SNS関連

ビジネス特化のソーシャルメディア「Linkedin」

0

Linkedin15071501.jpgさて今回はソーシャルメディアについて触れていこうかと思うのですが、みなさんはこのアイコンが何のアイコンなのかご存知でしょうか。
もしわからなかった人は、このページにちょっと足を止めてもらえたらと思います。

アメリカでは常識!?ビジネス特化のSNS「Linkedin(リンクトイン)」

日本ではまだあまり浸透していないSNSサービスの一つで、簡単に言うとビジネスに特化されたSNSです。

FacebookやTwitterでは色んな人とコミュニケーションを取るために、遊び要素がいくつもあるかと思いますが、このLinkedinにはそれがありません。
アカウントの登録内容も他のSNSサービスとは違い、学歴や経歴といったいわば履歴書のようなものになっています。

アメリカではこのLinkedinを使ってビジネスパートナーを探したり、ヘッドハンティングをしたりと動きが活発で、Facebookがプライベート用であれば、Linkedinはビジネス用とうまく使い分けをしているみたいです。
ユーザー数もアメリカでは1億人に迫っており、その利用価値が高いことがわかります。

Linkedin15071502.jpg

なんで日本では浸透していないのか?

全世界で約2億人ものユーザーがいるLinkedinではありますが、日本ではまだ約100万人(2015年1月現在)しか利用しているユーザーがいないそうです。
他のSNSサービスの国内利用者人数と比較してみると、Facebookは2,400万人(2014年11月現在)、Twitterは1,980万人(2014年6月現在)と差は歴然ですね。

アメリカでは1億人に迫る勢いでユーザーが伸びているのに、日本ではなんでこんなにユーザーが少ないのか。
その答えはズバリ「仕事に対する文化の違い」だと思います。

このLinkedinの登録内容は履歴書のようなものと表現しましたが、まさにその通りで、Web上で学歴や経歴を公開している訳ですから、自分の履歴書を道行く人に配っているのと同じようなものなのです。

アメリカでは転職は自分のステップアップのために自然と行われていますが、日本では複数回転職をしていると、「なんでこんなに転職をしているの?」と理由を聞かれたり、「会社に入っても長続きをしない」と、マイナスのイメージをもたれてしまいます。

さらに日本では一回就職すると同じ企業で定年を迎える傾向にあったり、年齢給というものも深く根付いているため、安易に転職をする人が少なく、いつからか転職=マイナスイメージというものが出来上がっていると考えられるからです。

そういう文化が浸透している日本では、履歴書をWeb上に公開するなどまず考えないですよね。

今後日本では浸透するのか?

浸透するにはまだまだ時間はかかると思います。しかしこのSNSの有用性さえ理解できれば確実に浸透してくるでしょう。

例えば大きなイベントに出展して、大量の名刺を交換したとします。そんな時このLinkedinが浸透していれば、後日Linkedinを見てその人のことを知ることができます。
信頼に値する人であったり、興味があれば連絡を取りやすいし、初めて会う場合でも、どういう人か知ってから会いに行くことで、変に気構えをする必要もなくなります。

Linkedin15071503.jpg

仕事をする上で相手を知り、理解するということはとても重要なことだと思います。

また、Linkedinでは会社用のページも作成することが可能となっているため、SNSサービスを活用した就職活動やマーケティング活動が普及してきている日本においては必須コンテンツにもなってくるのではないでしょうか。

まとめ

これからどのように日本に浸透していくのかに期待がかかるLinkedinですが、今後ビジネスをする時に、相手に「Linkedinやってますか」と聞かれることもあるかもしれません。
また、これだけ情報を公開しているのであれば信頼できるという、パートナー選びの基準にすらなるかもしれません。

まだまだ日本に浸透するのは先になるかもしれませんが、今後のSNSサービスの中核を担うサービスになるかもしれません。
浸透してから「まだLinkedinやってないの?」と言われない為にも、今から始めてみてはいかがでしょうか!

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

SNS構築

マーケティングツールとしてSNSを使いたい

0

リッチスニペット対策の落とし穴!前のページ

採用サイトで学生が1番気になっているところとは!?次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    インバウンド需要を囲め!多言語音声サービスを事例で紹介!

    訪日外国人観光客が増加の一途を辿る中で、とても大きな注目を浴びているの…

  2. Web関連

    意外と気づかない?Webデザインには不可欠なフリー素材の落とし穴

    突然ですが、私は専門学校時代はゲーム作りをやっていました。あく…

  3. Web関連

    スマートフォン専用サイトに力を入れないといけないワケ

    こんにちは。2月~4月にかけて花粉症で目の痒さに悩まされるデザ…

  4. Web関連

    web制作会社が考える更新メンテナンスのポイント

    ホームページは更新してナンボの世界作って放置ではいわゆる「死んだサ…

  5. Web関連

    物流の時代が変わった!最短20分での配達!

    こんにちは。アニメDVDは通販で買っている真野です。通販って本当に便利…

  6. AI関連

    【Web最先端】Webサイト×人工知能×マーケティング

    人工知能、もしくはAIという言葉を最近よく聞くようになりました。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ECサイトの売上を向上させたい 第2回目
  2. Web関連

    色って不思議・・・こんな影響があるんだ!
  3. Web関連

    段取りで大変な大掃除も負担軽減できる
  4. RPA関連

    営業『だからこそ』導入したいRPAの魅力
  5. Web関連

    今さら聞けない!アクセスログ解析のやり方コラム ~3つの基本指標編~
PAGE TOP