Web関連

コーポレートサイト制作のコンテンツ群の中でも日陰な存在とは?

0

こんにちは!再び登場の野澤です!
今回は少々お固めな話題になってしまいますでしょうか!?
環境やエネルギー問題について触れてみたいと思います。
そうそう、その前に、環境と言えば生活環境、職場環境と言った具合に日頃はそれなりに気にはしているものの、サイトのコンテンツ群の中ではあまり目立たない存在として「環境への取り組み」がありますねぇ、、、
みなさん、どのようにしてこの難題?に取り組んでいるのでしょうか。

経費削減への取り組みが環境に優しい

どの会社も取り組んでいる経費削減。一見消極的な側面を感じさせますが、実はその逆。
その取り組みの多くが「環境への取り組み」なんです。

例えば「我が社は経費削減の一環として、社用車はハイブリッドカーにしています」や、「LED蛍光灯を使っています」などは、省エネルギーということになりますので、立派な環境への取り組みの一つと言えますね。

コピー用紙の裏紙を使っていますや、クールビズやウォームビズも同様です。
視点を変えるとみなさん、環境への取り組みに大いに寄与しているのではないでしょうか。

ケチケチしているのではなく、環境への取り組みに一生懸命なだけなんです!

水素は究極のクリーンエネルギー、だがしかし・・・

トヨタ自動車が世界に先駆けて発売した燃料電池車MIRAI(ミライ)。
車好きの私としてはとても興味のある話題です。

ご存知の方も多いと思いますが、燃料タンクに入るのはガソリンではなく「水素」。
この水素と空気中の酸素を化学的に結合させて発電(電力化)し車が走る、走れ、走ろうという仕組み。

水素と酸素が結合すると、、、はいっご名答!水が出来上がります。
MIRAIは排気ガスを出さず、水しか排出しないことから究極のエコカーと言われています。

でも水素ってどこにあるのでしょうか・・・。

現状では水素を作るのに石炭や石油を使っていますので、まだまだですね。これから期待です。
作った水素を輸送したり備蓄したりするステーションの普及もこれからです。頑張れニッポン!

 

エネルギーは経済や国を動かす

衣食住をつかさどるために、物をつくったり動かしたりするのには電力や動力が必要になってきます。

その電力や動力を生み出す大元がエネルギーですので、エネルギーは人の営みの原資なのですね。
・・・ということは、エネルギーを産出できる国々の動静がポイントになるのですが、、、。
最大の石油産出国である中東の地域の国や、天然ガスの埋蔵量が多いロシアなどの動静は世界全体のパワーバランスを握っている要衝になってきています。
ロシアと中国が今後30年もの長きにわたって供給契約を交わしたLPGは記憶に新しいところでもありますが、その額、なんと40兆円!びっくりですね。
昨今の原油安がもたらす生活物資の上昇率や、勝ち組/負け組企業の2極化問題など、もとをたどればエネルギーが関係しているものばかりです。はたして代替エネルギーはないものでしょうか。

corpweb_15031102.png

技術の進歩がエネルギー革命をおこす

話題のシェール革命をはじめ、技術の進歩はエネルギー革命をおこしてきました。
原子力エネルギーもその一つでしたね。

地層の年代が比較的新しいため、石炭、石油、天然ガスといった従来の地下資源はあまり見込めない
一方、先進技術には定評のあるニッポン。今後の見通しはどのようなものなのでしょうか。

興味半分、心配半分です。

燃料電池車MIRAIでは、水素を電力に変え動力化するところまで技術が進歩しました。
これからはその水素をいかに効率的に作り出すかの技術が日々研究されているそうです。
また、燃料電池車の他にも世界に先駆けて実用化されるものとして、あのリニア新幹線がありました!
こちらは磁力を動力化する技術でした。物が動けば熱や電気を産み出しますし、熱があれば電気や動力を産み出します。

何か、卵が先か鶏が先かみたいな話になってきそうですが、ポイントは技術力のようです。

ここでも最後に、頑張れニッポン!

関連するサービス

ホームページ制作

コーポレートサイト制作

0

Web制作 システム開発とフレームワークについて前のページ

花粉症の味方サイトとアプリを探してきました!次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    今さら聞けない「WEBの出来ること(活用メリット)」とは?

    今回は、WEB担当者の方向けではなく、主に他媒体担当者の方へ向けたコラ…

  2. Web関連

    ECサイト レスポンシブデザイン化のメリット・デメリット

    突然ですが、皆さんはネットショッピングを利用していますか?この…

  3. SNS関連

    Facebookが地味に本気出してた。360度動画体験が凄い!

    2016年は様々な動画コンテンツが話題になりました…

  4. Web関連

    アクセスログ解析が苦手な人に朗報!?簡単に解析&改善が出来てしまうサービスを紹介します

    Web担当者なら誰しもが通るであろう道、アクセスログ解析。それをきち…

  5. Web関連

    【ホームページ制作】薬事法NG? 気を付けたい化粧品の広告表現

    この冬、乾燥による肌荒れが悪化した経験…

  6. Web関連

    現場レベルのデータ分析。セルフサービスBI活用シチュエーションを考えてみた

    従来のやり方や、経験者の勘に従った「こうすれば売れるはず!」というマ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    テレワークで働き方改革?
  2. Web関連

    知らずに利用しているキュレーションサービス!
  3. Web関連

    ECサイトでの動画活用で実店舗へご招待!
  4. Web関連

    競合よりも顧客満足度を上げるには「顧客の期待値を変える」こと
  5. Web関連

    Web制作でも重要!顧客満足度を高めるための3つポイント
PAGE TOP