Web関連

【Web制作】ビッグデータって結局なに?身近なビッグデータを考える

0

ビッグデータ関連書籍が数多書店に並び、テレビでも新聞でも騒がれて久しいビッグデータ。
結局何なの?なんて今更聞けないあなたに、やさしくビッグデータについてお教えします。

ビッグデータとは何なのか

bigyosida_2015071501.jpg

–ビッグデータ (英: big data)とは、市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑な データ集合の集積物を表す用語である。その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれる。大規模データ集合の傾向をつかむことは、関連データの1集合の分析から得られる付加的情報を、別の同じデータ量を持つ小規模データ集合と比較することにより行われ、「ビジネスの傾向の発見、研究の品質決定、疾病予防、 法的引用のリンク 、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」との相関の発見が可能になる。– (wiki冒頭より引用)

そっ閉じ…。

いやいや、ちょっと待っておにぃさん。
ちゃんと説明しますよ。

ものすごく簡単に言うと、有効利用できるはずの膨大なデータ群の事をビックデータと言います。

ビッグデータのままでは情報がごちゃっとありすぎて、どう使えばいいか手が付けられないので、それを上手く加工して活用出来るようにしましょう。

ということで、「ビッグデータの有効活用」なんて言葉がそこかしこで踊っているわけです。

では、実際どんな物がビックデータとして集積され、使われているのか見て行きましょう。

身近なビッグデータ

bigyosida_2015071502.jpg

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」でおなじみ、Amazonのレコメンド。身近なビックデータの活用事例ですね。
膨大な購買データから、同時購入されているものを抽出し表示する…ってとこまでは簡単に想像できますが、恐らく購買者の年齢や性別、よく見ている商品傾向も考慮した物になっていると思われます。
その方がより購買者にとって欲しい商品を表示出来るわけで、そうすればより購入してもらえる確率が高まるっていうスンポーですな。

そうそう、最近つぶやいてますか?わたしはほとんどつぶやかなくなっちゃいましたが、twitterも、どでかいビッグデータを持っています。

各人が自由につぶやいているので、言葉はバラバラ。キレイなデータにまとめることは至難の業です。
でも、ポジティブな言葉なのかネガティブな言葉なのかを分類し抽出して、株の予測に利用するなんて話もあります。
自分のつぶやきが、実はビッグデータの一部なんですね。不思議な物です。

ビッグデータで占いもできる?

星占いは微妙ですが、手相や人相学なんかはビッグデータを活用することで、より正確に占えるかも知れないんです。
特に人相学なんてのは、人の顔の様々な特徴からこの特徴を持った人はこういう傾向があるという、ある種統計学的なものなんです。同じく、この手相を持った人は、こういう傾向にあるなんていう関連性が新たに分かるかも知れません。
有名なFBIの犯罪プロファイリングなんかも、統計学に基づいたものですね。あっちでは実際ビッグデータとして活用していると思いますが…

また、昨今日本列島を文字通り揺るがしている地震も、ビッグデータの活用で予測できるかも知れないんです。
現状では各地に仕込まれたセンサーが地震を検知し、揺れが伝わってくる前に警報を上げるという仕組みなわけですが、これは直下型地震だと当然意味が無いんですね。
でも、ビッグデータを活用することで、大型地震が起きる前の微震のパターンを検知し、予報を出せる可能性もあるのです。
各地域の地盤の組成や堅さ、プレートの位置などが複雑に絡み合い、とても難しい計算をしないといけないわけですが、巨大地震の予測実現に向けて偉い学者さん達が日夜取り組んでいます。
日本では、毎日何百回も地震が起こっており、それらのデータを集積して統計を出し、大きな地震につながる物を割り出そうとしているわけですね。学者さんがんばって!

最後に

ビッグデータがどんな物なのかおわかり頂けたでしょうか。
ビッグデータと言う言葉自体は最近の物ですが、結構古くから膨大なデータの活用は行われてきました。
膨大な顧客の購買履歴から客層を分類して、購買確率の高い商品を顧客分類ごとにメール配信する…
なんてことをやってましたよね。

要は、膨大なデータから利益を生み出せる有効なデータを抽出することが「ビッグデータの有効活用」と言うわけです。

顧客満足度調査や市場予測、気象予報から戦争が起きる確率まで、様々な場面で使われているビッグデータ。
ちょっと気をつけて見てみると、こんな所にも!という新たな発見があるかもしれませんよ。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ビッグデータ活用支援

0

ターゲットで変わるサイトカラーの選び方前のページ

雨の日の過ごし方次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    【Web制作】最強はどれだ!?堅牢な認証方式「生体認証」

    さていきなりですが、みなさんセキュリティー対策は万全ですか?パソコンを…

  2. Web関連

    スマホサイトにパララックスデザインは必要?

    こんにちはアンドロイドユーザーの池田です。最近、スマホの電子マネーを使…

  3. Web関連

    何気ない日常の美しさに気付かされる。おすすめ写真ブログ3選

    最近のWeb制作では、ハイクオリティな写真素材は欠かせない存在となって…

  4. Web関連

    【注意して使えば便利!】無料で使えるWi-Fiスポット教えます…

    みなさんWi-Fiは使っていますか?私は最近外でポケットWi-Fi…

  5. Web関連

    リモートワークで働く際に知っておきたい6個のポイント

    気が付けばあんなに綺麗だった薄紅ももう新緑に...。季節が移ろうのは早…

  6. Web関連

    最近話題の「ニュースアプリの傾向」で検索してみた

    どうも!完全主観をモットーに記事を作成していく コンサル(仮) の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    広告作成の効果測定や分析は人工知能(AI)とRPAにおまかせ
  2. Web関連

    Androidアプリ開発のステップ
  3. Web関連

    Web制作でも重要!顧客満足度を高めるための3つポイント
  4. Web関連

    最も身近なWEBシステム、CMSに強くなろう!
  5. Web関連

    レスポンシブとは少し違う、アダプティブWebデザイン
PAGE TOP