SNS関連

SNSでシェアされやすい記事とは?

0

Facebookの企業サイト、チェックしていますか?
個人で利用しているアカウントでも、気になるキャンペーン、好きなブランド、TVCMで目にとまった商品などから、Facebookにアクセスした事があるかと思います。
キャンペーンは、シェアすることが応募条件になっている、なんていう事もありますね。
今回は企業が展開するFacebookページの「シェア」にどういった効果があるのか?
一緒に考えていきたいと思います!

普段の生活の事、SNSに投稿していますか?

よくよく考えてみてください、SNSの投稿というのは、企業や政府など公的機関として情報を発信することではなく、人、つまり個人(Personal)に対して情報を発信するものです。

利用するシーンなどを考えても、【仕事】のためにSNSを見るのではなく、【プライベート】でSNSを見ることがほとんどです。
仕事として見る人は一部、そのため、自分の仕事に関連した情報を固く伝えてしまっては、ユーザーに対して響かないと考えられます。
やはり、人間味溢れる普段の生活の事を投稿した方がユーザーに響くのです。

実際に私が担当していた、企業のFacebookタイムラインのシェアについて触れます。

・「新商品の発表」をタイムラインに投稿 → 20弱のシェアを獲得
・「社員同士で遊びに出かけた時の話と街の風景写真」をタイムラインに投稿 → 100弱のシェアを獲得

といったように、普段の生活に関連している事をSNSに投稿すると、シェアは大きく違ってきます。

自然風景の写真はいいね!を稼ぐ!?

普段の生活、と言いましたが、例えば、自然風景の写真はシェアを獲得しやすいです。都内某所で鞄を製造している会社のFacebookページを見てみました。

投稿している記事は、大きく以下の3つに分類することが出来ます。

①普段の生活風景(主に自然風景)
②会社員の紹介
③商品の紹介

一番シェアが多かったのは、①の写真と共に投稿している記事でした。
社員同士でカフェに行った時の写真や梅雨の時期に咲いた紫陽花の写真を投稿しており、その反響は他と比べて圧倒的な差が出来ました。

普段の何気ない写真付き記事を投稿することで、他の人からの関心が生まれ、シェアが獲得出来るのです。

社内のイベントをSNSにおもしろく投稿しよう!

とはいえ、社会人にもなるとそんな機会はかなり少なくなってしまうもの、また、プライバシーの問題もあって中々運用するまでは難しいです。なので、社内で実施したイベントを積極的に投稿していきましょう!それも面白おかしく!

皆さんの会社ではどのようなイベントを行っているかわかりませんが、月に1回ぐらい飲み会を行っているのではないでしょうか?
例え小さな飲み会の風景でも、良いと思います。料理の写真、社員の写真、楽しさが伝わるなら自然とユーザーに響き、シェアに繋がると思いますので、是非実行してみてください!

 

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ソーシャルメディア運営支援

SNS構築

0

マーケティングオートメーションによってまんまとユニコーンのライブDVDを買ってしまいました。前のページ

最近のIoEとIoT事情について思ったこと次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    今、Web漫画がアツイッ!?

    みなさんは暇な時、どのようにお過ごしでしょうか。歩いているとき、電車…

  2. Web関連

    知らなかったはもったいない!得をするにはネットも視野に

    冬物セールの時期ですね!セールと聞くとついたくさん買いたい衝動に駆…

  3. Web関連

    キャッシュレスの時代に備えて、キャッシュレス決済について知ろう!

     お買い物をするときの会計は、現金派ですか?それともキャッシュ…

  4. Web関連

    IoT ・IoEが見せる未来は

    今後、大きく発展を遂げるといわれているIoE・IoTをご存知ですか?…

  5. Web関連

    自動顧客育成!?マーケティングオートメーションのススメ

    こんにちは!デザイナーの勇希です!今回はマーケティングに関する情報…

  6. Web関連

    現場レベルのデータ分析。セルフサービスBI活用シチュエーションを考えてみた

    従来のやり方や、経験者の勘に従った「こうすれば売れるはず!」というマ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ワイヤーフレームを作る前に気を付けたい5つのこと
  2. SNS関連

    SNSマーケティング
  3. Web関連

    【Web制作会社が考える】いまでは良い思い出・・・ってい言いたいIE6
  4. サービス・新技術

    みんな知ってるフィンテック
  5. Web関連

    スマートフォンサイトに適したUI設計とは(1)
PAGE TOP