Web関連

【ホームページ制作】近未来のIT技術でどんな暮らしになるのか調べてみた

0

こんにちは、コンサルの横山です。

もうこのコラムを見る前に知っている人はいると思いますが、スターウォーズの最新作が2015年の12月に公開されるらしいです。

SF映画の金字塔と言われていますが、最初のエピソード4が出来てからもう38年経つらしいですね。

私が生まれる前からある作品ですが、これだけ長い間、どの世代にも受け入れられているのはすごいことだと思います。

ちなみに、SFで言うと2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2で主人公のマーティ達がタイムマシンで2015年の世界にやってくる。」年のようです。(Wikipedia調べ)

当時の映画では、未来のことのように見ていた年が現実になってきました。
でも、デロリアンはまだ完成してないようですね、残念・・・(知らない人はすみません)

ということで、今回は近未来のIT技術に関していろいろと紹介していきつつ、勝手ながらどんな暮らしになっていくのかを予想してみたいと思います。

Microsoftがすごいことを考えている「HoloLens」

今、世界中でウェラブルデバイスというのがGoogleやAppleといった企業が力を入れています。

そんな中、アメリカでMicrosoftが次期OSである「Windows 10」の説明会の場で発表された「Microsoft HoloLens」と言われるヘッドマウントディスプレイというのが、これがまたすごく近未来感を醸し出しています。

名前のとおりホログラムと言われている技術を使ったものなのですが、空間にあたかもテレビや画面があるかのように表示され、その中で操作するような世界です。

ちょっと古いですが、マイノリティ・リポートというSF映画(トム・ハンクスが主演、詳しくはWebで)の世界だったりが現実になりつつあるようですね。

ただ、ヘッドマウントディスプレイというかたちなのでまだ映画のようなことを100%実現したわけではありません。

それでも、近づいていることには違いありませんね。

「HoloLens」世界をイメージしたプロモーション動画がありますので以下をご覧ください。

まだ、正式にいつから発売されるのかなどは公表されていませんが、デバイス自体の製造はされているようなのでそう遠くない未来で実現できるものだとは思われます。

テレビなどの家電は要らなくなってしまいそうで怖いですね。

すでに実用化がされている最先端動画技術「freeD」

先ほどは少し未来の話しでしたが、次のものは海外ですでに使われている技術です。

「freeD」と言われる動画技術はアメリカのメジャーリーグで使用されているのですが、これはプレーの判定の精度を高めるために全方位からの撮影を可能にした技術です。

何がすごいかというと、撮影された映像では、判定のしづらい死角なども360度どこからでも
リプレイすることができ、盗塁などで数コマのタッチ差の際どい判定でも見逃さない優れたものです。

これもSF映画で例えるなら、キアヌ・リーブスがマトリックスで弾丸よけのポーズを全方位から撮っている映像を野球のリプレイ動画でも再現しているかのようです。

これも、動画がありますのでご覧ください。

今は野球で使われている技術のようですが、その他の球技やスポーツでも判定が難しいものにはどんどん採用されていくように思われます。

サッカーのようにぶつかったことを必死に抗議しているシーンをよく見かけますが、あれも本当にぶつけられたのかを見破られると意外な結果が出てきそうですね。
選手にとっては、賛否両論ありそうですが正当な評価がされるのは確かな技術となりそうです。

Webを使って「感動・幸せを与える技術」が未来に残ってほしいものです

先の2つは世の中に役に立ちそうな技術でしたが、必ずしもIT技術の発達で便利になっていきますが良くないこともたくさん起こっているのも事実です。

我々のWeb業界ですと、ネット上での誹謗中傷といったことでの風評被害に遭っている人や企業も多くあります。

そんな中、以下のような感動的なCMを見つけたので紹介しておきます
(1分30秒しかないです、泣けますね)

LINEもすごく多くのユーザーに支持されていて、市民権を得ているスマホアプリの技術です。

「嘘も方便」と言いますが、「なりすましも方便」とはまさにこのことだと思います。
なりすましも方便という言葉はありませんが・・・(汗)

この業界はとても早いスピードで技術が発達していくのと、あっという間に浸透もしていくのですが、如何せん正しい使い方をしないユーザーがいるのも多いと私は思います。

できれば、この動画のような使われ方ができるような啓蒙活動もサービスを提供する側は必要な気がしますね。

まとめ

最近は、企画を考えることが多いので最先端のテクノロジー系をよく調べるようにしていて見つけたものを中心にご紹介させていただきました。

まだまだ、紹介したいものもありますが私の企画でも使いたいものがあるので今日はこのへんで。

0

ブログにコーポレートサイトにどうぞ!WordPressテンプレートの紹介前のページ

動画を使うサイトってかっこいいだけ?次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    Webデザイナーのあなたへ Web用フリー素材サイト5選

    こんにちは!デザイナーのイゲタです。デザイン制作をする中でつま…

  2. Web関連

    Webサービスで地域を盛り上げる!

    地域活性化と聞いたときに、どんな取り組みのことを思い浮かべますか?5秒…

  3. Web関連

    セミナー開催で、新規顧客の獲得!…は思ったほど楽じゃない。

    毎日どこかで何かしらのセミナーが開催され、新たな情報、技術を学びたい方…

  4. Web関連

    今さら聞けない「WEBの出来ること(活用メリット)」とは?

    今回は、WEB担当者の方向けではなく、主に他媒体担当者の方へ向けたコラ…

  5. Web関連

    顧客満足度を上げるために企業が行うべき「神対応」とは?

    皆さん、顧客満足度向上していますか?商品・サービスを扱う企業にとっ…

  6. Web関連

    【越境ECサイト構築】爆買い終了!お土産は自宅で買う時代に

    2020年の東京オリンピックの影響もあり、いま日本は世界中の人達のホッ…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    ジェンダーフリーな社会がもたらすAI普及への影響
  2. Web関連

    頭と心のストレッチ。 ホッと一息つく脱力系サイトまとめ
  3. Web関連

    連絡ツールの最大手「LINE」について調べてみた。
  4. AI関連

    AIキャラクターでNo.1ポジションを取り続けるために必要なこと
  5. Web関連

    今が旬!知って得するスマートオフィス
PAGE TOP