Web関連

ブランドの力ってスゴイ ~百味ビーンズに見る、ハリー・ポッターのブランド力

0

突然ですが、「百味ビーンズ」ってご存知でしょうか。
かの有名な「ハリー・ポッター」シリーズに登場するお菓子です。
正式名称は「バーティー・ボッツの百味ビーンズ(TM)」と言います。

※USJのサイトでは「バーティー・ボッツの百味ビーンズ(TM)」となっていたので、「バーティー」と伸ばす表記で統一・・・と思ったのですが、長いので以降は「百味ビーンズ」とさせていただきます。

この百味ビーンズを巡って、ある驚きの現象が見られたのです・・・!

harryendo01.jpg

百味ビーンズとは何ですか?

ハリー・ポッターを愛する人にとっては「えっ、知らないの?」かもしれませんが、知らない人は残念ながら知らないのです。
私も知らなかった一人なので、ちゃんとご紹介しますね。

——————————
百味ビーンズ(ひゃくみビーンズ、Bertie Bott’s Every Flavour Beans)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場するお菓子である。
正式な商品名は「バーティ・ボッツの百味ビーンズ」という。見た目はゼリービーンズに似ていて、空豆程の大きさの物がランダムに袋詰めされて販売されている。魔法族の子供の間では一般的なお菓子である。 
百味と言うだけあって風味は何でもありで、子供が好みそうな果物系の味から、この菓子ならではの珍しい風味(中には「食べたくない風味」も含まれる)まで様々で、判っているだけでも以下の風味が挙げられる。
▼チョコ味・ペパーミント味・ハッカ味・マーマレード味・イチゴ味・ココナッツ味・コーヒー味・煎り豆味・胡椒味・ホウレンソウ味・芽キャベツ味・トースト味・カレー味・イワシ味・草味・レバー味・臓物味・石鹸味・鼻くそ味・耳くそ味・ゲロ味・犬のヨダレ味・土の味・スイカの皮味
(Wikipediaより)
——————————

簡単に言うと、「いろんな味がするゼリービーンズ」ってことです。

現在、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以降、USJ)内の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター(TM)」にある「ハニーデュークス(TM)」というところで購入することができます。

先日、初めてUSJに行ったのですが、ハリー・ポッターに詳しくない私でも「どうやらこれが人気らしい」ということは知っていたので、行く前から「お土産は百味ビーンズにしよう!」と決めていました。

衝撃の価格!でも飛ぶように売れる・・・

「お土産は百味ビーンズ!」と決めていた私は、現地で恐ろしい事実を目の当たりにします。
・・・・そう、値段。

自分で想像していた値段の遥か上をいく価格設定に、「ハニーデュークス(TM)」を訪れた私は衝撃を受けました。
購入予定の個数を、半分に減らしたくらいです・・・

そんな強気なお値段の「百味ビーンズ」ですが、何箇所にも陳列されていて、どんどん補充されていて、つまり「バカ売れ」してました。

他にも「カエルの形をしたチョコレート」とか、「かぼちゃのジュース」とか、「すごい色のカップケーキ」とか、まあ「ハリポタ好き」にはたまらないだろうお菓子がいろいろあったのですが、それでも「百味ビーンズ」を手に取る人が多かったように思います。

衝撃のフレーバー!でも食べてみたい・・・

お土産に買ってきた「百味ビーンズ」は、社内でもちょっとした話題に。
話題になった原因はもちろん・・・「味」です。

「百味ビーンズ」には、「どの色が何味か」が紹介されている説明書のようなものが付いているのですが、あえてそれを公表せず、「みんなで食べて~!」とプラスチックのコップに分けて配りました。

普通に考えたらありえない「ナゾの味」がいくつも存在する「百味ビーンズ」、恐る恐る手に取る人ばかりです。
そんな中、「わたし、○○味を食べたい!」と、あやしい味のビーンズを探して食べるツワモノが登場しました。
「どの色が何味か」を把握し、○○味や○○味にあえて挑む姿は、周囲を驚かせたそうです。

