Web関連

RFIDってなに?知らないと損します!

0

こんにちは。デザイナーの出口です。

皆さんRFIDって言葉聞いたことありますか?
私も最初聞いた時は全くわかりませんでした。。

そこで、今回は皆さんにもRFIDを知ってもらおうと私が調べた情報をお伝えしようと思います!

deguchiRFID_01.jpg

そもそも、RFIDってなに?

RFIDについて、Wikipediaでは下記のように説明されています。
RFIDとは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。
従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきた。これはICタグと呼ばれ、そのサイズからゴマ粒チップと呼ばれることもある。
一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多い。

なかなかピンと来ないので、実際にRFIDが使われているものをご紹介します。
・SuicaやPASMOといった乗車カード
・携帯電話などにも付いているFelica
・社員証やセキュリティロックなどの認証

なるほど!と思われた方も多いのではないでしょうか。

実は自分たちが使っているSuicaや携帯電話の中についていたのですね。
調べてようやくわかりました。

deguchiRFID_02.jpg

なぜRFIDが流行っているのか?

調べていくうちに、なぜRFIDが流行っているのか気になってきました。

もともとRFIDは、流通業界でバーコードに代わる商品の管理や商品の識別として実用化が進められたものだそうです。
従来のバーコードは人が読み取り機に商品をかざさないと認識されませんでしたが、RFIDはゲートを通過するだけで商品を識別できるようになったそうです。

他にもRFIDの特徴として、4つあります。

読み取り範囲が広い

RFIDは、数センチから数メートルまで距離の幅が広く、人が読み取り機などにかざさなくても無線通信で情報を送ることができます。

一度に複数の情報を読み取れる

今までと違い、商品が一つ一つ並列に並んでいなくても全ての情報を読み取ることができます。(商品同士が重なっていても!)それにより、スピーディーになります。

隠れた位置でも読み取れる

今までは、直接対象物が見える位置でないと読み取れませんでしたが

たとえ梱包した状態でも中身が確認できたり不正な持ち出しのセキュリティチェックができたりします。

書き込みができる

流通経路や生産過程最終的に消費または破棄されるまでの工程を追跡することができます。

RFIDはとても便利ですね。
上記のような特徴を用いて新たなビジネス展開ができそうです。

RFIDを使った事例について

皆さんRFIDについて理解はできましたでしょうか。

実際にRFIDを使った事例をまとめてみました。

▼アパレル業界
RFタグを組み込んだ商品タグをPOSレジテーブルに置くことで
商品の情報をすぐに読み取り販売管理ができるようになりました。
取り入れられているお店:SHIPS、BEAMSなど

▼レジャー業界
ディズニーワールドでは、RFIDタグが組み込まれたゴム製のリストバンドを
つけることで、入園や園内のアトラクション、ショッピングも全てお金にかかわるものは
管理することができるそうです。

このように、商品の在庫管理をするだけではなく、幅広いところでRFIDは活用されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

RFIDは、幅広いところで活用されてきています。
基本的には、商品のタグなどに使われることが多いと思いますが、
今後、さまざまな分野で広く活用されていきそうですね!

0

音声認識対決「Siri」VS「しゃべってコンシェル」前のページ

ひと目に触れないクラッキング対策について次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    リモートワークで働く際に知っておきたい6個のポイント

    気が付けばあんなに綺麗だった薄紅ももう新緑に...。季節が移ろうのは早…

  2. Web関連

    【web制作】情報を圧倒的にわかりやすくする!インフォグラフィックス

    今、インフォグラフィックスの出番?突然ですが。2015…

  3. Web関連

    WEBサイトの更新が楽々に? CMS導入のすすめ

    Webの担当者の皆さんは、WEBサイトの更新を行うとき自分の社内で行っ…

  4. Web関連

    難しくないティファナの品質管理

    今回は「難しくないティファナの品質管理」と銘打って…

  5. Web関連

    Amazon をもっと利用しよう!子育てアイディア集

    こんにちは。育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。今日は、私の重…

  6. Web関連

    パララックス効果を使ったサイトを調査してみた

    最近のWebサイトには、第一印象でユーザーの心を掴むためにファ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    皆さんご存知?カスタマージャーニー
  2. SNS関連

    便利なSNSの陰には危険がいっぱい!?
  3. Web関連

    ティファナも使っているCMS、Movable Typeの特徴とは?
  4. Web関連

    CMSとしてのWordPress導入 その2
  5. Web関連

    コンセプトのないデザインは味のない料理
PAGE TOP