Web関連

O2Oが広まった理由と影響

0

O2Oという言葉をよく耳にしますが、ここまで広まったのには
スマートフォンとソーシャルメディアの利用が影響しています。

O2Oとは

Online to Offlineの略でインターネットでの情報や活動が実店舗での購買行動に影響することをいいます。
購買だけでなく販売促進やマーケティングの手法としても使われています。

O2Oが広まった理由

冒頭でもあげましたが、O2Oが広まったのはスマートフォンとソーシャルメディアが影響しています。

スマートフォンが普及し、ユーザーがパケット料金の定額制を選択するようになりました。
街中でもWi-Fiスポットが増えて、どこでもインターネットに繋げられる環境設備が整い、
調べたいことをその場で調べられるようになりました。

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの利用が増え
ユーザーが情報を広めることができるようになりました。

miysazawa_1508241.jpg

O2Oのメリット

スマートフォンやFacebookなどのソーシャルメディアを活用することで
宣伝効果アップと売上アップに繋がります。
例えばFacebookでから店舗の会員登録をしてクーポンを入手します。
クーポンを利用することで、直接ユーザーに聞く必要なく
流入ルートの情報を得ることができます。

すぐに売上に繋がらなくても、ユーザーが興味を持ちそうな広告の
ダイレクトメール配信をすることで見込み顧客として育てることも可能です。

また、利用したユーザーが好感触の感想をTwitterやFacebookで広める事で
ユーザーの友人・知人だけでなく偶然目に触れた他のユーザーも
そのお店に興味を持ち、次の顧客へと可能性を繋げられます。

O2Oの活用事例

イベントや展示会で、来場者にスマートフォンサイトから会員登録をしてもらい、
登録したお店のブースでスマートフォンを見せると、イベント限定のグッズをもらえるようにしている企業があります。
また、グッズ購入者に限定のURLを渡し、展示会終了後にアクセスすると先行情報が手に入る、といった仕組みもあるそうです。

miysazawa_1508242.jpg

O2Oの問題点

実店舗に来店するユーザーが増えても、実店舗では商品を購入せずに
オンライン店舗で購入することが懸念されます。
O2Oを導入する際に実店舗とオンライン店舗で売上を
奪い合わないようにする仕組みを考える必要があります。

終わりに

消費者であるユーザーはインターネットを駆使して情報を集めて、
商品やサービスを賢く見極めるようになりました。
企業はO2Oを積極的に取り入れて売上と顧客集客の向上を目指しましょう。

0

赤ペン先生は消滅する!?学習システムはeラーニングが主流!前のページ

アプリを制作する前に知っておきたいこと~デメリット編~次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    Web制作にオムニチャネルを取り入れれば究極のおもてなし?

    こんにちは!車好きの野澤です!突然ではありますが、今回は2020年…

  2. Web関連

    納期が短いWebデザイン制作の時って何を考えますか?

    納期が短ければ短いほどスケジュールはパツパツで、人によっては大慌てする…

  3. Web関連

    クラウドファンディングの成功例:森の図書館をご存知だろうか?

    クラウドファンディングの成功例:森の図書館をご存知だろうか?今回のテ…

  4. Web関連

    ホームページ更新時に見直したい。事例から学ぶサイト小改善

    昨年、人生で初めて髪を染めました。元々カットのみの予定だったのです…

  5. SEO関連

    【Web制作関連コラム】ユーザービリティーとSEO対策の関係性

    SEOに興味があり最近色々な本を読んで勉強しています。なぜ、SEO…

  6. Web関連

    あえてのアナログ!?タスク管理は紙で書け!

    今回のテーマはタスク管理。しかし、色々とタスク管理ツールとか調べてみた…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    「ビデオコンテンツ」が主流!デジタルマーケティングの今を見る
  2. Web関連

    今年のホワイトデーは3Dプリンターが熱い
  3. AI関連

    AIチャットボットが使われる理由
  4. Web関連

    これを見ればわかる「Copyright」まとめ
  5. AI関連

    あらゆる業界の人材不足解消にAIは「特効」となる
PAGE TOP