Web関連

ホームページ更新時に見直したい。事例から学ぶサイト小改善

0

昨年、人生で初めて髪を染めました。

元々カットのみの予定だったのですが、美容師さんが
「ベリーショートなら、髪の色を明るくした方がいいよ。
真っ黒だと、メンズ!って感じの見た目になっちゃうから」
とアドバイスをくれたからです。

結果、髪色を明るくしたのは正解でした。
「前より(多少は)女性らしい感じになったね」と周囲から言ってもらえました。
最初はいつも通り「髪を切る」だけの希望でしたが、「それならこうした方がいい」と
アドバイスをくれた美容師さんに感謝です。
念のため補足ですが、写真はロイヤリティーフリー素材です。

「いつもの更新」を「見直し」のきっかけに

ホームページでも、クライアントから更新の依頼を定期的にもらいます。

「新商品が入ったので、商品紹介ページに、いつもみたいに追加してください。」
「サービスの種類が増えたので、サービス一覧に追記してください。」

よくある依頼ですが、更新頻度の低いページや、ホームページ自体が古い作りの場合
「そもそもこのページ、見直す必要ありそうですね。。」と、改善提案をすることがあります。

フルリニューアル、とまでいかなくても、
ページの一部を少し改善するだけで、今より効果を上げられることもあるのです。

その見せ方は『最適』か。効果的にメリットを伝える工夫

LISKULさんにて、「海外のCV改善事例」が紹介されていました。
http://liskul.com/abtest_casestudy-2289

その中の一つ、「タイトルと画像上に割引を強調してCVRが148%向上」を引用させていただきます。

hpisiduka_2015090502.jpg

左が改善前、右が改善後の商品詳細ページになります。

改善前だと、値引き前と値引き後の金額しか記載されておらず
いったい何%割引なのか、パッと見で分かりませんでした。

そこで、商品画像の上、タイトル部分にも「15%オフ」と明記し、
パッと見でお得なのが分かるよう改善しました。
ユーザーにわざわざ計算させることなく、いくらお得なのか伝えることによってCVRが向上したと考えられます。

単なる「追加・修正」ではなく「どうあるべきか」を考える

日々見慣れてしまっているページほど、問題点に気づきにくいですが、
ユーザー視点に立って考えることで課題が見えてきます。
そしてその課題は、ほんの少しの工夫で改善でき、
大きな効果を得られるものかもしれません。

「このキャッチ、パッと見で目に留まらないよね」
「ここの余白をもっと取った方が、ボタンを押しやすいんじゃないかな」
「○○より、 □ □ って表現の方が分かりやすくない?」

最初のヘアカットもそうですが、
「長くなってきたし、そろそろ切るか」ではなく
「せっかくなら、ついでにこうした方がもっと良いかも」という
第三者視点を取り入れることで、継続的にサイトの改善ができるかもしれません。

今まさに自社サイトを更新しようとしているweb担当の皆様、
そのページ、今一度ユーザー視点で見てみてはいかがでしょうか?

0

CMS構築としての静的サイトジェネレータの活用について前のページ

Androidアプリ開発のステップ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    正しい言葉遣い、出来ていますか?

    社会人には、正しい言葉遣いの知識が必須です。同じ会社の先輩、上司に…

  2. Web関連

    ゲーミフィケーションとは?

    最近、ゲーミフィケーションという言葉を目にする方が多いのではないでしょ…

  3. Web関連

    「とりあえずAI導入しろ」という上司のムチャ振りへの答え3つ!

    昨今、様々な企業でAIの導入が進んでいる中、社内でこんな会話が繰り広げ…

  4. Web関連

    スマホサイトを作るときに気を付けるべきこと

    皆さんはどんな時にスマホでWebを閲覧しますか?「通勤・営業で電車…

  5. Web関連

    作りっぱなしにNO!PDCAを回して、効果的なWebサイトにしよう 第3回:【実践編】メールフォー…

    前回までの記事では、PDCAを回すことの重要性と運用に必要なポイントを…

  6. Web関連

    作りっぱなしにNO!PDCAを回して、効果的なWEBサイトにしよう   第1回:そもそも、PDCAを…

    そのWEBサイト、作りっぱなしになっていませんか?Webサイトを立ち…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    紙媒体のものから電子○○へ
  2. Web関連

    ブランドの力ってスゴイ ~百味ビーンズに見る、ハリー・ポッターのブランド力
  3. Web関連

    レスポンシブとは少し違う、アダプティブWebデザイン
  4. Web関連

    知っておけば失敗しない?MA導入の失敗談・・・
  5. Web関連

    web制作初心者にとって勉強になるサイト10選!
PAGE TOP