Web関連

WEBサイトの障害対応に使えるコマンド

0

自身の管理しているWEBサイトにつながらなくなったりした場合、皆さんはどうしていますか。
サーバーの管理を全てサーバー会社にお任せしているのであれば、サーバー会社に問い合わせる、というのが一番多い答えだと思います。しかしWEBサイトにつながらなくなるといっても様々な原因があり、サーバー会社に問い合わせても解決しない事もよくあります。

サーバーのトラブルだけでなく、ネットワークトラブル、ドメインに関するトラブル、またはWEBサイト内のシステムトラブル等、WEBサイトにつながらなくなる理由は様々です。

WEBサイトの運営が会社の収益に直結している場合、障害の原因をいち早く見つけ、適切な処置をとらなければいけないのですが、トラブルシューティングに対する知識がなければなかなか原因を究明できず、復旧に時間がかかってしまうと思います。

今回はそんなWEBサイトにつながらなかったときのトラブルシューティング(原因究明)で役に立つ、Windowsに必ず入っているコマンドプロンプトで利用できるコマンドを紹介します。

WEBサイトとの疎通確認を取るPINGコマンド

WEBサイトへつながらなくなった際にサーバーにトラブルがないか調べるのに一番使われるのが「PING」コマンドです。
「PING」コマンドは少ないパケットでサーバーの疎通確認をとることができるため、定期的なサーバーの稼死チェックをする場合にもよく使われています。
※Firewall等でPINGの通信を遮断されている場合は利用できません。

コマンドプロンプトで次のようなコマンドを打つことで調べる事ができます。
ping [ドメインもしくはIPアドレス]

r-hashimoto_2015_9_2_001.png

このように応答時間が返ってくればサーバーとの疎通確認が取れているといえます。

以下のように返ってきた場合は疎通確認が取れていないことになります。

r-hashimoto_2015_9_2_002.png

PINGコマンドはサーバーだけでなく、サーバーとの間にあるネットワーク機器に対しても疎通確認をとることができるため、サーバーにつながらなかった場合は自分の所属するネットワーク上のゲートウェイに対してPINGコマンドで疎通確認をとってみるのもよいでしょう。

PING通信でドメイン、IPアドレスどちらでもサーバーにつながらない場合は、サーバーに障害が起きている可能性が高いため、サーバー会社に問い合わせてみたり、自社でサーバーを管理している場合はアクセスしてサーバーの状況を調べてみたりするのがよいと思います。

IPアドレス解決を調べる「nslookup」コマンド

サーバー障害以外でWEBサイトへの接続ができなる原因の一つとして考えられるのは、ドメインがIPアドレスに変換できているか、ということです。

昨今ドメインでWEBサイトにアクセスすることが当たり前になってしまい、WEBサイトにアクセスする際、WEBブラウザがドメインをIPアドレスに変換してからサーバーにアクセスしているということがあまり認識されていないと思います。当たり前ではありますが、ネットワークの性質上「ドメイン」が「IPアドレスに」変換できなければサーバーにアクセスできません。
ドメインの有効期限が切れていたり、DNSサーバーに何かしら障害があったりする場合には「ドメイン」→「IPアドレス」の変換が正常に行われず、WEBサイトにアクセスできなくなるということがよくあります。

「ドメイン」→「IPアドレス」の変換はコマンドプロンプトで
nslookup [WEBサイトのドメイン名]
とコマンドを打つことで調べる事ができます。

r-hashimoto_2015_9_2_003.jpg

正しくIPアドレスが返ってくれば正常に「ドメイン」→「IPアドレス」の変換が行われています。
以下のようにIPアドレスが返ってこず、「No response from server」等とエラーが出る場合は、「ドメイン」→「IPアドレス」の変換がうまくいっていないために接続できていないことになります。
この場合、自身が参照しているDNSに問題がある可能性もあるため、念のため別のDNSサーバーでも同じように変換がうまくいっていないか調べます。

nslookup [WEBサイトのドメイン名] [別のDNSサーバー]

r-hashimoto_2015_9_2_004.png

これでつながらないとわかったら、ドメインの有効期限が切れているか、ドメインを管理しているDNSに問題があるため、ドメイン管理画面で有効期限を調べたり、ドメイン管理会社に問い合わせるのがよいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はWEBサイトにつながらなかった際の問題の切り分けとして使えるコマンドを紹介してきました。
はじめに書きましたが、一概にWEBサイトにつながらないといっても様々な問題が考えられます。そのため、復旧作業自体はサーバー会社やドメイン会社の専門家に任せるにしても、原因がわからなければどこに問い合わせをすればよいかわからず、復旧に時間がかかってしまいます。
WEBサイトにつながらない原因がサーバーにあるのか、それともドメインにあるのか、だけでもわかれば、障害時の初動が変わってくると思います。コマンドプロンプトはちょっと苦手、という方も今回紹介した「ping」「nslookup」コマンドはそんなに難しくないため覚えておいてはいかがでしょうか。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

システム開発・システム構築

0

プロジェクトマネジメントについて考えてみよう前のページ

Webアクセシビリティの重要性次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    苦情対応はその場だけではない!苦情対応のポイント

    「苦情」というものは、教育現場から企業活動など様々な場面で発生いたしま…

  2. Web関連

    顧客ロイヤリティを上げる為に…信頼されるWebサイトを 作るのに必要な「4種の信頼」

    良くWebサイトを制作するときに「信頼感のあるサイトにしたい。」といっ…

  3. Web関連

    就職活動解禁直前!知っておくとライバルに差をつけられるメールマナー

    こんにちは、採用担当の真野です。最近では、内定者への連絡や次年度へ向け…

  4. Web関連

    バレンタイン? なにそれ、美味しいの?

    ついに、今年もこのイベントがやってきましたね。「2月14日」そうです、…

  5. Web関連

    怪談話の作り方 ~背後に気を付けてお読みください~

    日本の夏の風物詩のひとつ、「怪談」。まぁ、このコラムがアップされている…

  6. Web関連

    今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方

    Amazonが配達に利用する意向にあるなど、今後の利用シーンが期待され…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    【Web制作】マーケティングオートメーション(MA)ツールの世界導入シェア
  2. Web関連

    人材不足の解決策!? “HRテック”が人事業務を変える
  3. Web関連

    そもそもUI/UXデザインって何?
  4. Web関連

    マーケティング大成功!人気アニメ作品はなぜ「人気」となったのか?
  5. Web関連

    Webデザイナー必見!構図をマスターする黄金テクニック
PAGE TOP