Web関連

リッチスニペットでSEO対策!重要な2つのポイント

0

みなさんリッチスニペットってご存知ですか?実はGoogleの検索結果一覧ページには自分のサイトだけ他と違った表示方法に変えることのできる仕組みがあるんです。
今回はリッチスニペットとその手法をご紹介します。

リッチスニペットについて

リッチスニペットとは

予備知識として「リッチスニペット」とは何かを少しご説明したいと思います。

リッチスニペットとは、下記の図のように、検索結果ページで「画像」や「レビューの評価」など、通常のテキスト以外の情報を表示させることのできる拡張機能です。

 

検索結果ページに表示される、サイト名の下にある数行のテキスト。
これらは「スニペット」と呼ばれます。
スニペット(Snippets)とは日本語で「断片」や「情報の断片」という意味です。
リッチスニペットは、この「スニペット」にレビューや写真を掲載をしてより豊か(リッチ)にしたものを言います。

Googleリッチスニペット対策

リッチスニペットの品質ガイドラインに沿っていること

ではリッチスニペットはどうするのか?
早速ですが、具体的な対策についてご紹介します。

まず行うべきことは「リッチスニペット用ガイドライン」に沿ったページ制作をすることです。

基本的には、このガイドラインに沿った設計をすることが必要です。
ガイドラインに違反してしまうと、リッチスニペットは適応されません。

Schema.orgについて

ちょっと技術的な手法のご紹介です。
「Schema.org」対策といいます。

「schema.org(スキーマ)」というのはコンピューター(Google)により詳しい情報を伝えるための表記方法のこと指します。

例えば
「池尻大橋」にある「ティファナ食堂」の「日替わり定食」を、「松田」が「100点」と評価した。

という表現を・・・

「池尻大橋(という場所)」にある「ティファナ食堂(という店名)」の「日替わり定食(という食べ物)」を、「松田(という人)」が「100点(100点満点中)」と評価した。

と詳細な情報をGoogleに伝えるのが「schema.org(スキーマ)」です。

具体的には、schema.orgの仕様通りにHTMLをマークアップする必要があります。
作成には支援ツールを使うと良いでしょう。

また、リッチスニペットは検索クエリと強い関連性も持っているので、上記の対応をしたとしても必ずリッチスニペットが表示されるとは限りません。

リッチスニペットの表示は、アルゴリズムによって判断されていますので、同じようにマークアップされているページでも出る場合とでない場合があるようです。

リッチスニペットとSEO対策

「Schema.org」対策などで構造化したデータですが、検索順位を直接押し上げるものではありません。

これは検索結果に自社サイトが表示される際に、検索ユーザーにアピールできる材料となるものです。
ちゃんと対策を行い、リッチスニペットとして表示されることで、クリック率、マッチング率などのUPが期待されます。

ただし、ちゃんと自社サイトの内容にあう、適切なリッチスニペットを選ばなければ逆効果になることもあります。
例えばBtoBの企業様が「レビュー」のリッチスニペットを表示させるのはあまり有益なこととは言えませんよね。
よく「お客様の声」などのコンテンツを見かけますが、お客様の声を、レビュー扱いすることはガイドラインに違反してしまうので、気を付けてください。

構造化データを正しくマークアップできているかどうかは、「構造化データテストツール」で検証することができますので、是非お試しくださいませ。

最後に

いかがでしたでしょうか。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

そういえば…!
SEOといえば皆さんは、2015年5/13(水)~5/15(金)に開催された「Japan IT Week 春 通販ソリューション展」をご存知ですか?

ITに関する様々なサービスや技術を持った企業が参加するITの専門展なのですが、実は弊社ティファナ・ドットコムもその展示会に出展してきました!

ティファナドットコムでは、「売り上げをあげるWeb制作」をテーマに「ティファナSEOアルゴリズム」のサービスをご紹介させて頂きました。
おかげをもちまして、たくさんの方に当社ブースにご来場頂くことができました。
誠にありがとうございました。

大規模な展示会だけあって、多くの出展者様が様々なサービスを紹介されており、IT業界の最新技術に触れられ、私個人も非常に良い刺激を受けたと思っています。

こういった技術も、これからどのように発展していくのか今後がすごく楽しみですね。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

SEO対策・SEMサービス

Webコンサルティングサービス

Webマーケティング支援

関連コラム

ユーザービリティーとSEO対策の関係性
SEOポイズニングってなんでしょう?
SEO対策で文章作成に困ったときに使える3つのポイント

0

スマホサイトって本当に作る必要あるの?前のページ

初めてWEB担当者になったら、まずやること -サイト運用編-次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    恋愛から学ぶ3つの法則!? つながるコンテンツマーケティング。 届けようその気持ち!!

    実は、コンテンツマーケティングは恋愛と類似する点が幾つかあると…

  2. SNS関連

    次にくるのはこれだ!巷で噂のSNS

    2014年はSNSの勢いは留まるどころか益々勢いを増した1年でしたね~…

  3. Web関連

    スタンダードになりつつある「ハイブリットクラウド」の3つのメリット

    システムの改変時や、導入時にAWSに代表されるようなパブリッククラウ…

  4. Web関連

    レスポンシブとは少し違う、アダプティブWebデザイン

    この記事を読んでいる方は「レスポンシブWebデザイン」というワードを耳…

  5. Web関連

    【Web制作】最強はどれだ!?堅牢な認証方式「生体認証」

    さていきなりですが、みなさんセキュリティー対策は万全ですか?パソコンを…

  6. SEO関連

    【Web制作会社が教える】SEO対策で文章作成に困ったときに使える3つのポイント

    文章を書くのって難しいですね。ワタシは、仕事柄、文章を書くこと…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. サービス・新技術

    キャッシュレス決済により、財布ともさよなら・・・
  2. Web関連

    Twitterのプロモーション広告をWeb制作でも活用しよう!
  3. AI関連

    AIチャットボットが使われる理由
  4. Web関連

    Webマーケティングの効果が劇的に上がる UGC
  5. AI関連

    【必見】デキる人は使ってる!WBSを活用してスマートなタスク管理をしてみませんか…
PAGE TOP