Web関連

データ分析ってどうしたらいい?有効的にアクセスログ解析ツールを使ってPDCAを回す方法

0

サイトリニューアルの際や、無料だからといって取り入れたアクセス解析ツールですが、使いこなしていますでしょうか。

一企業の担当者の方は業務の傍らでウェブサイトを更新していたりするため、データ分析まで行うことが出来ない方も多いかと思います。

そのような方に向けて、運用時のポイントやPDCAを行う方法などをまとめていきたいと思います。

 

そもそもPDCAとは?

「サイト運用にはPDCAが大切」という言葉はよく聞きますが、そもそも何かという方ももしかしたらいるかもしれません。

PDCAサイクルとは Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価・検証)、Acton(改善)を繰り返していき、より良いものにしていくことです。

弊社の下記コラムでPDCAサイクルについて説明していますので、興味がある方はご覧くださいませ。

ホームページの更新メンテナンスに役立つPDCAサイクルの基本について

http://www.tifana.com/column/20150623_k-mori_1330.html

Webサイトは作っただけでは意味がありません。
よく、「作成したらやっとスタートラインに立ったところだ」と言われますが、本当にその通りです。

せっかく作っても、放置していたり、世の中の流れを反映していかないと時代遅れのサイトになってしまいます。
PDCAがとても大切だということを皆さまに理解いただけると大変嬉しいですね。

そのPDCAのPlan(計画)とCheck(評価・検証)の部分で役立つのが、今回のテーマである「データ分析」です。

サイトの目的を定める

計画する際に、闇雲にアクセスログ解析のツールを見てもなかなか上手くいきません。

現状を知らなければなりませんが、あなたのサイトの目的・目標は決まっていますか?

お問い合わせを増やしたい、売上を上げたい、サイトに集客したい、PV数を増やしたいなど色々あると思いますが、
サイトにどのような方向性を持たせるか、役割は何かというところを明確にしないといけません。

その上で目標を立てて、そのために今何が足りていないのかを把握して改善策を立てます。

そもそもの方向性が間違っていたら、せっかく改修しても意味がありませんので、
まずサイトの目的・目標を決めましょう!

改善策を立てる

サイトの目的や目標が決まったら、今なにが問題なのかを把握して改善策を立てましょう。

その際にアナリティクスなどを活用するのですが、先ほども申し上げたように、闇雲に見ていては時間が掛かるだけです。
一旦は仮説を立ててみることが大切です。

「もしかしてお問い合わせのボタンが目立ってない可能性がある。」
「キーワードとコンテンツ内容が合っていないかもしれない。」

上記のように仮説を立ててみて、アナリティクスを見るとその仮設が正しいかどうかが分かります。

流入したキーワードや流入後の動向、離脱率などを見ると、
「あるキーワード検索にて流入したユーザーがあるページでいつも離脱している。」ということが分かるかもしれません。

それはキーワードに対してコンテンツの内容が合っていないのかもしれません。
そうした場合はキーワードを見直したり、コンテンツの内容を見直す必要があります。

このようにして改善策を考案して実行に移していきます。

検証・評価する

改善策を実行したら、その結果改善されたか、されていないかを確認する必要があります。
ある程度の期間をもって再度改修したページの率を比べてみて、以前より改善しているかを確認しましょう。

その際にアナリティクスの期間を絞ってみていくことで○ヶ月前は○%だったが、今月になって○%増加した!などとなるととても嬉しいですね。

しかし、いつも上手くいくわけではないです。
失敗したら、何が悪かったのか、どうすべきか、別視点で考えてみる必要があります。

そうして繰り返していくことでよりよいサイトにすることが出来ます。

あとがき

みなさまいかがでしたでしょうか。

運用に関して困っている方に少しでも役立てば大変嬉しく思います。

サイトの方向性をどうしていいか分からない、アクセスログを見て分析する時間がないという方は、一度ご相談くださいませ。

関連コラム

今さら聞けない!アクセスログ解析のやり方コラム ~3つの基本指標編~

ホームページの更新メンテナンスに役立つPDCAサイクルの基本について

関連するサービス

アクセスログ解析

0

ここがいい!本を読むなら「電子ブック」の理由。前のページ

フルスクリーンムービーを取り入れたWebサイトのメリット、デメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    あれ、ここのデザイン変わった?見るタイミングで変化するWebサイト!

    こんにちは!段々寒くなってきましたが、まだまだ薄着の角田です。先日入用…

  2. Web関連

    Web制作会社に働く担当者のつぶやき。フルスピードで仕事をするには・・・。

    年末年始も終わり、年明けの挨拶をしてひと段落という時期ですね。皆様…

  3. Web関連

    コンビニポイントカードについてまとめてみた

    皆様はコンビニポイントカードというものをご存知でしょうか?セブンイレブ…

  4. Web関連

    今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方

    Amazonが配達に利用する意向にあるなど、今後の利用シーンが期待され…

  5. Web関連

    レスポンシブで見せる写真の使い方

    写真好きデザイナー出口です。皆さん写真撮影楽しんでいますか?…

  6. Web関連

    Web制作会社が教える、スマホ広告を出す前に押さえておきたい3つのポイント

    「歩きスマホ」での事故が年々増えてるみたいですね。でも、私は昨年末に、…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    お土産の購入もECサイトを有効活用
  2. Web関連

    「拝啓」はもう使わない!?変わるギフト市場
  3. Web関連

    HTML5の最新技術を知ろう!~その2~
  4. Web関連

    e-sportsから考える「スポーツ」
  5. Web関連

    ホームページのリニューアルはいつすればいいの?
PAGE TOP