Web関連

音声認識対決「Siri」VS「しゃべってコンシェル」

0

tappuozaki_2015062001.jpg

 今回のコラムは、最近私もよく使っている「音声入力」について調べてみたことをまとめてみました。

 「音声入力」は少し前からスマホに搭載されている、音声認識ソフトを使った入力方法ですが、これが使ってみるとこれがびっくりするぐらい便利なんです。少し前の音声入力だとよく誤認識して「あぁもう、普通に入力した方が早いわ!」ってなっていたんですが、最近の技術の進歩は「凄い」の一言です。

 さて、タイトルの通り、今回はそんな音声入力ソフトでも有名なiPhoneの「Siri」とdocomoの「しゃべってコンシェル(以下、しゃべコン)」を色々比較してみました。使っている人も使っていない人も、ちょっと気になりませんか?

 タップせずに入力できる音声認識の便利さがちょっとでも伝わればな、と思います。

「Siri」VS「しゃべコン」どっちが使い勝手が良い?

 では、早速気になる2つの機能について考えてみたいと思います。

 幸い私の手持ちには両方利用できる端末があったので、実際に比較してみよう
と思います。ちなみに私はSiriを良く使います。

<検証方法>
・同じ言葉を音声入力して、どう対応するのか。使い勝手の面から比較する。

<バージョン>
・Siri:iOS 7
・しゃべってコンシェル:GALAXY S5 SC-04F

 質問「明日の天気は?」

 Siri「明日の天気予報です」→週間天気予報が表示
 しゃべコン「この付近の天気をお調べします」→付近の3時間ごとの天気予報と週間天気予報が表示

○結果:Siriは普通。しゃべコンの方が丁寧に教えてくれる。

その2:乗り換え検索対決

 質問「ここから新宿まで電車で行きたい」

 Siri「”ここから新宿駅まで電車で行きたい”をWebで検索してはいかがですか?」→ルート案内はしてくれない

 しゃべコン「新宿駅を地図でお調べします」→新宿駅までのルートが複数出てくる

○結果:しゃべコンは対応。Siriは非対応。

その3:ニュースチェック対決

 質問「今日のニュース」

 Siri「”今日のニュース”をWebで検索してはいかがですか?」→直接表示しない

 しゃべコン「今日のニュースです」→最新ニュースを表示

 結果:しゃべコンは対応。SiriはWeb検索を表示しました。ただ、Siriは株価情報を調べる時、その銘柄をダイレクトで表示してくれるみたいなので、株価をチェックする時はSiriの方が便利です。

その4:メール送信対決

 質問「○○さんにメールを送信」

 Siri「件名はどうしますか?」→「本文はどうしますか?」→「送信しました」→作成から送信までできる

 しゃべコン「メールの本文はどうしますか?」→件名が入力できない。送信ボタンは押す必要がある。

 結果:Siriがかなり優秀です。これに限らずSiriは、電話、アラーム、カレンダー、数字の計算など、iPhoneに搭載されている基本的なアプリと連動してかなりの機能を音声のみで扱うことができる。

最終対決:いろんな質問対決

 質問「富士山の高さは?」「スマートフォンって何?」「何か話して」

 Siri「3,776mです」、「スマートフォンって何をWebで検索してはいかがですか?」、「昔々あるところにおじいさんとおばあさんが・・・おっと、話を間違えました」

 しゃべコン「3,776mです」、「”スマートフォンって何?”でご質問を承りまりました(Wikiを表示)」「そんな時は早口言葉です!この早口言葉に挑戦してみてください!すもももももももものうち!」

 結果:ふとした調べ物はしゃべコンの方がWikiにすぐ繋いでくれるので、使い勝手が良いですね。ただ、暇つぶしの会話はSiriが圧倒的に面白い、のは皆さんもご存知でしょう。

tappuozaki_2015062002.jpg結論:機能で使いこなすならSiri。調べ物ならしゃべってコンシェル。

 というわけで色々な面から比較してみたところ、スマホでメールやスケジュールを作ったり、と機能を使う時はSiriが優秀で、日常的な調べ事や天気予報、乗り換えなどはしゃべってコンシェルが優秀でした。

 もちろん、そういう傾向にあるというだけで最終的には使う人の好みになると思うのですが、使わないともったいないので皆さんも音声認識、ぜひ活用してみてください!

今後の展開は?

 最近では、docomoがタカラトミーと共同開発した「OHaNAS(オハナス)」という対話ロボットが話題になっていますね。対話パターンをクラウドプラットフォームに接続してデータを蓄積し、自然な対話ができるロボットというのが売りのようです。

 こういった音声による機能補助はバーチャルアシスタントの一部とされ、今携帯会社やWeb会社各社が取り組んでいる技術のようです。Webだけではなくて、こういう技術の進歩もちゃんとチェックしておかないとなぁと改めて思います。では、今回はこの辺で。

おまけ

 質問「愛ってなんだろう?」

 Siri「私の理解では”愛”とは相手を思い気遣う、深く、優しく、言葉では表せない気持ちですね。」

 しゃべコン「”愛”とはなんですか?」

○結果:深い。

0

Web制作の落とし穴!最適な内容の並べ方前のページ

RFIDってなに?知らないと損します!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    マイクロターゲティングで「個」客を獲得

    マイクロターゲティングとは?マイクロターゲティングとは、年齢や性別…

  2. Web関連

    動画を使うサイトってかっこいいだけ?

    どうもこんにちは!デザイナーの坂元です。よく坂本といわれますが「坂元」…

  3. Web関連

    Webならではの地方紹介

    皆さんはローカルWebメディアという単語を知っていますか?言葉としては…

  4. Web関連

    動画制作のちょっとしたコツ

    最近、日本のWebサイトでも動画を背景に使っているものが増えてきました…

  5. Web関連

    スマホサイトにパララックスデザインは必要?

    こんにちはアンドロイドユーザーの池田です。最近、スマホの電子マネーを使…

  6. Web関連

    モバイルページの超高速化!? AMP(Accelerated Mobile Pages)とは?

    昨年4月のモバイルフレンドリーの導入から、Webサ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 持つべきなのか?運転免許証+マイナンバーカード
  2. RPAから始める業務効の自動化 働き方改革への選択肢の一つに…
  3. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  4. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  5. スマートストアにより、小売業は激変する

アーカイブ

「いいね」を押された記事

  1. Web関連

    いろいろ使える!よくわかるTwitterのつぶやき分析
  2. AI関連

    AIはエネルギー問題の救世主か、破壊者か?
  3. Web関連

    分かる分かるー。スマートフォンサイトコーディングあるある
  4. Web関連

    Web制作会社がうどん県からマーケティングを学ぶ
  5. AI関連

    無人化・自動化って本当に進んでるの?
PAGE TOP