Web関連

おいでよ、ミクロネーション!

0

こんにちは。
イギリスの正式名称を暗唱できる真野です。
今回のコラムはフリーダムに書いて良いよー!と編集部からGOサインをいただきましたので、
大好きなミクロネーションについて書いていこうかなと思います。
とは言ってもWeb制作会社に所属している社員の端くれとして、
なにかしらWebに絡めてミクロネーションを紹介していこうと思います。

そもそもミクロネーションとは?

そもそも皆様はミクロネーションをご存知でしょうか?

ミクロネーションとは…
 モデル・カントリーや新規国家プロジェクトとも呼ばれ、
 独立国家または州と酷似しているが、
 各国の政府や国際連合をはじめとする主要国際機関によって承認されていない実体である。
 別名ミクロ国家、自称国家とも。
 (wikipediaより)

独立国として宣言を行ったが、承認されていないちょっと可哀想な気がする国のことですね。
当の本人たちはいたって真面目なのですが、
如何せんそのゆるさと小規模さ(例:自分の家族のみが国民)に他の国家には認められないという…。
なお、日本にもミクロネーションが存在しており、
かつて話題になったニコニコ共和国を始め、今でも活動を続けているカシオペア連邦などが挙げられます。
一時期、村興し的なノリで量産されていたようです。
では説明はこのぐらいにして、実際にミクロネーションの紹介に入っていこうと思います。

芸術家が立ち上げたネット国家 ラドニア

1番最初に紹介するのはラドニアです。
元々は、スウェーデン南部にある自然保護区内に無断で芸術作品を作り上げていた芸術家が、
勝手にネット上で独立宣言しちゃった、という国です。
独立までの流れからしてジョークじみているのですが、
更に面白いのがこの国、なんと市民権の申請も受け付けているのです。
開始当初は受理まで行っていたそうですが、実際に難民からの申請が相次ぎ、
主催者が公式的に「これはジョークである。」と発表するまでになったそうです。
ちなみに公式Webサイトは中々のクオリティー。
建国した人が芸術家だけあってお洒落ですね。

mano_201511271.png

http://www.ladonia.org/

自宅前に道路ができなかったから独立 ワイ公国

次に紹介するのはワイ公国です。
ミクロネーションの中でも中々のぶっ飛びエピソードを持つ国です。
元はオーストラリアのシドニー郊外にあるモスマン市だったのですが、
自宅前に道路が敷設されなかったことに腹を立てた一家が独立宣言を行い、
時のモスマン市長がそれを正式に受理したことから誕生したそうです。
また、国王(一家の父親)は兼業として美術学校の先生も行っているそうです。
国王と美術教師、まさに二足のわらじを履いていますね。
また、独自の貨幣や国歌もあるようですがどのタイミングで使うのでしょうか…。
ちなみにオーストラリアはミクロネーションに寛大なようで、
そこかしこで独立宣言がされているそうです。

mano_201511272.png

http://principalityofwy.com/

合法的に身分が買える親日ミクロネーション シーランド公国

シーランドは、イギリスがかつて第二次世界大戦で沿岸防衛の拠点として使用していた海上要塞なのですが、
戦後、放棄されていたところを元イギリス陸軍少佐が目をつけ、独立宣言を行った国です。
シーランドの特徴はなんと言ってもウェブサイトで身分が買えることです。
公式ウェブサイトで爵位や騎士の称号を販売しているため、
その気になれば貴族や騎士に合法的になれるのです!
中二心が疼いて止められません…!ほしい…!
また、親日国家ならぬ親日ミクロネーションとしても有名で、
日本人漫画家が描いたシーランド擬人化キャラを公式キャラクターに選んでいたりします。

mano_201511273.png

http://www.sealandgov.org/

世界にはまだまだ面白い国がいっぱい!

さて、今回のコラムは如何でしたか?
今回紹介できたミクロネーションは3つだけでしたが、
世界にはまだまだたくさんのミクロネーションが存在しています。
そしてそれ以上にたくさんの国が存在し、各国が特色を持っています。
それを観察したり比較するのって、
自分の知らない世界が広がっていってとっても楽しいんですよ!

mano_201511274.png

以上、国民性比較が大好きな真野がお送りしました。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Webデザイン制作
多言語翻訳対応

0

現場レベルのデータ分析。セルフサービスBI活用シチュエーションを考えてみた前のページ

ショッピングカートシステムのまとめ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. SEO関連

    無意味なSEOはもう要らない!Web制作のプロがこっそり教えるSEO対策

    皆さん、無駄なSEO対策は行っていませんか?検索エンジンで上位…

  2. Web関連

    なぜ無料なのか理解出来ない! 3DCGソフトblender

    ほんとにびっくりなんですが、恐ろしく多機能で全部入りの3DCGソフトb…

  3. Web関連

    スマートフォンアプリ広告で新たな利益獲得!

    突然ですが、スマートフォンアプリを無料で提供しても、利益を得ることがで…

  4. Web関連

    One to Oneマーケティングへの道(2)~個をターゲットにした広告「DSP」~

    前回からの続きで今回もOne to Oneマーケティングについてです。…

  5. SEO関連

    「とりあえずコンテンツを増やす」は危険!?パンダに負けないSEO対策とは?

    「パンダアップデート」という言葉を見聞きされること…

  6. Web関連

    初心者Webデザイナーおすすめ!Webデザインのコツ

    今回は、初心者Webデザイナーの方々に向けて、Webデザインのコツをご…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    CMSとしてのWordPress導入
  2. AI関連

    これからの農業に欠かせないドローン技術
  3. Web関連

    思い出をショートムービーに残してみた
  4. Web関連

    web担当者必読!注目のLINE@ 企業のビジネス活用まとめ
  5. Web関連

    キャッシュレスの時代に備えて、キャッシュレス決済について知ろう!
PAGE TOP