そこで気になるのは、「なぜ、その味のビーンズを食べたいのか」です。
本人に聞いてみました。

「ダンブルドアと同じ気持ちを味わってみたかった」

何のことやらと思って調べてみたところ、「アルバス・ダンブルドアは、若い頃にいきなり○○味を食べてしまい、以降百味ビーンズが嫌いになったというエピソードがある。」ということが分かりました。

ハリー・ポッターの魔法

「ハニーデュークス(TM)」では、「百味ビーンズ」以外のお菓子たちも、やや高めのお値段だったような気がします。それでもみんなが「あれもこれも」と買っていくのは、「ハリー・ポッターで○○(登場人物)が食べてたやつだ!」と思うから、のようです。

そして、「百味ビーンズ」のおそろしい味につい挑んでしまうのは「ハリー・ポッターの○○(登場人物)の気持ちを味わってみたい!」と思うから、のようです。

これはまさに「ハリー・ポッターの魔法」・・・ではなく、「ハリー・ポッターのブランドのちから」です。

「ハリー・ポッター」という名前が出てくるからこそ、ちょっと高くても「百味ビーンズ買いたいな」と思う人がいて、ちょっと(?)変な味であっても「○○味のビーンズ食べてみたいな」と思う人がいるのです。

名前をあまり聞いたことがないようなお菓子メーカーが、高くてまずいお菓子を販売しても、売れるとは思えませんよね。
(一部、モノ好きな方々にはウケるのだと思いますが・・・)

「ブランドのちから」って、そういうことなのだと改めて認識しました。

harryendo02.jpg

ブランドのちから

ハリー・ポッターのように誰もが知っているような「ブランド」を構築するのは、もちろん簡単なことではありません。
世の中に受け入れられ、親しまれ、時間をかけて作り上げていったものが「ブランド」として確立します。

ちなみに、ティファナでは幅広い業種・業態のWebを手がけているのですが、「人材派遣系は△△さんが得意だ」「自動車関連といえば□□さんだ」といった「社内でのブランド」のようなものが存在します。
「女性下着メーカーといえば○○さん」と言われている人は男性社員なのですが、社内に受け入れられ、時間をかけて確立されたこのブランド、なかなか変えることができません。最初は嫌がっていた本人も、最近では受け入れているようです。

つまり、ブランドを確立することが簡単ではない分、「ブランド」として認知されればその効果は絶大!ということですね。

コラム編集部の担当者として、「いい文章を書くね!」というブランドを確立していきたい野望を持っている 遠藤でした。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Webマーケティング支援

0

デザイナーの私がおすすめする厳選サイト3選前のページ

女子目線で3Dプリンタの今後に期待!次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    e-sportsから考える「スポーツ」

    スポーツ --熱き魂のぶつかり合い--熱き魂がフィ…

  2. Web関連

    面接官になったらこれだけは聞いておくべき3つの質問

    こんにちは。採用担当の真野です。採用担当になってから早1年弱。…

  3. Web関連

    スマートオフィスで省エネ!

    夏も冬もエアコンフル稼動。オフィスの中で快適に働くには、温度調節が大事…

  4. Web関連

    本当に無料?お手軽ECサイト構築ツールの注意点

    こんにちは、すっかり暖かくなったからか、花粉症に苦しめられている山谷で…

  5. Web関連

    【web制作会社が考える】ちまたで話題のビッグデータが私たちの生活を変える?

    突然ではありますが、そもそもビッグデータってなんなんでしょうね・・…

  6. Web関連

    初心者WEB担当者が勘違いしてるUI/UX

    最近、散歩がマイブームになりつつあるIAの加藤です。街を、散歩…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    3つの事例から考える共創マーケティングとは?
  2. Web関連

    良質な睡眠で快適に生活しよう!オススメアプリ3選
  3. Web関連

    【時期的に見送り…】秋まで待てないVR!今すぐ体験してみたい!
  4. Web関連

    株主・投資家とのコミュニケーション強化を図りたい(IRサイト構築)
  5. Web関連

    インターネットでのマイナンバーを取扱いについて
PAGE TOP