生ができるといった大きな特徴があります。
動きのある映像が、動画やFlash を使わずに表現できるのです。
一例として、動画サイトYouTube にて実験的なデモサイトが公開されています。
このデモサイトではFlash を利用しなくても動画の視聴が可能となっており、 Flash 版よりも快適に見れるのでは?と話題になっています。
「HTML5」は対応されたブラウザでなければ見ることはできません。現在の対応状況はどうなっているのでしょうか?
シェアが高いブラウザを挙げると、InternetExplore8以降、FireFox3.1 以降、Opera9.6 以降、Safari3.0以降で「HTML5」の閲覧が可能になっています。
正式発表はまだなのですが、各ブラウザとも、先行して対応するなど「HTML5」の普及が徐々に進んできていると言えます。

テレビとネットの融合

地上デジタルテレビ放送へ完全移行するまで残り1年を切りました。
そんな中、「HTML5」対応ブラウザをテレビに搭載するための取り組みが進められています。
「HTML5」対応のブラウザを搭載することで、テレビでも現在のPC とほぼ同じようにWeb サイトを閲覧することが可能となり、より生活に密着したオンラインサービスが 生まれることが予想できます。最近の流行でもある「続きはWeb で」というテレビCM から、ダイレクトにWeb サイトへと誘導することも可能となるでしょう。
現在は、PC 特有のマウスの動きをテレビでどのように表現するのか、ユーザーに広く受け入れられるのはどのようなコンテンツなのかといった研究が行われています。
新たなビジネスモデルの誕生が、間近に迫っていると言えます。

0

進むペーパーレス化前のページ

最も身近なWEBシステム、CMSに強くなろう!次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    IoTの情報セキュリティに関して学んできた

    こんにちは! SEの岸沢です。先日、IT関連の展示会に出店社として参加…

  2. Web関連

    会社経営、Web制作で大事なことはココから学べ!

    こんにちは、管理部の宮澤です。先日、あるロックバンドのコンサー…

  3. Web関連

    60年前のデザインがネットで大流行!?話題の「keep calm and carry on」

    2013年頃から、ネット上である古いポスターをパロディ化したバナーデザ…

  4. Web関連

    ECサイト レスポンシブデザイン化のメリット・デメリット

    突然ですが、皆さんはネットショッピングを利用していますか?この…

  5. Web関連

    売れるECサイトをつくるためには天気を見よう!

    ECサイトの売り上げを上げるための方法について触れていきたいと思います…

  6. Web関連

    Web制作会社社員だからこそ知りたい!手書きの案件メモを整理するためにやっていること!

    今回は今やっている情報を整理するやり方ついて書いてみようと思います。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    5G(第5世代移動通信システム)の影響
  2. Web関連

    Googleアナリティクスの新機能「ユーザーエクスプローラ」とは?
  3. Web関連

    ターゲットで変わるサイトカラーの選び方
  4. Web関連

    人の役に立ち、意味のある会社でなるためには
  5. Web関連

    今からでも遅くない!ECサイトについて学ぶ ~低コストでEC構築!ASP編~
PAGE TOP