Web関連

ホームページ更新の手間を省きたい(CMS構築)

0

誰でも簡単にホームページを更新できるCMS導入のご提案

更新の手間をCMS構築によって軽減する
ティファナでは、お客様の業務フローを理解し、どのようなCMSを導入することがベストであるのか考えてご提案いたします。CMS構築をすることで、特別なスキルや知識・ソフトウェアのインストールも必要なく、ホームページの更新が誰でも簡単にできるようになります。
また、必要時すぐにホームページの更新ができるため、ニュース性の高い情報の掲載に適しています。

このような課題をお持ちの方は・・・

WEB担当者に依存することなく更新がしたい
自社でホームページを更新したいが、デザイン性を保ちたい
専門知識(HTML、FTPなど)を覚えずに、簡単に更新したい

関連リンク

誰でも簡単にホームページの更新が可能になります

ホームページ更新担当者が別の仕事に追われ、ホームページが更新できないという経験はありませんか?
ティファナでホームページ更新システムを導入すると、誰でも簡単にホームページの更新作業が行えるようになります。原稿を書いた方が直接更新するなど、更新担当者に頼ることなくホームページの更新ができます。
ホームページ更新システムの弊社パッケージソフト『コンテンツアッパー』の操作イメージ

 

ユーザーに必要な情報をタイミングよく配信

ユーザーにとって、ホームページは最新の情報を得るためのツールでもあります。ユーザーが求める最新情報をいち早く提供できなければ、顧客満足度は下がります。
商品発表の時期と合わせたホームページの更新や、天候に応じたイベント開催可否などのホームページの更新など、ユーザーが求める情報を状況に応じてタイミング良く更新することで、ユーザーの満足度向上(CS)を図ることができます。CMS構築はそれらを可能にします。

完成度の高いページをCMSで自動的に生成します

ホームページの更新時、レイアウトが崩れたり、ファイルが壊れたりしないか不安になることはありませんか?
ティファナでは、ホームページ更新システム(CMS)導入時に、ホームページ制作のプロがテンプレートファイルを作成するため、更新時の完成度を保つことができます。
テンプレートを使用することでデザインの一貫性が保てるため、自社で更新することによってデザイン性がなくなる、レイアウトが崩れるなどの心配もありません。
また、導入時にはティファナのシステム担当者がホームページ更新システムの操作方法をレクチャーするので、安心してお使いいただけます。

日本オラクル株式会社のコンテンツ管理システム「Oracle WebCenter Content (旧:Oracle UCM)」を利用した、システム構築も行なっております。
CMS(Webコンテンツ管理システム)機能とECM(企業コンテンツ管理)機能を備えた高機能システムで、Webサイト管理の関連業務まで含めた効率化をご提案いたします。

関連リンク

0

コンバージョンアップのための3ステップ!前のページ

LINE ~拡大するコミュニケーション~次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    Webデザインで使える配色ツール5選!

    みなさんはじめまして。デザイナーの松田です。今回はタイトル通り、W…

  2. Web関連

    映画のWebプロモーションを調べてみた!(2)

    どうも!好き勝手なテーマで記事をちょこちょこ書いている コンサル(仮)…

  3. Web関連

    恋愛から学ぶ3つの法則!? つながるコンテンツマーケティング。 届けようその気持ち!!

    実は、コンテンツマーケティングは恋愛と類似する点が幾つかあると…

  4. Web関連

    ポケモンGo!田舎でやってみた!

    何かと話題のポケモンGoですが、正直私はポケモン世代でもなければ、興味…

  5. Web関連

    iPhone 6sが気になる!!

    iPhone 6sが気になる!!アップルからiPhone 6sが発売…

  6. Web関連

    PCサイトとスマートフォンサイト

    みなさん、少し前にGoogleが重要なアップデートがあったのは覚えてい…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ECサイト レスポンシブデザイン化のメリット・デメリット
  2. Web関連

    ウェディングトレンドとマーケティング
  3. Web関連

    富士山から習うサイトのモバイル対応の必要性
  4. Web関連

    ポケモンgoを使った集客方法を考えてみた
  5. AI関連

    人工知能(AI)がクレーム対応にはベター
PAGE TOP