Web関連

売れるキャッチコピーを作る法則とは…

0

皆さん、こんにちは。展示会で呼び込みをしてました坂元です。

突然ですが、みなさんは売れるキャッチコピーを作れますか?
昨年秋、ティファナも展示会に出展して、空き時間に周りの企業さんを色々と見てきました。
展示会で見たキャッチコピーはどれも同じに感じました…。
そこで、「売れるキャッチコピーとはどんなものなのか…?」気になったのでコラムを書いてみました!

「あ~!これを言われると気になっちゃうよね!」と思うようなキャッチコピーを作れるかもしれません!

sakamoto_catchcopy01.jpg

キャッチコピーの役割

売れるキャッチコピーを作る前に…
みなさんは、キャッチコピーの重要性ってご存じですか?

ひとことで言うと、「キャッチコピーは企業の顔になる言葉」です。
テレビなどで流れているCMでも、キャッチコピーが使われていることがあります。
そのキャッチコピーには、企業からユーザーに向けたメッセージが込められているのです。

例えば、ビールで有名なアサヒさんが2013年度に掲げていたキャッチコピーは、
「すべては、お客さまの「うまい!」のために。」です。
このキャッチコピーをみて、「あー美味しいビール作っているんだろうな。」とユーザーは連想するものです。

企業の業種や職種によって売れるキャッチコピーはバラバラですが、キャッチコピーが変わるだけで売上にも変化があると言われています。
売れるキャッチコピーで、集客や売上アップをしていきましょう!

ではここからは、売れるキャッチコピーを作るための法則をご紹介しようと思います!

ターゲットを明確にする

まず初めにやる事としては、「ターゲットを決めること」です。

誰からも好かれるキャッチコピーを作るのは難しいです。
しかし、自社の目指すターゲット像を具体的にすることで、ターゲットとしたユーザーに刺さるキャッチコピーを作ることが出来ます。

例えば、英語が苦手な人がいた場合、「誰でも分かる英語の本」と「英語が苦手な人でも分かる英語の本」という2冊の本があったとします。
皆さんの場合、どちらを手に取りますか?
ほとんどの方は「英語が苦手な人でも分かる英語の本」の本をとると思います。

ターゲットとするユーザーを明確にすることで、受け取り側の感覚を理解して、より刺さりやすいキャッチコピーを作ることが出来ます。
そのため、ユーザーを明確にすることは重要なのです。

ユーザーニーズを追加する

商品や企業を売り込むためには、商品の特徴をただ並べるだけでは意味がありません。
なぜなら、商品の機能や特徴などのメリットを並べるだけでは、ユーザーは魅力を感じないからです。

Web制作でも大切なのですが、ユーザーは「自分の悩みを解決できるもの」を求めています。
そのため、ユーザーの問題解決になる言葉を抑えて作ることが重要です。

ちなみに、こんなマーケティングの格言があります。
「ドリルを買う人が欲しいのは、ドリルではなく穴である」
ユーザーが本当に求めるものを見抜く力が必要なのです…!

言葉の法則

売れるキャッチコピーには幾つかの「言葉の法則」があります。
それは、〇〇から始める言葉です。

例えば、
・ご紹介
・新
・いま、さあ、ついに
・日付や時間
・割引情報
・無料提供

まだまだありますが上記のような言葉を使うことが多いです。

上記の言葉を使うとすれば…
「新登場、暑い季節にピッタリの炭酸飲料!」、「有名ブランドのボトムが半額セール」、「3ヶ月無料購読期間中!」
などなど、このようなキャッチコピーを見たことありますよね。

上記の言葉を最適な形で組み合わせて使うことで、
売れるキャッチコピーを作ることが出来ます!

まとめ

最後になりますが、今までご紹介した形でキャッチコピーを作ってみてください。
自分で「これだっ!」と思うものが出来ているはずです。

また、たくさん作られたキャッチコピーは、一度寝かせてからもう一度見てみましょう。
ユーザー目線に立ったとき気になると思ったものが、売れるキャッチコピーです!

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Webマーケティング支援

0

ネット上だけではない?あなたの会社はセキュリティ対策できていますか?前のページ

近ごろ話題のワークショップ型ディスカッションを考えてみた次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    赤ペン先生は消滅する!?学習システムはeラーニングが主流!

    昨年急成長した「eラーニング」の市場規模、皆さんはどの程度把握していま…

  2. Web関連

    顔までも分かる!?DNAの可能性とは。

    はじめまして!映画が好きなコンサルの瀧川です。唐突ですが今回はDNA…

  3. Web関連

    ECサイトの売上をわずか2ヶ月で130%アップさせたTESCOのO2O戦略

    こんにちは、上京の折、様々な街に足を運ぶ機会が増えましたが、買い物は断…

  4. Web関連

    怪談話の作り方 ~背後に気を付けてお読みください~

    日本の夏の風物詩のひとつ、「怪談」。まぁ、このコラムがアップされている…

  5. Web関連

    最新の情報に敏感…!美容室のIT活用とは?

    最新の情報に敏感な方は結構多いですよね。そんな方は、デザイナー系の方に…

  6. Web関連

    気を付けて!常時SSL移行に失敗しないための4つのチェック項目

    最近、Googleが常時SSL対応しているサイトを、検索結果で優遇させ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    スポーツから考える、機械による自動化について
  2. Web関連

    そのオムニチャネル、大丈夫ですか?
  3. Web関連

    「早い!安い!うまい!?」Twitter広告のあれこれ
  4. Web関連

    Webマーケティングには必須!間接効果を可視化するアトリビューション分析をやって…
  5. Web関連

    Web制作における品質管理の問題点と解決方法
PAGE TOP