SEO関連

あなたのサイトは大丈夫?リスクだらけのブラックハットSEO

0

SEO対策の中には、ブラックハットと呼ばれるものが存在します。
一般的な呼称としては、「スパム対策」などのほうが馴染みがあるかもしれませんね。

カンタンに言いますと、まっとうなSEO対策ではなく、GoogleがNGとしている不正なSEO対策のことです。
具体例を一部挙げると、隠しテキスト、隠しリンク、不正リダイレクト、クローキングなどが該当します。

いわゆるブラックハットと呼ばれるようなSEO対策が通用していた時代もありましたが、昨今ではGoogleの取り締まりがどんどん厳しくなっており、ブラックハットSEOは徹底的に排除されるようになっています。

逆に言うと、そういった小手先だけのSEO対策を実施しなくても、コンテンツの充実化をはじめとする内部SEO対策でも上位表示ができるようになってきており、ブラックハットではなく、ホワイトハットが主流となりつつあります。

御社のサイトもブラックハットに該当していませんか?
もし該当している実施内容があるとGoogleからペナルティを受け、最悪の場合は検索結果から排除されてしまうので、その前にしっかり見直しを行いましょう。

ブラックハットSEOはユーザーにとってのメリットは無い

ブラックハットSEOは、特定のキーワードで上位表示することが目的であるため、ユーザーにとっては何ら意味を成さないものとなっています。
隠しテキストや隠しリンク、とにかくキーワードを詰め込みまくったtitle要素やalt属性、見出し要素など、逆にユーザーにとってはわかりづらさの一端となるような内容が含まれます。
コンテンツもユーザーフレンドリーな内容とは限らず、SEO観点でキーワードを意識しすぎたがゆえに、よくわからない文章になってしまっていたりする場合も多々あります。

これでは、「集客してコンバージョンさせる」というWebサイト本来の目的・ゴールを見失ってしまった状態と言えます。

ブラックハットSEOはコストがかかる!?

ブラックハットSEOの一部として、SEO業者へ依頼して大量の外部リンクを張ったり、サテライトサイトを多数作成してリンクを張るなどといった対策がありますが、いずれもコストがかかります。

特に被リンク用サイトからのリンクを大量に張ってしまうと、Googleからペナルティを受けてしまってから慌てても、外すことができない被リンクが残ってしまってペナルティ解除が困難になってしまったり、ペナルティ解除後にも順位が回復しないといったケースがよく見受けられます。

被リンクの購入に費用がかかるだけでなく、万が一ペナルティを受けてしまった場合には、ペナルティ解除サービスを利用するのにもコストがかかり、さらにはペナルティ解除後のSEO対策にもコストが必要になってしまうなど、結果的に莫大なコストがかかってしまっているサイトが多数存在します。

まとめ

ブラックハットに該当するようなSEO対策に無駄なコストをかけるのではなく、ユーザーにとって有益なコンテンツが提供できるサイトを目指すことで、まっとうに順位を上げる努力が重要です。

小手先の不正な対策を実施しているサイトは、遅かれ早かれ淘汰されていくことは明白です。
ユーザーにとって使いやすく、有益な情報を提供できるサイトとして、コツコツと更新をしていれば、何年か後には安定して上位表示されるサイトになっているはずです。

ホワイトハットSEO対策により、ユーザーにとっても自社にとっても意味のあるサイトづくりを目指しましょう。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

SEO対策・SEMサービス

Webコンサルティングサービス

Webマーケティング支援

関連コラム

SEO対策で文章作成に困ったときに使える3つのポイント

第2回 ここがヘンだよSEO対策!?

第1回 ここがヘンだよSEO対策!?

0

費用対効果抜群!リマーケティング広告について前のページ

今更聞けない!!レスポンシブ対応のメリット・デメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. SEO関連

    【Web制作会社が調べた】第1回 ここがヘンだよSEO対策!?

    さまざまなSEO対策情報のウソ?ホント?をお教えします。インターネ…

  2. Web関連

    【Web制作】マーケティングオートメーション(MA)ツールの世界導入シェア

    下記のグラフは、米国マーケティングオートメーション(MA)市場規模のシ…

  3. Web関連

    クラウドソーシングは天使か悪魔か。Web制作会社が考える。

    皆さんは、クラウドソーシングをご存知でしょうか?"クラウドソーシン…

  4. Web関連

    AWSってなぁに?

    Webを公開するために必要になってくるものといえば、、、サーバーで…

  5. Web関連

    テレワークはじめてみた

    こんにちは。政府の緊急事態宣言を受けて、私もテレワークがスタートし…

  6. Web関連

    写真から情報漏洩!?セキュリティ対策とは?

    「写真から位置情報が特定される」というニュースや噂を聞いたことがあるの…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ゲームから学ぶプログラミング
  2. Web関連

    Webデザインの95%はフォントで決まる?!Webデザイナーなら知っておきたい3…
  3. Web関連

    スタンダードになりつつある「ハイブリットクラウド」の3つのメリット
  4. Web関連

    AWSってなぁに?
  5. Web関連

    グループウェア導入による業務効率化とは
PAGE TOP