Web関連

クラウドファンディングで商品化された事例4選

0

kuraudoyokoyama_2015062001.png

世界中で注目が集まっているクラウドファンディングでは、日々さまざまな製品やサービスを作るために必要な資金が集まっています。
生活家電、インテリア、ガジェット、アニメ、ゲームなどなど多岐に渡ってそれらが商品化やサービス化されて世の中にも出回り始めています。

世界での市場規模は1兆円を超えるそうですから、すごいですよね。

今回はそんなクラウドファンディングから生まれたアイデア商品を4つほど紹介していきたいと思います。

スマホで施錠ができる「スマートロック」

日本ではまだまだクラウドファンディングの市場は大きくないと言われていますが、画期的な商品も出てきています。

家の鍵をスマートフォンを使って開けたり閉めたりできるものです。
これだけ聞くと、既にありそうな商品と思うかもしれませんが、今ある鍵を取り替えることなくドライバーなどの工具を一切使わずに誰でも簡単に後付で設置することが出来るすぐれもの。

取り外しも簡単で、ドアに傷や穴も空かないので賃貸住宅であっても使用できるようです。

こうなってくると利用用途もさまざまで個人での利用はもちろんですが、たとえば不動産での内見するときもわざわざ鍵を持ち歩かなくても良くなるので利便性は高まるため、ビジネス利用もできます。
シェアハウスなども最近は流行っていますので、鍵の管理など煩わしいこともなくなります。

クラウドファンディングで目標額を大きく上回る資金を調達できたということは、世の中でも必要としているからでしょう。

日本のモノづくりの技術とアイデアをうまく海外にプロモーションできれば、クラウドファンディングによる資金調達ももっと出来るような気がします。

デザインが七変化するブレスレット「タゴ・アーク」

最先端の技術とファッションという分野で世界では、すごい商品が生まれていました。

最近、Appleなどでも時計型のウェアラブル端末を発売するようになりましたが、これはファッション性を併せ持つウェアラブルコンピュータ型のブレスレットです。

ブレスレットのデザイン(模様)がその時の服装などに合わせていろいろなパターンに切り替えられるようです。

操作もスマホから選択するだけで、身につけているブレスレットのデザインが切り替わる。
パッと見るとすごく近未来感があるような感じがしますが、かっこいいですね。

しかも、すごく薄いので本当にどこにでもある普通のブレスレットと見た目は変わりありません。
クラウドファンディングで資金調達出来ただけのアイデアではある商品ですね。

購入者はどれだけいるのか気になります。

自動的にアンロックする自転車用スマートロック「リンカ」

今度はまたまた鍵関連の商品ですが、自転車に使う鍵になります。

これのすごいところは、持ち主が自転車に近づくと自動的に自転車の持ち主のことを認識して解錠される仕組みです。
乗り降りて離れると自動で鍵が閉まるので、鍵のかけ忘れも防止できるみたいです。

また、鍵がかかったままの状態で誰かがその場所から自転車を持って行こうとするとスマートフォン側にお知らせが来るような機能などもあるので窃盗犯に対しての抑止力効果もあるんだとか。

セキュリティ関連の商品は、消費者側の悩みも多くありそうなのでアイデア次第では資金調達がしやすい分野なのかもしれませんね。

スマホと連携するスマートリング

最後はガジェット関連ですが、指輪型のウェアラブル端末です。

運転中や会議中、歩行中などスマートフォンがかばんなどに入ったまま手元にないシーンであっても指先に通知が表示されるとてもシンプルでスタイリッシュなウェアラブル端末のようです。

テキストメッセージが表示されるので、取り込み中であってもさり気なく確認できるので重宝しそうなものかもしれません。

こういった商品に対しては、クラウドファンディングでも資金調達ができているということはやはりアイデア次第ではさまざまな分野で利用はできる可能性を秘めています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1つ目に紹介した商品以外は、国外での事例ですがクリエイターの人たちが自らのアイデアを実現させるためには使えるプラットフォームにはなってきているようです。

また、そこで商品化されたものはとてもクリエイティブに富んだものばかりなので良い刺激も受けますね。

今後の国内でのクラウドファンディングがどのような成長していくかも楽しみです。

では、本日はこのへんで。

0

Web制作におけるSaaS活用前のページ

不審なメールに注意!ウイルス・情報漏洩への基本対策次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    必ず売り上げが上がるWEBサイトの王道があります! 其の2

    商品単価が高いので、なかなかモノが売れない!という営業マンのお話し…

  2. Web関連

    数年後には常識!?開発を変える『APIエコノミー』とは

    最近案件でもAPIを使用して開発をすることが本当に多くなりました。一か…

  3. Web関連

    注意!悪意あるwebサイト改ざんに気づく方法

     昨今、ニュースに上がっている「Webサイト改ざん」をご存知ですか?…

  4. Web関連

    web担当者必読!注目のLINE@ 企業のビジネス活用まとめ

    日本で大人気のコミュニケーションアプリ「LINE」は、当然皆さんもご存…

  5. SNS関連

    SNSマーケティングって何すればいいの? - 第1弾! –

    みなさんも1つは持っているSNSアカウント、企業ではどのように運用をす…

  6. Web関連

    お値段以上?シェアリングエコノミー

    ここ最近、やたらと耳にするような気がするんですが...知ってますか?…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    海外のハイクオリティな写真まとめサイト3選
  2. Web関連

    リッチスニペットの新しい手法 schema.orgとは?
  3. Web関連

    【Web制作会社に聞いた】ランディングページの基礎を知ろう!
  4. Web関連

    ブログネタがない時におすすめのブログネタ10選
  5. Web関連

    ついに始まったGoogleの干渉
PAGE TOP