Web関連

今、メルマガが抱える問題点。開封率と到達率!?

0

ozaki_201512161.jpg

こんにちは、自社発信でメルマガができないかと、色々調べまわっている尾崎です。

低コストで集客ができるメルマガはほとんどの企業が活用していますが、ただ闇雲に送るだけでは意味がありません。

どれだけの人が読んだのか、いつ、どの部分をどんな人が読んだのか、ユーザーの特性を理解し、ターゲティングする事で、メルマガは初めて効果が出るのです。

今回は、そんなメルマガでよく重要とされている「開封率」について書いてみたいと思います。

ozaki_201512162.jpg

メルマガで最初にぶつかる「開封率改善」

「開封率」とは、読んで字の如くどれだけの人がメルマガを開封したのか、という割合です。

どれだけ質が良くて、面白いメルマガを作っても、それを開いて読んで貰えないと意味はありません。

メルマガ担当者が最初にぶつかる問題がこの開封率の改善です。

開封率を上げるには?

開封率を上げるには大きく分けて以下の2つが有効とされています。

・件名を魅力的なものにする
例)「今日だけのお得情報」「締め切り間近!今だけ無料」「あなただけに送るオススメ情報」など

・配信時間を工夫する
例)サラリーマン向けなら、朝と夕方の通勤時間に配信。専業主婦なら家事が落ち着く午後2時ぐらい。

メルマガを誰に送るか、読む人は何を魅力的に感じるか、読み手のそういう視点で考えることがポイントです。

開封率の仕組み

そもそも開封率はどうやって割り出しているのか、その仕組みの説明がまだでしたね。

開封率はPC・スマートフォンのHTMLメールを使った時、割り出すことができます。

HTMLのメルマガでは、ユーザーがメールを開く=画像を読み込むことになります。画像を読み込むという事は即ち画像をサーバーに問い合わせている事になります。

このサーバーへのアクセス数を「開封数」とし、実際に配信した総数との割合が「開封率」です。

ただ、最近のメールソフトはデフォルトで画像の読み込みがOFFになっている場合があるので、画像を読み込まずにメールを開いている人が出てきます。これは、サーバーへのアクセスが発生しないため、開封数としてカウントすることができません。実際に開封数を集めた時は、この点も考慮して、余分に見積もっておいた方がいいでしょう。

メルマガで次にぶつかる「到達率」

開封率がわかったら次は到達率です。

これは先に仕組みを話すと、ユーザーのメールボックスに届いているメールの割合です。つまり、送信先の多くが受信拒否設定をされている場合は、この到達率が下がることになります。

この到達率を下げないこともメルマガ戦略にとっては重要です。

到達率を下げないためには?

到達率を下げないためには、どうすればいいでしょうか。

例えば、毎日勧誘系のメールが送られてくると、あなたは真っ先に受信拒否設定をしますよね?読む気もしないし、毎日来るのは鬱陶しいものです。

・しつこいメールは受信拒否される。

人にも寄りますが、毎日または2日に1回送られてくるメールは、人にとっては受信拒否設定の対象になりやすいです。そういう場合は、配信する頻度を下げてみるのも大事です。たくさん送ると逆効果になりやすい、ということですね。

・言葉次第では、一発でスパムメール扱い

世の中には色々なメルマガがあります。そのため、メールソフトには「迷惑メールフィルター」なるものが搭載されています。これは特定のキーワードが含まれているメールを自動的に振り分ける便利な機能です。特にスパムメールによく使われている「○○無料」「即日○○」「○○するだけ」のようなキーワードが含まれていると、メルマガを配信してもユーザーの受信箱には届かず、そのまま迷惑メールとして勝手に処理されてします。実は、この「迷惑メールフィルター」にひっかかっているかどうかは、解析が難しいとされていて、実際に届いているのに迷惑メールになって見られていないメールが多く存在するようです。

ozaki_201512163.jpg

大事なのはファンをつくること

上述した「到達率」はなかなか改善することが難しく、そこに時間とお金をかけるより、新規会員獲得や、開封率の改善に力を入れるのが今の一般的な対応策のようです。

言わずもがな、ホームページや広告とは違い、メルマガは直接個人に届く、One to Oneのマーケティング手法です。何百、何千、何万の全世界にいる会員に向けて一斉に自社の魅力や製品・サービスをプロモーションできるのですから、コストや手間を惜しんでも取り組む価値は高いです。

もちろん、その分競合しているメールも多く、いかに自社のメールを読んでもらうかが鍵になるわけですね。

「大事なのはファンをつくること」

メルマガも新聞と一緒で、毎日読んでもらえるような価値を提供し、それを自社の商品やサービスに繋げることで、継続して利用してもらえる優良顧客を獲得できます。

大事なのは分析とターゲティングですが、この辺りのお話は次回のコラムでご紹介しましょう。

以上、未来のティファナメルマガ担当の尾崎でしたー。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ビッグデータ活用支援
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの有効活用

0

みんな大好き!スターウォーズの見どころを語ってみた前のページ

オンライン学習のメリットとデメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    大手企業が実践しているリターゲティング広告をする2つのメリット

    ここのところずっと駅のお花屋さんにある、季節ごとの様々な花に目が奪われ…

  2. Web関連

    音楽だけじゃない!映像美にもこだわったミュージックビデオベスト5

    どうも、小学生の頃は音楽が好きで常にラジカセ10個とプレイヤーを携帯し…

  3. Web関連

    テレビCMとは違う?動画広告の面白さとは

    皆さんは1日にテレビ以外の動画をどれぐらい見ていますか?1時間も見…

  4. Web関連

    ウェディングトレンドとマーケティング

    こんにちは。ジューンブライドという言葉がありますが、私は5月・6月と友…

  5. Web関連

    地方が本気出してきた!やはり動画のインパクトは強い・・・!

    以前、こちらのコラムで、広島県尾道市が猫の目線で街をPRするおもしろマ…

  6. Web関連

    ホームページ更新の手間を省きたい(CMS構築)

    誰でも簡単にホームページを更新できるCMS導入のご提案更新の手…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    身近なWebビジネスを考えてみた。~飲食店のタッチパネル注文~
  2. AI関連

    【人工知能(AI)×顧客獲得】Web新規顧客獲得の新しい形
  3. Web関連

    忙しいビジネスマンにオススメ!のLINEのサービス
  4. Web関連

    ターゲットを見極めてWebサイトの売り上げ大幅アップ!「男女」のニーズを把握する…
  5. Web関連

    ティファナも使っているCMS、Movable Typeの特徴とは?
PAGE TOP