Web関連

レスポンシブWebデザインの是非!

0

花粉症の季節が終わり、ホッとしている須澤です!

体重は現状維持ですが、運動をすると言ってなかなかできず、筋肉量も減ってきた気がします。。。

タレントの月○方正さんや南○キャンディーズの山ちゃんのように、あの年からあれだけ痩せるのは本当に凄いですね。。

食事だけでなく生活もかなり制限されたんでしょうね、、

一度は高校時代の体型に戻って、このコラムで報告したいものです。。。

今回は、最近導入しているサイトがかなり増えてきた、レスポンシブWebデザインをについて書こうと思います!

レスポンシブWebデザインとは??

レスポンシブWebデザインって何かというと、PC、タブレット、スマートフォンに対してそれぞれのWebを用意するのではなく、1つのWebで表示方法を自動で切り替えるという仕組みのことです。

どのように切り替えるのかというと、特別なプログラムで行っているのではなく、CSSで制御します。

パソコンで見た時は、横幅を大きく、タブレットなどで見た時は指でタップしやすいようにボタンを大きく、スマートフォンで見た時は、横幅を縮めてボタンを大きく、といった感じで制御します。

タブレットやスマートフォン専用のHTMLを用意しなくて良いので、運用面やコストもかかりにくいといったメリットがあります。

 

さらに、GoogleもレスポンシブWebデザイン推しなので、良いとこだらけなのです。

しかし!!このレスポンシブWebデザインには大きな落とし穴があります!

導入したほうが良いサイトとそうでないサイトがある!?

導入した方がメリットが多そうな、レスポンシブWebデザインですが、絶対に忘れてはいけないのは

Webは見る人のために作成しなければならない!

という事です。

そもそも、そのWebサイトは、

誰が、いつ、どこで、どんな心境で、どのデバイスで

を考えて作成する必要があります。

スマートフォンでのアクセスが多いサイトや、パソコンでのアクセスが多いサイト、若者が見るサイトや、高齢者が見るサイトなど様々です。

にも関わらず「運用が楽だから」や「最近のはやりだから」を理由に導入してしまうと、ユーザーに同じHTMLの中身を見せることになってしまいます。

例えば、スマートフォンでアクセスしている人に対して、PCサイトのような、なが~い文章のページを表示したり、画像だらけのコンテンツを表示してしまうなど、設計を間違えると、目的を果たせないサイトになってしまいます。

img_rwd02.jpg

技術的には、デバイスごとに表示する項目と、表示しない項目を設計時に決めて制御する事も可能です。
しかし、ユーザーの事を本気で考えると、制御するコンテンツが多くなってしまい、メリットのはずだった更新性まで下がってしまうということも起きるのです。

構築したいサイトが、導入すべきかどうか知りたいという方は、、、
是非お問い合わせください!!(笑)

関連するサービス

ホームページ制作

Webデザイン制作

レスポンシブWebデザイン制作

0

【ホームページ制作】薬事法NG? 気を付けたい化粧品の広告表現前のページ

誰でもデザイナー気分!無料スマホアプリ「Fotor」!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    やっぱりスニーカーが好き!オススメスニーカーECサイト3選!

    さて、すっかり夏の陽気になってきましたね!夏と言えばアウトドア、フェス…

  2. Web関連

    ミュージシャンのWebを利用したプロモーション

    こんにちは。音楽が好きで好きでたまらない杉山です。昨今、Webを活用…

  3. Web関連

    夏バテでスピードダウンしない!WEB制作にのめり込む夏にするには?

    まだ6月なのに真夏日が続く日が多いですね。毎年、この時期に来ると夏バテ…

  4. Web関連

    デザイナー志望必見!インフォグラフィック履歴書で就活を有利に!

    気温も上がり始め、春1番どころか3番まで吹いてしまう今日この頃。…

  5. Web関連

    失敗しないWebリニューアルをするためには

    突然ですが皆さんは「Webリニューアル」という言葉を聞いたことがありま…

  6. Web関連

    「Doodle」知ってる?超身近なハイクオリティデザイン!

    みなさんは「Doodle」という単語をご存知ですか?知らない方が多いの…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    費用対効果抜群!リマーケティング広告について
  2. Web関連

    善し悪しが2分されるパララックスデザインってどう思います?
  3. AI関連

    IoT技術とAIの連携で、業務はより便利かつ安全になる
  4. Web関連

    HTML5で3D表現!?
  5. Web関連

    Web制作者必見!!お1人様用コンテンツの需要~旅行編~
PAGE TOP