Web関連

Web制作会社の現在・未来について

0

#目次
___
– 東京にあるWeb制作会社の社数とは?
– Web制作会社のこれまで
– Web制作会社の現状について
– Web制作会社が生き残るためには
#東京にあるWeb制作会社の社数とは?
___
東京にあるWeb制作会社の数を調べたところ、 2,200社(2020年2月現在)ほどありました。
因みに、全国では、5100社(2020年2月現在)ほどありました。
ティファナ・ドットコムは、東京に事務所を構えておりますので、2,200社の中で競争する必要があるわけです。
クライアント様のニーズが多様化している時代、そのニーズに合わせたWebを作る必要があります。
Web制作会社の特徴として、
– Web制作はできるが、課題解決型の提案はできない
– Webマーケはわかるが、制作、開発はできない
– SEOはできるが、制作、開発はできない
– 制作、開発はできるが、運用はできない
– 制作、開発はできるが、ライティング、撮影はできない
などがあげられると考えています。

業務範囲 企画 設計 デザイン HTML 開発 保守マーケティング
A社
B社
C社
D社
E社
F社

クライアントのニーズは、各種問題をWebで解決してほしいのであって、決して上記のようなスキルセットを制作会社に求めてはおりません。
あくまで手段であって、目的ではないということです。
#Web制作会社のこれまで
___
私がティファナ・ドットコムに入社したときは、Webサイトを作れば売れる時代でした。
そもそもWebサイトが存在していなかったので、極端に言えば何を作っても喜ばれました。
その後、中小企業含め、どの企業もWebサイトを持つことになりました。
すると、今度は質を求められます。
Webサイトの予算は変わらず、質を要求されるので、Web制作会社は色々な知恵を使い、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入しだします。
質をある程度達成した後は、Webサイトで
– 集客したい
– 新規顧客数を増やしたい
– 顧客満足度を上げたい
– 潜在顧客層にリーチしたい
という課題をWebで解決してほしいとクライアントから要求されます。
ですが、当時のWeb制作会社には、Webを作る技術・ノウハウがあったとしても、顧客のビジネスを理解するスキル、マーケティングのスキルを持ち合わせていない場合が多く、コンサルティング会社、マーケティング会社、SEO会社が勢いを増してきます。
– コンサルティング会社+Web制作会社
– マーケティング会社+Web制作会社
– SEO会社+Web制作会社
という組み合わせでプロジェクトを進行するケースが多くなりました。
ただ、各企業それぞれ文化が違うので、トラブルが発生します。
案件進行のトラブルだけではなく、予算配分についても多くの課題を抱えました。
クライアントにとっては、大変迷惑なお話ですが、実際ございました。
実際、私は、コンサルティング会社、マーケティング会社、SEO会社のご担当者に
– Web制作会社さんは、マーケティングとか分からないですよね?
– 何ですか、この作りは?SEOを全く考慮されていないですよね?
– ペルソナ、ターゲティング、ポジショニングを理解されていますか?
– 何のためのサイトなのか?考えていないので、こんなWebサイトになってしまうんです!
ということを言われた経験があります。
当時、クライアント様の前に言われたので、余計恥をかいた記憶があります。
私は、大変悔しい思いをしました。
「ようは、馬鹿ということを遠回しにいっているんだよね?」と自分に問いかけました。
「よし、勉強しよう!」という決意を固めました。
#Web制作会社の現状について
___
弊社には、毎日数十件のアライアンス(問い合わせ)がメールできます。
内容の大半は、Web制作会社から「お仕事をください!」という内容です。
冒頭部分で、東京にあるWeb制作会社の社数は、2,200社あり、仕事を依頼する物量と仕事を受ける受け口とのバランスが崩壊しているということです。
Wix、ペライチ、jimdoのような誰でも簡単にWebサイトを作れるインフラが整っています。
わざわざWebサイトをWebサイト制作会社に依頼する必要はないのです。
最近、某Web制作会社のサイトを閲覧していたのですが、「Wixを使って格安ホームページを作ろう!」「誰でも簡単にできるペライチを使ったWebの作り方!」のようなサービスがラインナップされておりました。
「うーん、Web制作会社の存在意義って何だろう!」「もう、Web制作会社はオワコンなのか?」と自問自答しました。
#Web制作会社が生き残るためには
___
Webサイトを制作するスキル、手段については、ネットに存在しており、誰でも閲覧でき、学べる場は用意されています。
顧客視点で物事を見ていきましょう。
Web制作会社にコンサルティング、マーケティングの知識がないから、
– コンサルティング会社+Web制作会社
– マーケティング会社+Web制作会社
– SEO会社+Web制作会社
という座組をしないと、顧客のニーズを満たすWebサイトが作れないのです。
ですが、上記のような座組の場合、当然予算が高くなってしまいます。
このようにWeb制作会社には、Webだけを作れる知識ではなく、コンサルティング、マーケティングの知識も必要とされています。
コンサルティング、マーケティングの知識があり、提案力もあり、コミュニケーションもできるWeb制作会社しか生き残れない時代です。
東京にあるWeb制作会社の社数は、2,200社ありますが、2年後、3年後には、この半分になっていくと思っております。
皆さん、勉強していきましょう!

0

AIが日本を救う? AIとSDGs(エス・ディー・ジーズ)前のページ

AIさくらさんを導入することによるメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    IoT時代のICT基盤、5G

    5Gって何?日本では、今年開催される予定の東京オリンピック・パラリ…

  2. Web関連

    パンフレット・カタログ制作とホームページ制作を別会社に依頼するリスクは?

    ティファナではホームページ制作の他、パンフレット制作も行っています。…

  3. Web関連

    東京オリンピックに向けインバウンド対策を!

    2015年を迎え、2020年の東京オリンピックまで…

  4. Web関連

    Webデザインの95%はフォントで決まる?!Webデザイナーなら知っておきたい3つのポイント

    Webデザインの95%はフォントで決まる?!Webデザイナーなら知って…

  5. Web関連

    オンリーワンと地道なチューニング

    2015年10月28~30日に国際展示場で行われた展示会にティファナも…

  6. Web関連

    目の疲れをスッキリ!!これで疲れ目解消!

    最近、あなたの目はお疲れではありませんか?パソコンの長時間使用により起…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 持つべきなのか?運転免許証+マイナンバーカード
  2. RPAから始める業務効の自動化 働き方改革への選択肢の一つに…
  3. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  4. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  5. スマートストアにより、小売業は激変する

アーカイブ

「いいね」を押された記事

  1. Web関連

    面白い海外の採用サイト集
  2. Web関連

    WordPressを使った簡単なオリジナル(っぽい)フォトブログ制作2
  3. Web関連

    Webシステムを安く、早く、便利に使えるASPサービス
  4. サービス・新技術

    医療従事者を救うのは、ロボットだというハナシ
  5. Web関連

    2016年はVR元年?WebにVRは来るか
PAGE TOP