Web関連

WEBサーバーの設定に便利な.htaccessの使い方

0

WEBサイトを運営するにあたって、切り離せないのがWEBサーバーの設定です。
自身でサーバーを構築する場合はもちろんWEBサーバーの設定を自分で行う必要があるのですが、共有ホスティングサービスやフルマネージドの専用サーバー等、すでに設定がされているサーバーでは契約すればそのまま利用できるため、あまり意識せず利用している方も多いのではないでしょうか。
しかし、全てお任せのサーバーだったとしても、たまにWEBサーバーの設定を変更したいということがあると思います。そんな時便利なのが「.htaccess」という設定ファイルです。サーバーにもよりますが、この「.htaccess」を使ってWEBサーバーの設定を変できるサービスが多くあります。
今回はその「.htaccess」を使ってサーバーの設定を変更する方法でよく利用するものをまとめます。

 

WEBサーバーの設定を変更する「Option」ディレクティブ

「.htaccess」で設定を変更する中で、まず一番使われるのは「Option」ディレクティブです。
これは「.htaccess」を置いたディレクトリ配下に適用させることができます。

・Options -Indexes
サーバーのディレクトリ内にインデックスファイル(多くの場合はindex.html)がない場合、そのディレクトリの中身を一覧表示させないようにする設定です。標準設定では一覧表示をする設定になっているサーバーもあり、そのままではセキュリティ的に問題があるため上記設定を追加する必要があります。

・Options +FollowSymLinks
後ほど説明する設定のmod_rewriteを有効にする設定です。
最近ではデフォルトで有効になっているサーバーが多いですが、有効になっていない場合、上記の記述をして明示的に有効にする必要があります。

WEBサイトメンテナンス時に使える設定

WEBサイトのメンテナンスを行う場合やリニューアルを行う場合、一時的にサイトをメンテナンス表示に切り替えたい事があります。もちろん自分でメンテナンスページをつくりファイルを差し替えてしまえば良いのですが、全てのファイルをメンテナンスページに差し替えるのは、とても手間で非効率です。
その場合「.htaccess」に下記のように記載すると、どのページにアクセスしたとしても用意したメンテナンスページに自動転送されるようになるため、とても便利です。

———————————————————————
ErrorDocument 503 /maintenance.html
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance.html
RewriteRule ^.*$ – [R=503,L]
</IfModule>
———————————————————————

メンテナンス時でも特定のIPアドレスからはアクセスさせたい場合は下記のようにIPアドレスを設定する事で、特定のIPアドレスからのアクセスは転送されなくなります。

———————————————————————
ErrorDocument 503 /maintenance.html
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance.html
RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=【特定のIPアドレスを記載】
RewriteRule ^.*$ – [R=503,L]
</IfModule>
———————————————————————

PHPの設定を変更する

「.htaccess」を使って、WEBサーバーに組み込まれているPHPの設定を変更することができます。設定を変更するには「php_value」の後にPHPの設定名、設定値を空白区切りで記載します。下記によく利用する設定を記載します

・PHPのエラー表示をされないように変更する。
php_value “display_errors” “off”

PHPの標準設定ではPHPのプログラムエラーがそのまま画面に表示されるようになっています。プログラム開発時にはエラー表示はとても便利なのですが、公開している際に表示されてしまうとサーバー内の情報を開示する事になり、セキュリティ的によくありません。その場合は上記設定をしてエラーが画面に表示されないようにします。

・PHPの利用メモリ上限を変更する
php_value “memory_limit” “16M”

PHPでは実行するプログラムがサーバー上の利用できるメモリのマックス値が設定されています。初期設定では2Mまでしか使えないため、このままでは大量のデータを扱うプログラムは実行することができません。そのような時には上記の設定をしてPHPのメモリ利用量を増やす必要があります。

・セキュアクッキーの設定をする
php_value “session.cookie_secure” “0”
WEBサービスのセッションを保持する際によく利用されるのがCookieですが、これは通信上暗号化されていない通信でもやり取りができてしまうため、あまり好ましくありません。上記の設定をするとセキュアな接続を通じてのみCookieを送信できるようになるため、WEBサイトのセキュリティレベルを高めることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はWEBサイト運営に使える「.htaccess」の使い方をまとめてみました。
もちろん設定できる、できないは契約したサーバーにもよりますが、利用するサーバーの選定目安の一つとして「.htaccess」を利用できるかどうかを入れるのもよいと思います。いくつかよく使う設定方法を記載してきましたが、実際にはもっといろいろな設定をする事ができますので、興味がある人は調べてみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

システム開発・システム構築

0

デジタルコンテンツをカード化するサービス conca(コンカ)とは前のページ

知っておかないと損をするWebフォントとは!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    ITがもたらす自動化の波

    技術の進歩は多くの作業を自動化してくれますのでとても便利です。…

  2. Web関連

    ECサイトの売上を向上させたい 第3回目

    今回が連載の最終回、第3回目となります。テーマは「分析からの効果アップ…

  3. Web関連

    ホームページ制作会社が紹介する3つのブランディングポイント

    流行には常にアンテナを張っていなければいけないお仕事だったりするわけで…

  4. Web関連

    オンライン学習のメリットとデメリット

    昨今、インターネットを通じて学習する方が増えており、受講者も年齢や職業…

  5. Web関連

    web制作の作業効率を大幅に上げる!デュアルディスプレイ実装法

    ティファナ社内では、以前に比べ、ノートPCやタブレットを持っている人の…

  6. Web関連

    ストーリー仕立てでパララックスデザインを活用しよう

    管理部の宮澤です。パララックスデザインは流行り始めてから、多くの企…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    納得!心地よくブログを読んでもらえる2つの工夫
  2. Web関連

    【時期的に見送り…】秋まで待てないVR!今すぐ体験してみたい!
  3. Web関連

    【インバウンド向けWeb制作】ある日突然、何でも無かった場所が観光名所になる!?…
  4. Web関連

    業務を効率化できるサービス 第3回
  5. Web関連

    基本中の基本!webで行う品質を上げるための対策3か条!
PAGE TOP