Web関連

ネット上だけではない?あなたの会社はセキュリティ対策できていますか?

0

昨今ネット上でのセキュリティ対策やパスワード管理などの重要性が取りざたされることが多くなってまいりました。
ティファナではもちろんセキュリティ対策を施したWeb制作を行っております。
しかし、制作会社としては制作物以外にも気を付けなければならないことがたくさんあります。
情報漏えいの原因とティファナの取り組みを少しご紹介したいと思います。

160109_3.jpg情報漏えいの原因は人的要因が8割?!

外部からのクラッカーによるサーバー侵入や攻撃を心配されるお客様も多くいらっしゃいます。
もちろん、外部からの攻撃はいつ起こるかわかりませんので、気にする必要があります。

しかし、情報漏えいの原因の約8割が内部要因となっているのです。

・資料紛失
・誤送信
・資料管理ミス

日ごろの業務の中で起きそうな事柄ばかりです…。

人的要因、ヒューマンエラーを防ぐために一番重要なことは、「社内の意識改善」となります。
例えば、会社でAプロジェクトの資料を印刷して、取引先での会議にもっていきました。
その会議で数部余ったため鞄に入れて会社に帰り、取り出すのを忘れて持って帰ってしまって、資料を紛失してしまったとすると、誰に情報を見られるかわかりません…。
社外秘資料や部外秘資料の取り扱いは注意しなければなりません。
印刷した資料は不要なものに関してはシュレッダーにかけたり、必要書類は鍵付きの棚入れるなどの対策をしましょう。
少し意識するだけで防げることですので、日ごろから社を挙げての対策・教育が必要になります。

ティファナでのセキュリティ対策の取り組み

ティファナでもお客様の情報を取り扱ってるため、セキュリティ対策には気を付けております。
2月にはISO27001を取得できるように進めているところです!
そんなティファナのセキュリティ対策を少しご紹介いたします。
・各階にシュレッダー整備
・定期的なデータバックアップ
・毎月ISO関連の勉強会で意識改善
・デスク周りを整理して、資料紛失を防ぐ
ISO関連の勉強会では、データの管理方法や会社としてのリスク対策を行っております。
日々の取り組みで、制作物だけでなく、体制もセキュリティ対策が万全となるように努めております!

まとめ

皆様いかがでしたでしょうか。
セキュリティ対策は大切だと思っていてもなかなかできていないことが多いかと思います。
重要なことですので、みなさまも対策を行っていってはいかがでしょうか。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

セキュリティ対策

0

時間を忘れて楽しめる!無料診断サイトまとめ前のページ

売れるキャッチコピーを作る法則とは…次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    最新のトレンド?!アダプティブWebデザインについてあれこれ

    こんにちは!すっかり寒くなりましたね。デザイナーの角田です。さ…

  2. Web関連

    ついに始まったGoogleの干渉

    米Googleは6月28日、情報の共有を容易にできるようにする為のSN…

  3. Web関連

    なにがいいの?なぜいいの?GoogleAnalyticsのメリットとは

    Webサイトを運用していたら、一度は聞いたことがある名前「Google…

  4. Web関連

    今さら聞けない「WEBの出来ること(活用メリット)」とは?

    今回は、WEB担当者の方向けではなく、主に他媒体担当者の方へ向けたコラ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×コールセンター】コールセンターの問い合わせ数を大幅に減らした…
  2. Web関連

    今、Web漫画がアツイッ!?
  3. Web関連

    ポケモンgoを使った集客方法を考えてみた
  4. Web関連

    動眼(どうがん)でアーティスト気分に浸りたい!
  5. AI関連

    改めてキャッシュレス決済を考えてみる
PAGE TOP