Web関連

正しいcanonical属性活用でGoogle評価を最適化!

0

みなさんはcanonical属性というものをご存知でしょうか?

Web担当者の方やSEOに携わったことのある方はご存知かと思いますが、意外に内容を把握していない方もいるようです。

今回は、canonical属性をしっかり活用して、Googleからの自社サイトへの評価を最適化しましょうというお話です。

コンテンツ品質の評価方法が変わった

canonical属性を使用すると、Googleにインデックスされているコンテンツの重複を改善できるのです。

コンテンツが大量に重複してしまうと、サイト自体の評価が下がり、検索順位が下落してしまいます。

たとえばECサイトを運営している場合、同じ商品でも色違いのパターン商品が多数存在することがあります。
こういったページのコンテンツを見てみると、掲載されている説明文はまったく同じで、色名の部分だけがユニークという、コピーコンテンツとみなされても仕方が無いようなページが大量に存在することがあります。

これまでは、上記のようなページが存在していても、どうすることもできなかったのですが、canonical属性の登場により、こういった問題が解決できるようになったのです。

canonical属性はコンテンツ重複の救世主!?

canonical属性の活用の仕方を、先ほどの商品ページを例として挙げて解説してみます。

たとえば、Tシャツを販売しているサイトがあったとしましょう。
ベースとなる商品は白いTシャツです。そしてこのTシャツには、白以外に赤、青、紺、黄色、グレー、オレンジ、ピンク、グリーンなど、色のバリエーションが多数存在しています。
これらのページを普通に作成すると、色以外の情報がまったく同じ商品ページが複数存在することになります。

一部が重複しているような場合はそれほど問題はありませんが、こういったパターンのページが大量に存在する場合、Googleから重複コンテンツページという評価を受けてしまうと、順位に影響が出てしまう場合があります。

canonical属性はとても簡単に導入できる!

上記のような場合に、いよいよcanonical属性の登場です。
たとえば、白いTシャツがベースとなる商品で、その他の色の商品のページはバリエーションパターンのページであった場合は、白以外の商品のページに、canonical属性を設定します。

そうすることで、Googleは白いTシャツのページをメインページとして認識し、その他の色のページは、白いTシャツのページの付属ページであると認識してくれるため、不要な重複コンテン化を防止することができるのです。

しかも、canonical属性は、システムの改修などは必要なく、該当するページにタグを張るだけですので、HTML修正ができる環境さえあれば簡単に設定ができます。

 

まとめ

コンテンツやmeta要素、見出し要素などの大量重複は、SEO対策を考えた場合、Googleからの評価がマイナスとなる可能性があります。
canonical属性をうまく活用し、サイトのコンテンツ要素を正常化することで、Googleから適切な評価を受けることができ、検索順位が上がっていく可能性がありますので、改めて現状サイトの状況を見直してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

SEO対策・SEMサービス

Webコンサルティングサービス

Webマーケティング支援

関連コラム

SEO対策で文章作成に困ったときに使える3つのポイント

第1回 ここがヘンだよSEO対策!?

第2回 ここがヘンだよSEO対策!?

0

苦情対応のための社内の仕組みづくりとは前のページ

費用対効果抜群!リマーケティング広告について次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    新しい腕時計が欲しい。何を買うか迷っています。

    こんにちは、システムエンジニアの小森です。今回はApple Watch…

  2. Web関連

    騙されるな!ネットのデマで人が死ぬ時代。デマに振り回されないために

    大量買いしましたか?トイレットペーパー。26度の白湯飲んでみちゃっ…

  3. Web関連

    最近流行のゴーグルみたいなアイツ

    知っている人は知っている最近、こんなのが流行っていますが、皆さんご存…

  4. Web関連

    まるでおうちがアクアリウム?家から楽しめるオンライン水族館!

    新型コロナウィルスの影響で、「Stay Home」「おうち時間」という…

  5. Web関連

    身の回りにあふれるビッグデータとは?

    新聞やニュースではビッグデータという言葉をよく耳にします。なにやら曖昧…

  6. Web関連

    どうなるVR競争?GoogleがVRゴーグル開発から撤退

    みなさんは「VR」はご存知ですか?去年から映像業界に革命をもたらす!と…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    乗り換えるか迷う!「格安SIM」「格安スマホ」の基礎知識
  2. Web関連

    モバイルフレンドリーについて
  3. Web関連

    WEBサイトの障害対応に使えるコマンド
  4. AI関連

    無人コンビニとAI|省人化をAIは進めることができるのか?
  5. Web関連

    リクルートサイトと採用ポータルサイトの役割
PAGE TOP