Web関連

リッチスニペット対策の落とし穴!

0

こんにちは!コーダーの須澤です。
今回はリッチスニペットについて書きたいと思います。

メリットが多そうなリッチスニペットですが実はこんな落とし穴が!というデメリットもあるので是非参考にしてください!

まずはリッチスニペットとは何か

リッチスニペットとは何かというと、Googleなどの検索エンジンが、検索結果ページに下の画像のようなテキスト以外の情報が表示させる技術のことです。

 

価格.comを例に上げましたが、製品のレビューが★で表示されることで、単純に目立ちますし何より流入を増やすことができます!以下の動画を確認していただくと更にどんなものかが分かります。

※英語ですが字幕が入ります!字幕が出ない方はYouTubeの字幕設定をONにしてみてください。

簡単に説明しますと、様々なサービスや製品などがカテゴリ分けされており(レビュー、人物、商品、会社と組織、レシピ、イベント、音楽etc) 、
その内容をHTMLに記述することで、上図の価格.comの検索結果(価格.comはレビューと最高価格、最低価格)のような表示が可能になるのです。

リッチスニペットの落とし穴!

メリットが多そうなリッチスニペットですが、このコラムのタイトルでもあります「落とし穴」も潜んでいるので注意が必要です。

1)レビュー情報は自分で集めた情報である必要がある!

他社サイト(価格.comなどのデータを扱うサイト)のレビューやデータをそのまま自分のサイトに反映してはいけない、という決まりがあります。これをやってしまうと違法になるため、リッチスニペットが表示されなくなるなどの何かしらの影響が出てしまう可能性があります。

2)複数の情報を合算してはいけない!

例えば、テレビのレビューであれば「製品名(型式)」の情報は掲載して良いのですが、「テレビ」という複数の情報が集まるレベルでの情報は掲載してはいけません。
こちらもガイドライン違反のため何かしらの影響が出る可能性があります。

3)トップページをリッチスニペット化してはダメ!

この項目が一番大きな落とし穴なのですが、例えば製品紹介サイトのトップページをリッチスニペット化をしてしまうと、Googleの検索結果ページにレビューが表示されます。
その検索結果を見たユーザーはそのレビューの詳細な情報を求めクリックしますが、トップページにレビューを表示しているサイトはほとんどありません。
リッチスニペットは各製品の詳細ページに設定することをおすすめします。

まとめ

製品サイトを例にあげて書いてきましたが、リッチスニペットは他にもレシピサイトなどでも採用されているものです。
扱っている製品やサービスによりますが、対応することでメリットをだすことができますので、是非参考にしてください!

関連するサービス

SEO対策・SEMサービス

Webコンサルティングサービス

Webマーケティング支援

0

いろいろありすぎ…レスポンシブ・SEO・モバイル対応についてまとめてみた前のページ

ビジネス特化のソーシャルメディア「Linkedin」次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    離脱されないECサイトに必ずある9つのポイント

    最近一人暮らしを始めてから、食糧からマンガ、家具までほとんどネットで購…

  2. Web関連

    広告によるストレスを減らすネイティブ広告

    Webサイトを見ているとたくさんの広告を見かけると思います。W…

  3. Web関連

    今、メルマガが抱える問題点。開封率と到達率!?

    こんにちは、自社発信でメルマガができないかと、色々調べまわっている尾…

  4. Web関連

    データ分析ってどうしたらいい?有効的にアクセスログ解析ツールを使ってPDCAを回す方法

    サイトリニューアルの際や、無料だからといって取り入れたアクセス解析ツー…

  5. Web関連

    趣味で生活!!youtuberという職業

    休日に料理をしようとチャーシューを作ったIAの加藤です。…

  6. Web関連

    検索キーワード「ヒッグス粒子」

    いきなりWeb制作会社とかけ離れたタイトルですね。ちょっと前に、ノー…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Webサイトの裏側までこだわるアートなHTMLソースコード集
  2. Web関連

    スマホ?パソコン?マルチデバイスについて調べてみた。
  3. Web関連

    必ず売り上げが上がるWEBサイトの王道があります! 其の2
  4. Web関連

    忙しいビジネスマンにオススメ!のLINEのサービス
  5. Web関連

    日本の暦ってステキ ~3月3日について考えてみる編~
PAGE TOP